ハッピーマイル-スマイル-ライフ

人生を楽しく過ごすために、ポジティブに生きて行きたい!マイルを貯めて、大好きなゴルフをして、ハワイに行って、やりたいことがいっぱい! このブログでは、ポジティブに生きて行くために自分の趣味をはじめ『ハッピー』と思うことを色々アップしていきます。

移転しました。

約5秒後に自動的にリダイレクトします。

コンラッド東京のキング・エグゼクティブ・スイートルーム宿泊記【2019年】~ヒルトン最上位ブランドのコンラッドにダイヤモンドステータスで宿泊~

f:id:isao15453:20190310090322j:plain

こんにちは、ISAです。
今回は2019年2月24日(日)~25日(月)にコンラッド東京の『キング・エグゼクティブ・スイートルーム』に宿泊してきたので写真いっぱいで報告します。
コンラッドは、ヒルトンホテルグループの最上位ブランドのホテル。そのコンラッドのスイートルームに宿泊してきました。ちなみに、日本国内にはコンラッド東京とコンラッド大阪の2つがあります。

ヒルトン東京のタワースイートルーム宿泊記~マリオットボンヴォイからのステータスマッチでヒルトンオーナーズのダイヤモンド獲得~

マリオットボンヴォイのプラチナエリートからヒルトンオーナーズのダイヤモンドにステータスマッチに成功。ヒルトンダイヤモンドのステータスマッチ期間は90日間限定なので、90日間を延長(来年度末まで)するためヒルトン系ホテルで8泊の宿泊をしました。今回の記事は「ヒルトン東京のタワースイート宿泊記」となります。

f:id:isao15453:20190225174457j:plain

 

SPG/マリオットのポイントでシェラトン都ホテル東京に無料宿泊~プラチナエリートでフロアセブンラグジュアリーにアップグレード~

f:id:isao15453:20190121114254j:plain

SPG/マリオットのプラチナエリート宿泊記の第6弾は、『シェラトン都ホテル東京』です。

SPG/マリオットのポイントでセントレジス・サンフランシスコに無料宿泊~ファーストクラスで行くサンフランシスコの旅~

f:id:isao15453:20190103104027j:plain

2018年11月24日~11月28日まで3泊5日でサンフランシスコに一人旅をしてきました。この旅の目的は、陸マイラーブログ活動(このブログでの活動)で貯めたマイルやポイントを使って旅費を全て無料にすること。フライトはANAのファーストクラスに搭乗し、現地での宿泊は、SPG/マリオットのポイントで無料宿泊したので、交通費と宿泊費は無料という海外旅行を実現させました。
この記事では、セントレジス・サンフランシスコの宿泊記を中心に紹介していきたいと思います。

英語が話せなくても大丈夫!サンフランシスコに1人旅~トラベロコ、UBER、スマホがあれば怖いものなし!~

2018年11月24日~11月28日まで3泊5日でサンフランシスコに一人旅をしてきました。この一人旅の1番の目的は、ANAのファーストクラスに搭乗すること!!陸マイラー活動をはじめて約2年。マイルを使って念願のファーストクラスに搭乗することができました。
はじめてのファーストクラス搭乗記は下記の記事で詳しく紹介しています。

 

はてなブログからWordpressへの移行は簡単?ドメイン変更とサーバー移行を無料で依頼した『羽田空港サーバー』とは

f:id:isao15453:20181224073212j:plain

2018年12月15日、このブログサイトをはてなブログからWordPressに移行しましたので、その経緯や移行方法など記載していきたいと思います。ただ、わたくし、このあとこの記事に出てくる「ドメイン」、「リダイレクト」、「javascript」など、ほとんど素人に近いので、解説している内容なども素人コメントです。その点ご了承ください(汗;

発想を変えれば、私のように素人でも、今回、ドメイン変更とサーバー移行を旧サイト(はてなブログ)のドメインパワーを引き継いだ状態で実施することができたので(それなりに苦労はしたけど)、私と同じような「素人」の方で、ドメイン変更やサーバー移行をご検討の方は、是非、参考にして頂ければと思います。

重要なお知らせ~ブログサイトをはてなブログからWordPressに引越しました~

f:id:isao15453:20181216124946j:plain

この度、当ブログサイトを『はてなブログ』から『WordPress』に移行致しました。これに伴い、ドメインも変更となりますので、今後は以下のURLへアクセスをお願い致します。

 

新URL:https://www.happy-mi-life.net/

※よろしければブックマークをお願い致します。

 

ブログタイトルは、これまでどおり「Happy Mi Life(ハッピーマイライフ)」のままとなっております。今後も読者さまに喜ばれる記事を掲載していきますので、よろしくお願い致します。

はじめてのANAファーストクラス(成田/サンフランシスコ)搭乗記~チェックイン/ANAスイートラウンジ/座席/機内食を紹介~【2018年11月】

2018年11月、憧れのファーストクラスを体験してきました。陸マイラー活動をはじめるまでは、ファーストクラスなんて一生利用することはないと思ってました。『思ってない』というよりファーストクラスに搭乗ることすら考えていませんでした。

今回、その考えもしていなかったファーストクラスに特典航空券(マイル)を利用して搭乗してきましたのでご報告します。 

f:id:isao15453:20181201083326j:plain

ANAファーストクラスの座席レイアウト  

利用した便は、ANA 成田⇄サンフランシスコ便です。

f:id:isao15453:20181112210308j:plain

今回の利用した飛行機の機材はボーイング777-300ER(77W)です。総座席数は264席で、その内ファーストクラスの座席はわずか8席となります。

私が利用した座席は行き帰りとも「2A」の窓側でした。

f:id:isao15453:20181112211911j:plain

ANAファーストクラス(成田⇄サンフランシスコ)に必要なマイル数

ANAファーストクラス(成田⇄サンフランシスコ)往復に必要なマイル数は、

150,000マイル

となります。 

f:id:isao15453:20181201085138j:plain

※2018年11月現在(ANA公式HPより)

これに下記に記載の税金などの諸経費が発生します。これについては実費になってしまいます。

f:id:isao15453:20181201085616j:plain

税金等の諸経費の合計は、37,420円でした。

f:id:isao15453:20181201085900j:plain

ちなみに私の場合は、この税金等の諸経費をアメックスプラチナカードで決済したのですが、アメックスのリワードポイントは、航空関係の決済については、1p=1円でポイントを充当することができますので、私はこの諸経費を全額リワードポイントで充当しました。ですので、私は、実質、実費ゼロ円でファーストクラス予約したことになります。 

ANAファーストクラス(成田⇄サンフランシスコ)に必要な料金 

では、 ANAファーストクラス(成田⇄サンフランシスコ)往復を実費で支払った場合の料金はおいくらかというと、

なんと!     

約180万円

となります。

f:id:isao15453:20181201083925j:plain

ビックリするような金額ですね!!実費でファーストクラスに乗る人って、どんな感覚なんでしょうかねぇ・・・。

ANAファーストクラスの1マイルの価値 

さきほど紹介しましたとおり、成田空港⇄サンフランシスコのファーストクラスの料金は、 1,764,000円(諸経費除く)です。そして、これをマイルで搭乗する場合の必要マイル数は、150,000マイルです。よって、この場合の1マイルの価値は、11.761円となります。

1,764,000円 ÷ 150,000マイル = 11.76円

 

さすがファーストクラス。1マイルの価値が半端なく高いです。 

ファーストクラスを予約した時点の記事↓↓↓

ANA特典航空券でファーストクラス(成田⇄サンフランシスコ)を予約 

ANAファーストクラスの利用~成田空港~

サンフランシスコへの出発時刻は17:00でしたが、成田空港には朝10:30頃に到着しました。ファーストクラスの体験は、飛行機に搭乗する前から始まりますからね!成田空港に早く到着した一番の理由は、『ANA SUITE LAUNGE』の利用です。これまで『ANA LAUNGE』は幾度となく利用させて頂きましたが、ダイヤモンド会員やファーストクラス搭乗者しか利用できない『ANA SUITE LAUNGE』を存分に満喫したいため早い時間から成田空港に到着しました。

f:id:isao15453:20181203190525j:plain

飛行機に搭乗する前に『ANA SUITE LAUNGE』で提供される料理をたくさん食べると、機内で提供されるせっかくのディナーが、お腹いっぱいで食べられなくなるので、ランチの時間を『ANA SUITE LAUNGE』で過ごすため成田空港に早く到着しました。 

ANAファーストクラスのチェクイン

ファーストクラスの体験は、飛行機に搭乗する前から始まっています。チェックインも優先ゲートやレーンを利用できてVIP対応です。

成田空港のZカウンターからのチェックイン

通常は、みなさんお馴染みのこちらのチェックインカウンターで搭乗手続きをしますが、

f:id:isao15453:20181201100520j:plain

ファーストクラスを利用の場合は、こちらの専用のチェックインカウンター(Zカウンター)を利用できます。

f:id:isao15453:20181201100212j:plain

f:id:isao15453:20181201100252j:plain

Zカウンターの中はこんな感じです。

Zカウンターに入ると、数名のANA従業員が一斉に頭を下げて「いらっしゃいませ」とお出迎えがあります。私が利用した時間の客は私だけでした。超緊張したぁ~笑

おしぼりを出してもらい、搭乗手続きと手荷物預け入れの手続きをします。

f:id:isao15453:20181201100643j:plain

手荷物もファーストクラス専用のプライオリティタグが付けられます。ビジネスクラスやSFCのプライオリティタグとは違うんですね。

なので、手荷物を受取る際は、真っ先にレーンに荷物が流れてくるので、手荷物の受取で待つことはほとんどありませんでした!!

f:id:isao15453:20181201101756j:image

f:id:isao15453:20181201102007j:image

こちらが搭乗券。大きく記載された「F」の文字がとても嬉しい!優越感^^

f:id:isao15453:20181201103539j:image

搭乗手続き終了後は、Zカウンター奥にある専用出口から出国審査に向かいます。

f:id:isao15453:20181201102552j:plain

サンフランシスコ国際空港のチェックインカウンター

サンフランシスコ国際空港のファーストクラスのチェックインカウンターは、成田空港のようなZカウンターはありませんが、ファーストクラス専用(兼ダイヤモンドメンバー)の優先レーンが設けられてました。

f:id:isao15453:20181202081646j:image
f:id:isao15453:20181202081650j:image

成田空港のZカウンターに比べると見劣りますが、このレーンに並べるだけでも、十分優越感があります^ ^

ちなみにエコノミークラスのチェックインカウンターは、かなりの人が並んでいましたが、私は待ち時間なしでチェクインすることができました^^

ANAファーストクラスで利用できるラウンジ~成田空港 ANA SUITE LAUNGE~

サンフランシスコへの出発時刻は17:00でしたが、成田空港には朝10:30頃に到着しました。繰り返しになりますが成田空港に早く到着した一番の理由は、『ANA SUITE LAUNGE』の利用です。これまで『ANA LAUNGE』は幾度となく利用させて頂きましたが、ダイヤモンド会員やファーストクラス搭乗者しか利用できない『ANA SUITE LAUNGE』を存分に満喫したいため早いから成田空港に到着しました。

飛行機に搭乗する前に『ANA SUITE LAUNGE』で提供される料理をたくさん食べると、機内で提供されるせっかくのディナーが、お腹いっぱいで食べられなくなりるので、ランチの時間を『ANA SUITE LAUNGE』で過ごすため成田空港に早く到着しました。 

f:id:isao15453:20181203194056j:plain

ANA SUITE LAUNGEの場所

成田空港のANA SUITE LAUNGEは、第4サテライトと第5サテライトの2箇所にあります。今回、搭乗したサンフランシスコ行きは、第4サテライトの41番ゲートが搭乗ゲートでしたが、まずは第5サテライトのラウンジへ。

f:id:isao15453:20181203192842j:plain

ちなみに、今回は利用しませんでしたが、ユナイテッド航空のユナイテッドグローバルファーストラウンジも利用可能です。

f:id:isao15453:20181203195226j:plain

ユナイテッドグローバルラウンジの様子は、以下のビジネスクラス搭乗機で紹介しています。以下の記事でビジネスクラスとファーストクラスの違いなんかも比較してみて下さい。

happylife-happymile.hateblo.jp

ANA SUITE LAUNGE~第5サテライト~

第4サテライトと第5サテライトの両方を利用したかったので、まずは今回のフライトの搭乗ゲートから遠い第5サテライトを利用しました。

第5サテライトのANAラウンジは、『ANA LAUNGE』と『ANA SUITE LAUNGE』のエントランスが同じです。正面の受付に向かって左が『ANA LAUNGE』、右側が『ANA SUITE LAUNGE』です。受付カウンターも別々になっているので、受付の時点で気分が良いです。

f:id:isao15453:20181203193634j:plain

 私が利用した時間はAM11:00頃でしたが`、この時間の利用者は私を含めて3〜4人でした。『ANA LAUNGE』でこの利用者の数はありえないですね。お陰でゆっくり『ANA SUITE LAUNGE』を堪能することができましたし、ラウンジ内の写真も気を使うこなく撮れました。 

ラウンジに入るとまず「ご希望の席はございますか?」と聞かれ希望の席に案内して頂けます。そして次に「お飲み物は如何致しましょうか?」とドリンクのオーダーを聞いて頂けます。

私は窓側の席のゆったりできる席に案内してもらい、生ビールをオーダーしました。

f:id:isao15453:20181209113235j:plain

ドリンクがなくなると、おかわりのオーダー確認もしてくれます。

ラウンジ内はこんな感じです。

f:id:isao15453:20181209110910j:plain

f:id:isao15453:20181209111923j:plain

提供される料理もやはり『ANA LAUNGE』とは全く違いました。ウニや鴨肉、カニを使ったオードブルなんかもありました。

f:id:isao15453:20181209111000j:plain

f:id:isao15453:20181209111014j:plain

f:id:isao15453:20181209111030j:plain

お昼ご飯として食べたので、美味しい料理をガッツリ食べました。

f:id:isao15453:20181209111046j:plain

 オーダーできるメニューも『ANA LAUNGE』とは違いますね。

f:id:isao15453:20181203194643j:plain

私はビーフハンバーガーをオーダーしました。美味かったぁ~

f:id:isao15453:20181203194749j:plain

そしてデザート^^ 

f:id:isao15453:20181209111143j:plain

ANA SUITE LAUNGE~第4サテライト~

第4サテライトのANA SUITE LAUNGEに移動。第4サテライトのラウンジは、『ANA LAUNG』と『ANA SUITE LAUNGE』で階数が違います。『ANA SUITE LAUNGE』は4階です。

f:id:isao15453:20181203194510j:plain

混み具合は第5サテライトの方が混んでいましたが、騒がしいという程の混み具合ではないのでこちらでもゆっくり寛げました。

f:id:isao15453:20181209112351j:plain


第4サテライトの『SUITE LAUNGE』に来たのは15:00くらいでした。当初の計画ではこの時間以降の食事は機内食をいただく際にお腹いっぱいになるので、ほどほどにするつもりでしたが、牛丼をオーダーしてしまった><けど美味しかった^^

初ANA SUITE LAUNGEの誘惑に負けてしまいました。

f:id:isao15453:20181203195936j:plain

さらに、ハーゲンダッツのアイスクリームが冷蔵庫にたっぷり詰めん混んであったのでこれもついつい食べてしまった><

ハーゲンダッツのアイスクリームが食べ放題ってなかなかないですよね!

f:id:isao15453:20181203195746j:plain

 結局、搭乗する前にお腹いっぱいになってしまった><ヤバイ・・・・

 

f:id:isao15453:20181209111410j:plain

ラウンジを出る前にラウンジでシャワールームを利用しました。このあと飛行機で9時間フライトしてサンフランシスコに到着後は、そのまま観光に行く予定なので24日以上シャワーを浴びれないことになりますからね。

シャワールームも思っていたより広く快適に利用することができました。

f:id:isao15453:20181203195656j:plain

シャワーを浴びたところでいよいよ飛行機に搭乗です。

ANAファーストクラスに搭乗

f:id:isao15453:20181209181658j:image

念願のファーストクラス&ダイヤモンドメンバーのレーンに並びました。むっちゃ優越感あるぅ~。

私が見る限りこのレーンには私を含め5人ほど並んでましたが、みなさんダイヤモンドメンバーの人だったようです。
f:id:isao15453:20181209181654j:image

搭乗手続きを済ませて、いざ機内に搭乗です。

憧れのファーストクラスだけの専用通路を通って機内へ。ワクワク!(^^)!
f:id:isao15453:20181209181651j:image

ANAファーストクラスの座席(B777ー300ER)

f:id:isao15453:20181209115752j:plain

256席中8席しかないファーストクラス。座席はほぼ個室状態になっています。なのでファーストクラスの全体の写真を撮ってもご覧のように、座席はほとんど見えません。

f:id:isao15453:20181209183221j:image

予約した時は5席埋まってましたが、最終的にこの日のファーストクラス利用者は私を含めて3名でした。

ANAファーストクラスの座席

座席の横幅も半端なく広い。 

f:id:isao15453:20181209183707j:plain

縦幅も広~い!(^^)! シートの収納した状態だと脚を伸ばしても前のスペースに届きません(私の脚が短いのか?・・いや脚が長くても届かないはず笑)

下の写真は座席に座って撮った写真。

足元には機内持ち込みのスーツケースが一つ入るくらいの収納スペースがあります。

f:id:isao15453:20181209183713j:image

横幅の広さ感わかりますかねぇ。

モニターは23インチの大型ワイドスクリーンです。映画もこの大型スクリーンで見れるので迫力が違います。

ちなみに映画は今話題の「カメラを止めるな」を見ました^^

f:id:isao15453:20181209183733j:plain

通路を挟んだ隣の席です。
f:id:isao15453:20181209183723j:image

私が利用した席を後方から見た写真です。

エコノミークラスの6席分くらいの広さがあります。
f:id:isao15453:20181209183719j:image設備も様々。 

f:id:isao15453:20181209190239j:plain

ANAのオフィシャルページの解説も抜粋しておきます。

f:id:isao15453:20181209193552j:plain

f:id:isao15453:20181209193441j:plain

ANAファーストクラスの座席~ベット~

シートは完全フルフラットにして快適なベットに変身します。そしてベットの準備はCAさんがセットしてくます。

f:id:isao15453:20181209192654j:plain

f:id:isao15453:20181209192635j:plain

このベットは快適そのもので飛行機に乗っていることを忘れてしまうくらい快適できた。行きは約9時間、帰りは約11時間のフライトでしたが、全く疲れることはありませんでした。行きの9時間はほんとあっと言う間で、フライト時間が短いと感じるほど快適でした。

エコノミークラスで、9時間はほんと辛いですから、ファーストクラスは天国です。ビジネスクラスもフルフラットにはなりますが、快適さでは比べ物になりません。

この快適さは、マットレス、掛布団、まくら、全てにおいて拘りがあるかです。

以下はANAのオフィシャルページの解説ですが、これを読んで頂けるとファーストクラスの拘りがわかると思います。

f:id:isao15453:20181209193120j:plain

ベッドパッド

多くのアスリートが海外遠征などで愛用する東京西川「AiR®」。身体にかかる圧力を分散させる特殊立体構造のコンディショニングマットレスで、良好な寝姿勢を維持し、質の高い眠りをご提供いたします。
優れたデザイン性も国内外で高い評価を受け、世界各国のさまざまなデザイン賞を受賞しています。

コンフォーター

寝具向け素材としては世界一細いテイジンのポリエステルナノファイバー「ナノフロント®」や、特殊ポリエステル断熱保温わたなどの高機能繊維を駆使し、東京西川の技術で創りあげた次世代型超軽量コンフォーターです。
やわらかく、薄くても暖かいので、心地よくおやすみいただけます。

とろけるような柔らかさでありながら、さまざまな寝姿勢を独自のリラクゼーションフォームでしっかり支える東京西川「エンジェルフロート®」。放熱性と吸放湿性にもすぐれ、温度による硬度変化もほとんどなく、快適にお使いいただけます。
※羽毛枕もご用意しています。

ブランケット

「テネリータ」のブランケットは、世界で最も厳しい国際基準をクリアした、安全・高品質のオーガニックコットンを使用。おもてには高級カシミアを使い、コットンの通気性とカシミアの保温性を兼ね備えました。上質な素材から生まれる心地よさに包まれる、軽くてやわらかなブランケットです。

 

これだけの拘りがあるからこそ快適なんですねぇ^^

ANAファーストクラスのパジャマ

パジャマにも拘りがあります。パジャマは環境に優しいオーガニックコットンを100%使用したニットの上下となっていますので、さきほど紹介したベットの拘りと合わせてさらに快適な飛行機の旅を演出してくれます。また、このパジャマは自由に持ち帰ることができます。

f:id:isao15453:20181209120228j:plain

パジャマへの着替えは、CAさんが機内搭乗直後に着替えるタイミングを確認してくれます。離陸前に着替えるも良し、離陸後の安定飛行後に着替えるも良し、寝る直前に着替えるも良しです。着替えるタイミングでCAさんが化粧室の空き状況を確認してくれて、案内してくれます。私は離陸前に着替えたので搭乗してすぐにリラックスモードに入りました。

ちなみに、ファーストクラスの化粧室は2つあります。最大8席(8人)に対して化粧室が2つというのも贅沢な環境ですね。2つの内、1つは着替えを想定した作りになっており、十分なスペースが確保されています。(化粧室の写真撮るの忘れました)

ANAファーストクラスのヘッドフォン

ANAファーストクラスのヘッドフォンは、デュアルノイズセンサーテクノロジーを搭載した、デジタルノイズキャンセリングヘッドホン(Sony「MDR-10RNC」)を利用できます。このヘッドフォン、機内の雑音に対して最適なキャンセル特性をボタン1つで自動選択し、周囲の騒音を約99.4%(*)低減することができる機能があり、快適な環境で機内の映画、音楽、そのほかのエンターテイメントプログラムをお楽しむことができます。装着していると、周囲の雑音はほぼ聞こえないので、寝るときに装着しても良いでしょう。

f:id:isao15453:20181209120126j:image

ANAファーストクラスのアメニティー

 アメニティはサムソナイトのポーチに収納されています。サムソナイトのポーチがとてもしっかりした造りで色々な用途に利用できそうです。行き/帰りで2つもらえたので嬉しい^^

f:id:isao15453:20181209115437j:plain

ANAオフィシャルページより抜粋

f:id:isao15453:20181209200707j:plain

ANAファーストクラスのウェルカムドリンク

機内に搭乗すると離陸までの時間にドリンクのサービスがあります。ビジネスクラスでも同じようなサービスがありますが、ビジネスクラスプラスチックの容器で提供されるのに対し、ファーストクラスはご覧のようにグラスで提供されます^ ^

行き(成田→サンフランシスコ便)

ロゼのスパークリングワインを頂きました。

f:id:isao15453:20181202080347j:image

帰り(サンフランシスコ→成田便)

f:id:isao15453:20181202080940j:image

✳︎ドリンクは、ソフトドリンクもチョイスできます。 

ANAファーストクラスの機内食(成田→サンフランシスコ)

機内食は和食と洋食を選ぶことが出来ますが、私は行きは和食を、帰りは洋食をチョイスしました。

ビジネスクラスも同じように和食、洋食を選べますが、これまで洋食ばかりチョイスしていたため、行き、帰りのどちらかは和食をチョイスする予定でした。

メニュー表には、日本発のメニューとアメリカ発のメニューが記載されてましたが、和食は日本発の方が充実しているようでしたので、行き便で和食をチョイスすることにしました。 

反省〜ANA SUITE LAUNGEで食べ過ぎた

余談ですが、『SUITE LAUNGE』で食べ過ぎてしまい、機内食が提供される時間になってもお腹がいっぱい状態でした。反省・・・

機内食を美味しく頂くために、成田空港に早く到着して、『SUITE LAUNGE』を利用したのに、嬉しくて調子に乗り過ぎて食べ過ぎてしまいました。みなさんも、ファーストクラスを利用の際は、『SUITE LAUNGE』で食べ過ぎないようにして下さいね!

とは言っても初めての『SUITE LAUNGE』利用はやはりテンション上がりますし、『食べすぎるな』と言っても食べてしまう可能性大です笑 

成田発サンフランシスコのANAファーストクラス機内食~アミューズ~ 

ますば、アミューズ。ビジネスクラスのアミューズ比べると見た目もお味も違いました。

f:id:isao15453:20181205204116j:plain

f:id:isao15453:20181206120944j:image

宝石のようなアミューズは見てるだけでも楽しめます^ ^

成田発サンフランシスコのANAファーストクラス機内食~先附/前菜~ 

成田発→サンフランシスコ行きの機内食は、和食をチョイスしました。

まずは、先付けと前菜が一緒に出てきました。

f:id:isao15453:20181205204133j:plain

f:id:isao15453:20181205204201j:plain

f:id:isao15453:20181204103948j:plain

はじめて柿のジュレと言うものを頂きましたが、紅白なますの酸味と柿の甘さが絶妙でとても美味しかったです。

f:id:isao15453:20181204104602j:plain

6種類の前菜が器に盛られていますが、6種類の前菜全てにおいて、手抜きのないクオゥリティの高さを感じました。

f:id:isao15453:20181204104530j:plain

成田発サンフランシスコのANAファーストクラス機内食~お椀~ 

f:id:isao15453:20181205204220j:plain

f:id:isao15453:20181204104713j:plain

出汁のきいたお吸い物は、やっぱ美味しい^^

ANAファーストクラス機内食~お造り~

f:id:isao15453:20181205204231j:plain

f:id:isao15453:20181204104930j:plain

お造りに関しては、ちょっと残念な感じでした。せっかくの本鮪の赤身でしたが、少し表面が乾燥していたようで新鮮味があまりなかったなかぁ・・・。乾燥している機内でお刺身を提供するには限界があるのかもですね。

響 21年をオーダー

ここで響21年をオーダーしました。ボトルで数万円する超貴重なウィスキーです。

f:id:isao15453:20181204113512j:plain

はじめて頂きましたが、風味、深み、香り、どれをとっても、私がこれまで飲んだウィスキーとはレベルが違いました。

ボトルの写真を撮りたかったので、お願いしてしばらくボトルをお借りしました。

ANAファーストクラス機内食~煮物/小鉢/主菜~

煮物、小鉢、主菜の3点セットで、運ばれて来ました。見た目以上にボリュームがあり,

お味の方も素材を活かした味付けでどれも美味でした。

しかし、お腹いっぱいだぁ〜σ^_^;

みなさん、ファーストクラスの機内食は、エコノミークラスはもちろんですが、ビジネスクラスの機内食よりもかなりボリュームがあります。

ファーストクラスを利用する機会がある時は、搭乗前、SUITE LAUNGEでの食事は、ほどほどにしておきましょう!!!

f:id:isao15453:20181209211716j:plain


f:id:isao15453:20181204105108j:plain

 

f:id:isao15453:20181204105704j:plain

ANAファーストクラス機内食~ご飯~

この時点で既にお腹はパンパンでしたが、大分県玖珠九重産のひとめぼれは、甘味があって美味しかったです。

f:id:isao15453:20181205204402j:plain

f:id:isao15453:20181204113646j:plain

ANAファーストクラス機内食~和菓子~

デザートは別腹です^ ^

源吉兆庵の梨乃菓は甘くてプルプルで、緑茶との相性抜群^ ^

f:id:isao15453:20181205204421j:plain

f:id:isao15453:20181204114104j:plain

f:id:isao15453:20181204114121j:plain

以上が、成田発のANAファーストクラスの機内食でした。実は食事を頂いている途中に、CAさんからリクエストすれば洋食のメニューからも提供していただけると仰って頂きました。ファーストクラスの利用者が3名だったこともあり、食材に余裕があるとのことでした。ほんとうは洋食のメインディッシュの追加をお願いしたのですが、和食の主菜が出て来た時点で、『食べきれない』と判断し断念しました。

 

その他、好きな時にオーダーできるメニューもたくさんあります。

f:id:isao15453:20181209201745j:image

ANAファーストクラス機内食~焼き鮭吹き寄せ丼~

この中から朝食として銀座奥田監修の『焼き鮭吹き寄せ丼』と和食セットの中の煮物『牛肉と野菜の煮浸し』ををオーダーしました。

f:id:isao15453:20181204114559j:plain

f:id:isao15453:20181204114847j:plain

 正直な事を言うと、メインの機内食を食べたあとほとんど動いていないので、まだお腹いっぱいの状態でした。

今考えると、『銀座奥田』(食べログ評価 3.99)監修の丼ぶりなので間違いなく美味しかったと思うのですが、この時はお腹いっぱいで・・・何度も言いますが、ファーストクラス利用時はラウンジでの暴飲暴食は控えましょう(^_^;)

ANAファーストクラスの機内食(サンフランシスコ→成田)

ファーストクラスは、座席はゆったり、テーブルも広くて、ほぼ個室状態なので、機内食を食べる環境も快適そのものです。

f:id:isao15453:20181204115939j:plain

ご覧のようにCAさんのセッティングで機内レストランの完成です。

帰り便は、お腹を空かせての搭乗なので、機内食を堪能するぞぉ~!!

ワイン1杯目

まずは、アミューズに合いそうなヴィンテージワイン『安心院スパークリングワイン2016』をオーダーしました。

f:id:isao15453:20181205203535j:plain

ANAファーストクラス機内食~アミューズ~

f:id:isao15453:20181205215721j:plain

アミューズは、フォアグラムースのカナッペが白ワインとの相性も抜群で美味しかったです。

f:id:isao15453:20181205201721j:plain

f:id:isao15453:20181205201816j:plain

ANAファーストクラス機内食~ブレッドセレクション~

f:id:isao15453:20181205215910j:plain

パンも数種類が準備されており、好きなだけ食べることができます。

でも、パンを食べ過ぎるとメインの料理が食べられなくなるのでパンは1つだけ^ ^

f:id:isao15453:20181205202044j:plain

ワイン2杯目

アミューズだけでスパークリングワインを飲み干してしまったので、2杯目のワインをオーダー。このあとのアペタイザーとガーデンサラダに合わせて白ワインをチョイス。

f:id:isao15453:20181205202742j:plain

ANAファーストクラス機内食~アペタイザー~

アペタイザーは3種類の中から1品を選びます。

f:id:isao15453:20181205215815j:plain

私は、『ロブスターとマンゴーロメスコソース』をチョイスしました。 『海老とアボガドのクレープ包み キャビア添え』と迷いました・・・。キャビアも食べたかったなぁ。

f:id:isao15453:20181205202318j:plain

ロブスターはプリプリ食感で、食べ応えがありました。ロメスコソースって、スペインのナッツとトマトのソースなんですね・・この時に知りましたσ^_^;

マンゴーの甘さとロメスコソースのトマトの酸味が絶妙でプリプリロブスターとの相性もバッチリでした。白ワインとも合う^ ^

ANAファーストクラス機内食~ガーデンサラダ~

f:id:isao15453:20181205215826j:plain

ガーデンサラダは、ドレッシングが2種類準備されていましたので、私は山わさびのドレッシングをチョイス。

f:id:isao15453:20181205202355j:plain

ワイン3杯目

メイン料理を牛フィレ肉にする予定だったので、次は赤ワインをオーダーしました。

f:id:isao15453:20181205203602j:plain

料理が美味しいのでお酒も進みます^ ^

けど、だいぶ酔っ払ってきたσ^_^;

ANAファーストクラス機内食~コーンスープ~

f:id:isao15453:20181205215845j:plain

ANAのコーンスープは、これまでに何度も頂いていますが、濃厚で甘くてむっちゃ美味しいです。ANAのコーンスープは私の好物です^_^

f:id:isao15453:20181205202436j:plain

ANAファーストクラス機内食~メインディッシュ~

f:id:isao15453:20181205215857j:plain

メインディッシュは3種類の中からチョイスします。私は牛フィレ肉のステーキをオーダーしました。
牛フィレ肉なので柔らかいのは当たり前ですが、焼き具合もミディアムレアでとても美味しく頂くことができました。大きなも250gあったでしょうか・・・かなりボリュームがありました。 

f:id:isao15453:20181205202505j:plain

今回は、行きの教訓を活かして、搭乗前のラウンジではほとんど食べてなかったのですが、メインディッシュを半分くらい食べた時点でお腹いっぱいでした。もちろん、全部食べましたけどね^^;

ANAファーストクラス機内食~チーズプレート~

f:id:isao15453:20181205215742j:plain

チーズは苦手種類が多いのと、お腹いっぱいだったのでキャンセルしました>< 

ANAファーストクラス機内食~デザート~

f:id:isao15453:20181205215925j:plain

 デザートが別腹はお約束^^

4種類準備されていて、全部オーダーすることも可能ですが、さすが別腹でもそれま無理なのでアイスクリームをチョイス。 

f:id:isao15453:20181205202635j:plain

アイスクリームとホットコーヒーで美味しく頂きました。

ANAファーストクラス機内食~プティフール~

f:id:isao15453:20181205215935j:plain

 プリティフールは、お腹いいっぱいだったので、この時は食べず、ひと眠りしてからおやつとして頂きました。

f:id:isao15453:20181205202652j:plain

ANAファーストクラスの機内食~軽いお食事~ 

成田空港到着の2時間ほど前に朝食としてオーダーしたのが、『アンガスビーフのチーズハンバーガー』です。コーラゼロと一緒に頂きました。 

f:id:isao15453:20181209204430j:plain

マヨネーズ、ケチャップ、マスタード、玉ねぎのピクルスをお好みで挟んで^^

f:id:isao15453:20181209204504j:plain

機内食とは思えないクオリティでハンバーグがむっちゃ美味しかったです^^

好きな時にオーダーできるメニューがたくさんあるので、もっと色々食べたかったのですが、ボリューム満点なので色々食べるのは無理でした。

また、ファーストクラスに乗るしかないですね笑

 

以上で、ANAファーストクラスの機内食の紹介は終わりです。

サンフランシスコ国際空港のラウンジ

順番が前後してしまいましたが、サンフランシスコ国際空港で利用したラウンジを簡単に紹介しておきます。

私がサンフランシスコ国際空港で利用できるラウンジは3つありました。

  • ユナイテッドポラリスラウンジ
  • アメックスセンチュリオンラウンジ
  • AIR FRANCE - KLMラウンジ

上記の3つのラウンジのうち、今回は私が利用したのは『ユナイテッドポラリスラウンジ』と『アメックスセンチュリオンラウンジ』の2つです。『KALラウンジ』は時間の関係で利用しませんでした。

ユナイテッドポラリスラウンジ

ユナイテッドポラリスラウンジ。ここはスターアライアンス運航便のビジネスクラス・ファーストクラスの利用者が利用できるラウンジです。

f:id:isao15453:20181209090321j:plain

スターアライアンスのゴールド/ダイヤモンドメンバーは利用できないようです。 

f:id:isao15453:20181209090347j:plain

 ラウンジは1F/2Fと2フロアのレアウトとなっており、かなり広いです。私が利用した時間はAM9:00頃でしたが午前中の早い時間にしては、結構、混雑していました。 

f:id:isao15453:20181209091533j:plain

 こちらは1Fの写真。2Fにフードやバーがあるので1Fは閑散としていました。

f:id:isao15453:20181209091544j:plain

食事は朝の時間ということもあり、軽食やフルーツがメインでした。

私は、ファーストクラスの機内食を満喫するためフルーツを少しだけ頂きました。

f:id:isao15453:20181209092016j:plain

アメックスセンチュリオンラウンジ

こちらのラウンジは、アメックスのセンチュリオンカードまたはプラチナカードメンバーのみが利用できるラウンジです。私はアメックスプラチナメンバーですので利用させて頂きました。 2F建てになっていますが、ラウンジは2Fとなります。

f:id:isao15453:20181209092514j:plain

場所は国際線74-75ゲート前となります。

f:id:isao15453:20181209092540j:plain

アメックスのセンチュリオン/プラチナメンバーのみが利用できるのですが、米国のプラチナカードは、日本より年会費が安いのでプラチナメンバーは多いようで思ったより混雑していました。 

f:id:isao15453:20181209093038j:plain

朝食の時間帯なのでフードは朝食メニューでした。 

f:id:isao15453:20181209093052j:plain

私はここでは何も食べずで、ほぼ取材目的で利用した感じです。
アメックスセンチュリオンラウンジは、ラスベガス(マッカラン空港)でも利用したことがありますが、個人的にはラスベガスのラウンジの方が落ち着いた雰囲気で良かったです。利用者もラスベガスの方が少なかったです。 

AIR FRANCE - KLAラウンジ

今回、こちらは利用しませんでしたが、プライオリティパスがあれば利用できるラウンジとなります。アメックスプラチナカードやアメックスゴールドカード、楽天プラチナカードなどを持っていると、プライオリティパスのメンバーに無料でなれるので利用可能なラウンジとなります。

 

以上で、はじめてANAファーストクラス搭乗記を終了致します。

関連記事

happylife-happymile.hateblo.jp

happylife-happymile.hateblo.jp

happylife-happymile.hateblo.jp

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町ラグジュアリーコレクションホテル宿泊記~SPG/マリオットのプラチナエリート特典紹介~【2018年】

SPG/マリオットのプラチナエリート宿泊記の第5弾は、『ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町ラグジュアリーコレクション』(以後、プリンスギャラリー東京紀尾井町ホテルと記載)です。 

f:id:isao15453:20181117184616j:plain

 

プラチナエリート宿泊の第1回~第4回の宿泊記は下記をご覧ください。

第1回 大阪マリオット都ホテル

第2回 翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都

第3回 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎)

第4回 リッツ・カールトン東京

第1回と第3回は、プラチナエリートのステータスの威力でスイートルームにアップグレードして頂いています^^

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町ラグジュアリーコレクションに無料宿泊するためのポイント数と通常料金

プリンスギャラリー東京紀尾井町ホテルは、SPG/マリオットのカテゴリーは最も高い「」となります。下の表がカテゴリー別/シーズン別の無料宿泊ポイント数の一覧となります。 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

カテゴリー「8」のホテルに無料宿泊するには、スタンダードシーズンで85,000p、オフピークで70,000p、ピークで100,000p 必要です。最上位ランクのホテルなのでポイント数も多いのは当然ですが、簡単に使えるポイント数ではありませんね。

ですが、2019年1月末までの期間限定ではありますが、現在、60,000pプリンスギャラリー東京紀尾井町ホテルに宿泊することができます。 

f:id:isao15453:20181119195636j:plain

正確に言うと、カテゴリー「8」のホテル全てが2019年1月末までは60,000pで宿泊できますので、カテゴリー「8」のホテル宿泊するのは今がチャンス!となっています。このプリンスギャラリー東京紀尾井町ホテル60,000pで宿泊できるのは超お得だと思います^^ 

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町ラグジュアリーコレクションホテル宿泊記

今回の宿泊も我が家の宿泊担当リポーター役の嫁となります。よって私は例のごとく愛犬ちゃんと自宅で留守番です。

f:id:isao15453:20181203180633j:image

以下、嫁の宿泊レポートとなります^^

 

プリンスギャラリー東京紀尾井町ホテルは、地下鉄永田町・赤坂見附駅から直ぐで、地上に出ると大きなビルがド~ンと見えてきます。赤坂プリンスホテル跡地に2016年7月に開業したホテルで、東京ガーデンテラス紀尾井町の30~36階に入居しています。

f:id:isao15453:20181124210606j:plain

f:id:isao15453:20181203162924j:plain

ホテル前のオブジェがすごい。

宿泊したのは11月ですが、すでにクリスマス仕様ですね。

f:id:isao15453:20181124211126j:plain

プリンスギャラリー東京紀尾井町~チェックイン

一度2階までエスカレーターで上がってからホテル階へ向かいます。

レセプションが一番上の36階になります。今まで部屋が上のイメージだったので、移動の際に何度も間違えそうになってしまいました。

f:id:isao15453:20181124211512j:plain

エレベーターを降りて右にレセプション。

f:id:isao15453:20181124212022j:plain

正面がバーの吹き抜け(夜の画像です)とてもロマンティックなバーですね。

f:id:isao15453:20181124212603j:plain

左が朝食会場の『OASIS GAEDEN』です。

f:id:isao15453:20181124212729j:plain

外国の方が多いです。

私達はラウンジでチェックインをしました。

f:id:isao15453:20181124212941j:plain

とても明るく清潔感があるレセプションです。

f:id:isao15453:20181124213116j:plain

ラウンジは34階にあります。

こちらでチェックインです。今回も13時と早い到着でしたので、がら~んとしています。

f:id:isao15453:20181124213259j:plain

ウエルカムドリンクはシャンパンかノンアルコールのピーチ・マンゴーのジュースを頂けます。私はお酒が飲めないのでノンアルコールです・・・ お酒が飲めないのを毎回残念に思います。

f:id:isao15453:20181124213456j:plain

こちらがクラブラウンジのサービス内容です。プラチナエリートのステータスはラウンジへのアクセスができるのでいつもありがたいです^^

f:id:isao15453:20181202185110j:plain

しかし今回は残念ながらアップグレートがありませんでした。アップグレート対応のお部屋が空いていないとのこと・・・ 楽しみにしていただけにガッカリです><

キングベットのお部屋を予約していたのでツインのお部屋に変更して貰うために少しこちらで待つことに。あっ、今回は(も)私の姉との宿泊です。

クラブラウンジのこの時間は、少しのスナックがあるだけです。

f:id:isao15453:20181124214113j:plain

お部屋の準備が出来たそうですが、このままこちらでおしゃべりしてました。

f:id:isao15453:20181124214216j:plain

そろそろ部屋へと立ち上がったら、マネージャーの方が挨拶にこられ、お部屋まで案内させて頂きますとのこと。これってプラチナエリートだからかな?

プリンスギャラリー東京紀尾井町ホテルの客室

こちらが今回宿泊した32階のお部屋です。東京タワービューです。

f:id:isao15453:20181124214936j:plain

明るい。とにかく部屋が明るい。白を基調とした部屋で大きな窓、窓際には広いソファーがありこちらでのんびり外を眺めることが出来ます。

f:id:isao15453:20181124215236j:plain

お水とチョコレートがあります。

f:id:isao15453:20181124215501j:plain

テレビは埋め込み型? 室内が本当に明るい、部屋の向きとお天気もあると思いますが、いつも苦戦する室内の写真が綺麗に撮れます。

f:id:isao15453:20181124215559j:plain

冷蔵庫など。 ラウンジに入り浸るのでこちらは使用しません、水を冷やすだけです。

クローゼットの同じ場所で全て扉の中にあります。

f:id:isao15453:20181124215841j:plain

アイロンもあります。ありがたいですね。

f:id:isao15453:20181124220209j:plain

トイレと洗面台。広いとは言えませんが明るく『瞬間調光ガラス』?の効果だと思いますが圧迫感はありません。テレビの音が上部にあるスピーカーから聞こえてきます。

f:id:isao15453:20181127203047j:plain

バスタブは十分な広さです。洗い場も広くゆったりのんびり入ることが出来ました。

もちろん入浴中は曇りガラスにしますが一人なら外も眺めながら入浴可能ですよね~

バスタブのふちにシャワーがあり、次の人が入る前にバスタブを流すことが出来ますので助かります。f:id:isao15453:20181127204148j:plainアメニティ達 歯ブラシはしっかりしてて山切カットのものでした。

ヘアブラシ等もしっかりしたものです。

一番小さな写真はタブレットで依頼した基礎化粧品セット。部屋に届けてもらいました。女性二人なので2セットお願いしました。男性用もありましたよ~

ゴシゴシタオルやスポンジも準備されています。

f:id:isao15453:20181127205245j:plain

引き出しには浴衣とパジャマが準備されています。サイズが男女仕様・・・

f:id:isao15453:20181127205713j:plain

瞬間調光ガラス効果。部屋が広く見えます。

 

f:id:isao15453:20181127210116j:plain

ちなみ、ホテル32階の間取りです 角の部屋が広いですね~ 次回はアップグレードされると良いなぁ~ 東京タワービューとエレベーター位置を考えると有難い場所を準備して頂いたと思います。

f:id:isao15453:20181127210252j:plain

ターンダウンの状態です。

f:id:isao15453:20181127212907j:plain

マカロンが追加されていました。

f:id:isao15453:20181127212935j:plain

部屋の電気を全て落とすと夜景がとてもきれいです。

f:id:isao15453:20181127213046j:plain

窓際のソファーで眠くなるまでぼーっとしていました。

夜景がとっても素晴らしい!

f:id:isao15453:20181127213107j:plain

翌朝、電動カーテンを開けると朝日が~ お台場や羽田空港方面です。

f:id:isao15453:20181127213137j:plain

プリンスギャラリー東京紀尾井町ホテルのクラブラウンジ 

ティータイム 2:30PM~4:30PM

とても充実しな品ぞろえです。

強いて言えば、キッシュ以外が甘いものなのでしょっぱいものが欲しくなります。

f:id:isao15453:20181127215510j:plain

和菓子があるのは嬉しいですね。

イチゴのショートケーキがとパンプキンプリンが特に美味しかったです。

f:id:isao15453:20181127215529j:plain

お昼ご飯代わり、どれも美味しく見た目を可愛い。

キッシュの生ハム以外は甘いもの・・・ 生ハムだけおかわりしたかった。

f:id:isao15453:20181127215546j:plain

居心地の良いラウンジでゆっくりとお茶を楽しむことが出来ます。

f:id:isao15453:20181127215601j:plain

気が付けば外が暗くなってきました。

東京タワーを見ながら優雅な時間が流れます。

f:id:isao15453:20181127215727j:plain

イブニングカクテル 5:00PM~7:00PM

手の込んだメニューが並びます。

夕飯代わりにするのはちょっと難しいかな~

お酒のおつまみ的なメニューですね。

f:id:isao15453:20181128145855j:plain

ティータイムでお腹いっぱいな私たちは十分ですが、残念なのがすべて冷たいものだったことです。

一つでも温かい物があればいいのになぁ~

f:id:isao15453:20181128145919j:plain

7:00PM~9:30PM(ラウンジの営業時間は10:00PM)

チョコレートやクッキースナック類。

f:id:isao15453:20181128150005j:plain

ナッツやドライベジタブル?を頂きながらまったりタイム。

f:id:isao15453:20181128150050j:plain

ご朝食サービス 7:00AM~10:00PM

クラブラウンジのモーニングです。

こちらで卵料理のオーダーが出来ます。 外の光で見えないですね・・・

f:id:isao15453:20181128161108j:plain

ラウンジの朝食としてはとても充実していると思います。

こちらで十分満足できる内容です。

f:id:isao15453:20181128161142j:plain

実は先にプラチナエリート特典のモーニングをOASIS GARDENで頂いています。(このあと紹介します)

ただ、私は和食を頂いたのでちょっとだけ洋食をつまみました。

沢山食べれる方は特典で和食・ラウンジで洋食を食べても良いですね。

f:id:isao15453:20181128161158j:plain

プリンスギャラリー東京紀尾井町ホテルの朝食~OASIS GARDEN~

プラチナエリート特典のモーニングです。洋食のブッフェか和朝食が選べます。

和定食は少々時間が掛かるそうですがそれ程待つことはありませんでした。

f:id:isao15453:20181128184337j:plain

 

8時過ぎですが、結構空いています。

f:id:isao15453:20181128190844j:plain

もちろんラウンジよりは種類も豊富です。

f:id:isao15453:20181128190922j:plain

f:id:isao15453:20181128190942j:plain

f:id:isao15453:20181128191007j:plain

f:id:isao15453:20181128191046j:plain

f:id:isao15453:20181128191108j:plain

f:id:isao15453:20181128191140j:plain

f:id:isao15453:20181128191158j:plain

ドリンクのところには凄い数のワインが。見せるワインセラーはカッコいいです。

f:id:isao15453:20181128191226j:plain

f:id:isao15453:20181128191315j:plain

オーダーの卵料理です。こちらはシェフズエッグです。

f:id:isao15453:20181202180357j:plain

温かいパンケーキも。

f:id:isao15453:20181202180420j:plain

こちらは和朝食です。

とても豪華でお味も素晴らしいのですが、男性には量が少ないのかもしれません。

足りない時はラウンジへGO! 2か所で食べれるのは嬉しいですね。

f:id:isao15453:20181128191336j:plain

プリンスギャラリー東京紀尾井町ホテルのスパ~SPA&FITNESS KIOI~

宿泊者は無料で使用できます。

f:id:isao15453:20181202153901j:plain

入口を入ると正面にプールが見えてきます。

右は受付、フィットネスジムと男性用ロッカーとお風呂。

左は女性用ロッカーとお風呂になります。

f:id:isao15453:20181202153926j:plain

これは女性用ロッカーの見取り図です。

f:id:isao15453:20181202154018j:plain

シューズロッカー

f:id:isao15453:20181202154047j:plain

ロッカーです。

f:id:isao15453:20181202154113j:plain

パウダールーム

f:id:isao15453:20181202154136j:plain

お風呂です。

手前が水風呂です。 夜景を見ながらの入浴はついつい長くなってしまいます。

f:id:isao15453:20181202154214j:plain

写真ボケてる~ スチームサウナです。

結構熱かったので長居は出来ませんでした。

f:id:isao15453:20181202154237j:plain

リラクゼーションラウンジ

3つのベットがあります。火照った身体を冷ますのに丁度よいです。

雑誌や水も備えられています。

f:id:isao15453:20181202154311j:plain

プールは女性ロッカーから直接入ることが出来ました。

水着でウロウロしなくていいのはありがたいですね。

ちなみにお昼の時間に利用したのですが私一人でした。

f:id:isao15453:20181202154336j:plain

プールの奥にはジャグジーがあります。

少し狭いですが、景色が良いので気持ちいいです。

f:id:isao15453:20181202154405j:plain

入口入って右にあるフィットネスジムです。

f:id:isao15453:20181202154451j:plain

マシンは最新でとても明るく清潔感もある快適空間です。

景色をみながらのトレーニングは最高ですね。

f:id:isao15453:20181202155516j:plain

その他の施設

ロビー階にはショップ・ボードミーティングルーム(2時間無料使用可能)・ビジネスサービスセンターがあります。

f:id:isao15453:20181207212655j:plain

喫煙ルームです。今まで泊まったホテルは愛煙家には厳しいというか、外が多かったのですが、こちらはとて綺麗なお部屋で清潔感もあり好印象です。

私は喫いませんが・・・

f:id:isao15453:20181207212721j:plain

チェックアウトは午後4時。

レイトチェックアウトは本当に嬉しい特典ですよね。

運動後にラウンジでのんびり~です。

f:id:isao15453:20181202155605j:plain

プリンスギャラリー東京紀尾井町ホテル宿泊記~まとめ~

プリンスグループの最上位ホテル。ラグジュアリーコレクションにも加盟。

期待通りのとても居心地の良いホテルでした。

一番にスタッフの心配り。とても細やかに対応して貰えました。

お部屋の明るさも今までに無い感じで新鮮でした。

新しいホテルなだけあってハイテクですし、とても清潔感があります。

宿泊後にアンケートが届きました。

きっとこれからもっともっと進化していく事を期待して、また伺いたいと思いました。 

期間限定プラチナエリート。今後の私の宿泊予定

新プログラム統合でせっかく与えてもらったプラチナエリートのステータス。2019年1月末までの間は、国内、海外とも旅行の予定などがたくさんあるため、プラチナエリートの特典を存分に満喫したいと思います。

プラチナエリート期間の宿泊は以下となっています。随時、宿泊記をアップしていきますので、ご興味のある方はご覧頂ければと思います^ ^

※リッツカールトン東京のレベルは、やはり、別格です。なので割安ポイントで宿泊できる間(2019年1月末まで)に2回宿泊する予定です。 

プラチナエリートへのハードルは高い

SPG/マリオットで各ステータスに必要な年間宿泊数は以下のようになります。

 

  • シルバーエリート 10泊/年
  • ゴールドエリート 25泊/年
  • プラチナエリート 50泊/年

 

年間にこれだけの宿泊数を熟す必要があるのでゴールドエリート以上のステータスを獲得するのは簡単ではありません。

プラチナエリートに至っては、50泊/年なのでハードルはかなり高いですね(-_-;)

プラチナチャレンジでプラチナエリートを目指す

私はSPG/マリオットのプログラム統合時において、幸いにも期間限定(2019年1月末まで)でプラチナエリートのステータスを獲得できたのですが、他にもプラチナエリートになるための方法があります。

プラチナチャレンジはご存知でしょうか?プラチナチャレンジを簡単に説明すると、一定期間内(申込月+3ヶ月)に所定の宿泊数(16泊)を達成する事で、 プラチナエリートのステータスを獲得できるというものです。

最新(2018年8月以降版)のプラチナチャレンジの詳細な内容を下記にまとめまとめましたので、ご興味のある方はご覧ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

SPGアメックスカードは必需品

SPGアメックスカードに入会するとゴールドエリートのステータスを無条件で獲得することが可能です。さきほども記載したとおり、ゴールドエリートのステータスを獲得するには年間25泊以上する必要があるので、入会するだけでゴールドエリートのステータスが獲得できるSPGアメックスカードは非常に価値の高いクレジットカードと言えます。

ですが、プラチナエリートを目指す人にとっては、さきほど紹介したプラチナチャレンジに挑戦し条件をクリアしてしまえばプラチナエリートのステータスが獲得できる訳ですので、SPGアメックスカードを持つ意味は一見ないように思えます。

考え方次第と思いますが、私はプラチナエリートを目指す人やプラチナエリートのステータスを既に持っている人にとってもSPGアメックスカードは必需品だと考えます。

それは何故か・・・?

その答えは色々あるのですが、一番の理由は、SPGアメックスカードを持っているとSPG/マリオットのポイントがガンガン貯まるからです。

SPGアメックスカードは、クレジットカード100円利用するごとにSPG/マリオットのポイントが3ポイント貯まります。クレジット利用時のポイント還元率は実に3%となります。クレジット利用時のポイント還元率が3%のクレジットカードは、なかなかありません。

例を記載すると、

  • クレジットカード100万円利用で30,000ポイント
  • クレジットカード200万円利用で60,000ポイント
  • クレジットカード300万円利用で90,000ポイント

ご覧のようにポイント還元率3%ですとポイントは物凄い勢いで貯まっていきます。貯まったポイントは、下記一覧のポイント数で「無料宿泊」に利用できます。 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

また、ポイントと現金を組み合わせて割安で宿泊することも可能です。 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 $55 + 3,500p $50 + 2,500p $60 + 4,500p
2 $65 + 6,000p $60 + 5,000p $70 + 6,500p
3 $80 + 8,500p $70 + 7,500p $90 + 9,000p
4 $105 + 12,000p $90 + 10,000p $120 + 13,500p
5 $140 + 17,000p $120 + 16,000p $165 + 19,000p
6 $190 + 25,000p $165 + 22,000p $225 + 27,500p
7 $250 + 30,000p $225 + 27,500p $325 + 35,000p
8 $440 + 42,500p $325 + 35,000p $635 + 50,000p

ポイントが貯まるとホテルの無料宿泊や割引宿泊が可能ですので、ポイントの貯まりやすいSPGアメックスカードを持つメリットは多いにあると思います。

兎に角、日常生活で使うお金(携帯電話料金、スーパー・コンビニでの決済、飲み会の支払いなどなど)は出来る限りSPGアメックスカードに集約すれば、無意識の間にポイントが貯まって行きます。

貯まったポイントで無料宿泊してプラチナエリートの特典(客室アップグレード、ラウンジアクセス、無料朝食など)を受けられるのは、贅沢極まりないです。今回、私が紹介している「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の宿泊もポイントを利用してで最もリーズナブルな客室を予約し、プラチナエリートの特典でコーナースイートにアップグレードされました。

もちろん、SPGアメックスカードの入会で無条件で獲得できるゴールドエリートでも、スイートのアップグレードはありませんが、客室のアップグレードの特典は受けられますので、ゴールドエリートのままでもベネフィットはたくさんあります。

また、SPGアメックスカードは、契約更新ごと(毎年)に50,000ポイント分の無料宿泊特典があるので、正直、これだけで年会費分(31,000円+税)の元を取ることがでる最強クレジットカードです。

他にもここでは説明しきれない特典が多数ありますので、詳しくは下記の記事でご確認ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

SPGアメックスはお友達紹介プログラムで審査優遇とボーナスポイント

SPGアメックスカードに新規入会をご検討の方は、既存のアメックスメンバーからの紹介での新規入会が最もお得です。

 

既存のアメックスメンバーからの紹介の場合は、 

≪3ヶ月以内に10万円利用で39,000ポイント≫

がもらえます。 

対象カード 新規入会ポイント

スターウッド プリファード ゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード

 

合計39,000ボーナススターポイント 

・ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で36,000ボーナススターポイント

・10万円ご利用で通常ポイント3,000スターポイント

そして、さらに紹介からの申し込みの場合は、審査が優遇されるという特典もありますので、より有利にSPGアメックスカードを発行することが可能です。

下の画像は紹介者に対してアメックスから届いたメールに記載されています。

f:id:isao15453:20180824072653j:image

ご覧のように審査を優遇するとはっきり記載されています^^

 

既存のアメックスメンバーからの紹介なしで、新規入会した場合の特典は《3ヶ月以内に10万円利用で30,000スターポイント》となりますのでご注意ください。 

 

お知り合いにアメックスメンバーの方がおられない場合は、わたくしからのお友達紹介をご利用頂き新規入会して頂けます。下記の「お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら」をクリックして頂き、ご利用して頂けると幸いです。

 

↓↓↓↓↓↓>>>>>クリック<<<<<↓↓↓↓↓↓

お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら

 

お名前とメールアドレスを登録して頂ければ、私から下記のようなメールが届きます。メール内の紹介用URLをクリックして頂くと、新規入会ページへ遷移致します。

f:id:isao15453:20181014142801j:plain

ご登録頂いたメールアドレスにメールが届かない場合

ご登録頂いたメールアドレスにわたくしからの返信メール(お友達紹介用URL)が届かない場合は、登録して頂いたメールに不備があるか、迷惑メールとして処理されている可能性がございます。わたくしからの返信メールがすぐに届かない場合は、お手数でございますが下記①~③いずれかの対応をお願い致します。
 ①再登録して頂く
 ②下記Gmailからの受信を許可して頂く
 ③下記のメールアドレスまで直接ご連絡頂く
  メールアドレス:isao15453@gmail.com

③の対応をして頂いた場合は、わたくしの別のメールアドレスからお友達紹介用URLを記載したメールを別途送信させて頂きます。この場合、メール送信まで少しお時間(数時間)を頂く場合がございますのでご了承ください。

また、お友達紹介キャンペーンに関しまして、ご不明な点がございましたら、上記メールアドレスにまでお問い合わせください。  

 

SPGアメックスカードの入会についてさらに詳しい情報は下記の記事にまとめておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

さらにステータスの高いアメックスプラチナカードについては、下記の記事を参照して下さい。

happylife-happymile.hateblo.jp

 

リッツカールトン・東京のクラブフロア宿泊記~SPG/マリオットのプラチナエリートの特典とクラブラウンジは最高!~【2018年】

SPG/マリオットのプラチナエリート宿泊記の第4弾は「ザ・リッツカールトン東京」東京です。10月19日(金)~20日(土)に1泊2日でポイントを利用して宿泊してきました。 

f:id:isao15453:20181109184537j:plain

プラチナエリート宿泊の第1回~第3回の宿泊記は下記をご覧ください。

第1回 大阪マリオット都ホテル

第2回 翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都

第3回 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎)

第1回と第3回は、プラチナエリートのステータスの威力でスイートルームにアップグレードして頂いています^^

 

リッツ・カールトン東京に無料宿泊するためのポイント数と通常料金

リッツカールトン東京は、SPG/マリオットのカテゴリーは最も高い「8」となります。下の表がカテゴリー別/シーズン別の無料宿泊ポイント数の一覧となります。 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

カテゴリー「8」のホテルに無料宿泊するには、スタンダードシーズンで85,000p、オフピークで70,000p、ピークで100,000p 必要です。最上位ランクのホテルなのでポイント数も多いのは当然ですが、簡単に使えるポイント数ではありませんね。

ですが、期間限定ではありますが2018年12月末までに宿泊/予約をすると、60,000pリッツカールトン東京に宿泊することができます。

f:id:isao15453:20181030072934j:image

正確に言うと、カテゴリー「8」のホテル全てが2018年12月末までに宿泊/予約をすれば60,000pで宿泊できます。

2019年以降の宿泊であっても、2018年12月末までに予約をすれば60,000pで予約することができます。ですので、2019年以降で既に予定が決まっている場合は、2018年12月末までに予約を済ませておきましょう!予約は宿泊日の前日まで無料でキャンセルできますので、予定が確定していなくてもとりあえず予約を入れておくだけも良いですね。

ので、カテゴリー「8」のホテル宿泊するのは今がチャンス!となっています。特にリッツカールトン東京は、SPG/マリオットの他のホテルとはあきらかに格が違うホテルで、一度、宿泊すると「また宿泊したい」と誰もが思うと思います。

今回は金曜日に宿泊しましたが、同じように金曜日の宿泊で検索すると1泊89,180円もしますからね。

このリッツカールトン東京60,000pで宿泊できるのは超お得だと思います^^

リッツ・カールトン東京で無料宿泊からクラブフロアに宿泊する方法

今回、リッツカールトン東京に宿泊するのは2回目となりますが、前回(2018年1月)はポイントで無料宿泊して、さらにポイントを追加することでクラブフロアに宿泊しました。その時は通常の無料宿泊ポイントが70,000pで、クラブフロアにアップグレードするために追加で 20,000pを支払ってクラブフロアに宿泊しました。

前回の宿泊記は下の記事をご覧ください。

 

リッツカールトンは、他のSPG/マリオットのホテルと違い、プラチナエリートであってもクラブラウンジへのアクセス権がありません。リッツカールトンは格式高いホテルであるが故にプラチナエリートであっても、その特典でクラブラウンジを利用できないんですね。また、客室のアップグレードもクラブフロアへのアップグレードがありません。(ちなみにスイートルームへの空き状況によりアップグレードはありますが、クラブラウンジへのアクセス権はありません)厳しいです・・・。ですが、リッツカールトンに宿泊するなら絶対にクラブラウンジを利用するべき(利用したい!)と私は思っています。このあとの記事でも詳しく紹介しますが、リッツカールトンのクラブラウンジのサービスはほんと凄いです!!

なので、リッツカールトン東京のクラブラウンジを利用するためには、クラブフロアに宿泊するのが最も効率がよいのですが、2018年8月にSPG/マリオット/リッツカールトンの会員プログラムが統合されてから、クラブフロアにポイントを利用してアップグレードすることが出来なくなりました。

ちなみに、リッツ・カールトン東京のクラブフロアに宿泊するためには、1泊約10万円ほどします・・・

f:id:isao15453:20181030073443j:image

いくらリッツ・カールトン東京のクラブラウンジが素晴らしくても1泊で10万円はなかなか支払える金額ではありませんよね。

では、どうすればリッツ・カールトン東京のクラブフロアにお得に宿泊できるのかというと、もっとも安いデラックスルームとクラブフロアデラックスの差額を現金で支払うことで、クラブフロアにアップグレードすることが可能です。

手順を以下の通りです。

  1. ポイントを利用して予約する(今回は60,000p)
  2. リッツ・カールトン東京に電話をして、ポイントで予約をしているが、クラブフロアにアップグレードしたい旨を伝える。
  3. クラブフロアに空き室がある場合、宿泊日当日のデラックスルームとクラブフロアの差額料金を支払えば(支払いはチェックアウト時です)その時点でクラブフロアへのアップグレードが確定する

こんな感じで、追加ポイントを支払うのではなく、差額を現金で支払うことでクラブフロアにアップグレードすることが可能です。

では、差額料金っておいくら?って話ですが、これは、宿泊する時期によって差額料金が異なるので、一概に「〇〇円です」とは言えません。ですが、おおよそ3万円前後のようです。ちなみに私の場合は、31,050円が差額料金でした。

f:id:isao15453:20181030073224j:image

デラックスルームとクラブデラックスルームとの差額は25,000円でしたが、サービス料(15%)3,750円と消費税2,300円がプラスされて31,050円ということです。

まぁ、この金額を支払えば、通常ランクよりも高いホテルに宿泊できる金額なので、この金額をどのように考えるか?判断するか?は、人それぞれで難しいかもしれません。

ですが、1泊100,000円の客室に30,000円で宿泊できると考えれば、お得だと思いますし、このあと紹介するリッツ・カールトン東京のサービスを考えればこの金額は「むちゃくちゃ安い」と思います。2人で宿泊だと1人あたり約15,000円の負担でリッツ・カールトン東京に宿泊できるのですから!!

私が「むちゃくちゃ安い」と言う意味が、この先の記事で伝わるといいなぁと思いつつ、宿泊記を記載していきますので、お時間がある限りお付き合いください。

 

なお、今回のリッツ・カールトン東京の宿泊は、私の名前で予約をしましたが、実際に宿泊したのは嫁と嫁の友人です。我が家のよくあるパターンですが、ホテルの宿泊は嫁の役割で、私は愛犬と家で留守番です笑

ちなみに私は来月(11月)下旬に、ANAのファーストクラスでサンフランシスコに一人旅に行く予定です。その時に存分に贅沢させてもらうので、嫁にはホテルの宿泊で贅沢してもらってます^ ^

 

サンフランシスコ_ファーストクラス予約記事

 

ここから先の記事は、主に嫁が記載しておりますのでご了承下さい。

リッツ・カールトン東京にチェックイン(アーリーチェックイン)

今回、リッツ・カールトン東京には2度目の宿泊です。

数少ないホテルライフですが、今のところ一番好きなホテルです。

今回もワクワクが止まりません!

f:id:isao15453:20181031191611j:plain

45階のロビー。

フロア内はとてもいい香りがします。懐かしい~

季節のアレンジがお出迎えしてくれます。

f:id:isao15453:20181031191635j:plain

クラブフロア宿泊は53階のクラブラウンジでのチェックインになります。

時間は13時。事前に到着予定時間を連絡してありますのでスムーズに案内をしてもらえました。

f:id:isao15453:20181031191725j:plain

景色を眺めながらのチェックインです。少し靄が掛かっていますが53階は高い!

 

f:id:isao15453:20181031191807j:plain

リッツ・カールトン東京のクラブフロアの客室

チェックイン時に既にお部屋の準備は出来ていますとの事でした。

お部屋は52階です。クラブフロアはラウンジのある53階と52階です。

f:id:isao15453:20181031191841j:plain

他のホテルとの違いはベットの前の広さ! 本当に広いです。

お部屋の素晴らしさは前回のブログをご覧ください。

前回宿泊時の記事はこちら

f:id:isao15453:20181031191920j:plain

ベット横のテーブルにスイーツが置かれていました。

プラチナのサービス?前回は無かったからきっとそうだと思います。

f:id:isao15453:20181031191946j:plain

手書きと思われる紙の上に可愛く並んでいるスイーツ。

嬉しいおもてなしですね。

f:id:isao15453:20181031192004j:plain

お部屋の向きは今回もスカイツリー方面でした。

こちらは高層ビルが立ち並び夜には素晴らしい夜景を眺められます。

そんな事を言っておきながら写真撮ってなかった・・・・

f:id:isao15453:20181105204101j:plain

就寝前にモーニングコールと同時にコーヒーをお願いしておきました。

可愛らしい女性の声で起こしていただいて、

『お部屋の前にコーヒーを準備させて頂いています』と

強いて言えば、ワゴンで届けてほしかったぁ~ 重い扉を足で押さえながらトレーを持つのは至難の業でした。

f:id:isao15453:20181105211451j:plain

濃いめのコーヒーですっきりお目覚めです。

4杯分位入っていました。

f:id:isao15453:20181105211909j:plain

リッツ・カールトン東京のクラブラウンジサービス

朝から順番に紹介します。利用した順番ではありません。

 朝食 7:00~11:00

プラチナ特典で45階のレストランでモーニングが食べれますが、宿泊翌日は土曜日、ロブスターのオムレツの日です!

お腹いっぱいでしたがラウンジへもGO!

こちらでオーダーします。前回と同じシェフです。

f:id:isao15453:20181105211316j:plain

席で待っていると・・・

f:id:isao15453:20181105212535j:plain

中にも外にもロブスター! 土曜の朝は是非ラウンジへ!

おかゆもいただきました。

f:id:isao15453:20181105212730j:plain

ラウンジの朝食でも十分すぎる内容です。

f:id:isao15453:20181105212841j:plain

f:id:isao15453:20181105212859j:plain

フルーツの種類も豊富です。

f:id:isao15453:20181105212928j:plain

残念ながら今回は富士山は顔を出してくれませんでした、この時期は晴天でも見れない日が多いそうです。スムージーと紅茶でまったりしました。

ラウンジはせわしくない、ゆったりと時間が流れます。

f:id:isao15453:20181105213133j:plain

 軽食 12:00~14:00

チェックインの時と翌日も利用した軽食。

初日はうどんで翌日はそばでした。 おいなりさんも美味しかった。

f:id:isao15453:20181105214407j:plain

サンドイッチ・サラダ 野菜もたくさん食べました。

f:id:isao15453:20181105214431j:plain

パンも♪

f:id:isao15453:20181105215213j:plain

昼間っからシャンパン!

f:id:isao15453:20181105215351j:plain

アフターヌーンティ 14:30~16:30

ラウンジのアフタヌーンティー。

ラウンジでの一番の楽しみ!

アーリーチェックインとレイトチェックアウトで1泊でも2度楽しめます。

f:id:isao15453:20181106153708j:plain

テーブルに飲み物のメニューがあります、アフタヌーンティーなので紅茶を。

こちらのホテルのオリジナルブレンドをお願いしました。

スパイスのきいた独特の紅茶でした。

f:id:isao15453:20181106153738j:plain

このために軽食をちょっとだけにしています。

あたたかいスコーン サンドイッチ ケーキにマカロン・・・・

どれも手の込んだメニューです。見た目も可愛い!

チェックアウト前にも頂きましたが内容は同じでした。

f:id:isao15453:20181106153827j:plain

期間限定のアップルパイカプチーノ

名前通りの味です。とっても美味しかった。

f:id:isao15453:20181106153911j:plain

イブニングオードブル  17:30~19:30

アフタヌーンティでお腹いっぱいの中あっという間にイブニングオードブルの時間になりました。

ペンネ・カレー・点心・小鉢・サラダ・スープ・おつまみ系 充実した内容です。

f:id:isao15453:20181106174748j:plain

f:id:isao15453:20181106174817j:plain

f:id:isao15453:20181106174841j:plain

お腹がいっぱいでもついついつまみたくなります。

f:id:isao15453:20181106174905j:plain

こちらはシェフがその場で作ってくれて席まで持ってきてくれた『はりはり鍋』です。

f:id:isao15453:20181106174926j:plain

お酒好きなお友達はシャンパン・ワインと沢山飲んでいました。

f:id:isao15453:20181106174944j:plain

スイーツ&コーディアル 20:00~22:00

そのまま大人の時間に突入です。

ノンアルコールカクテルです。 見た目も可愛くてとても美味しかった!

いつも良いタイミングで、おかわりは?と声を掛けてくださいます。

f:id:isao15453:20181106175730j:plain

はりはり鍋をおかわりしてしまってお腹ははち切れんばかりでしが、別腹?

どれも魅力的なスイーツ達。

f:id:isao15453:20181106175918j:plain

f:id:isao15453:20181106175937j:plain

チーズがとても美味しかったです。

時間によってチーズの種類も変わります。どれも美味しかった~

f:id:isao15453:20181106180028j:plain

大好きなチョコレート♪

f:id:isao15453:20181106180053j:plain

ノンアルコールカクテルをおかわり。こちらはさっぱりしたカクテルでした。

f:id:isao15453:20181106180433j:plain

 リッツ・カールトン東京のプラチナエリート特典

朝食 TOWERS

プラチナ特典の朝食

ロビー階にあるタワーズで朝食が頂けます。

f:id:isao15453:20181108203158j:plain

メニュー表です。

おそらくTOWERS BUFFET4200円のものだと思います。

f:id:isao15453:20181109123247j:plain

店内はあまり広くありません。

7時半位に行きましたが、かなり混んでいる状態でした。

f:id:isao15453:20181109124644j:plain

席にはオーダーメニューが置いてあります。

私は半熟たまごとクロワッサンワッフルを注文。

お友達はエッグベネディクトです。

f:id:isao15453:20181109125017j:plain

メニューは充実。

こちらはサラダ系のコーナーです。

f:id:isao15453:20181109125546j:plain

f:id:isao15453:20181109125604j:plain

パン屋さんで買ったら高そう~思われる層のしっかりしたクロワッサン。

シリアルやヨーグルトなど・・・

f:id:isao15453:20181109125623j:plain

和食のコーナーです。

f:id:isao15453:20181109125648j:plain

和食のメニューを充実しています。

f:id:isao15453:20181109125711j:plain

種類豊富なフルーツ達。

ドラゴンフルーツもある!

f:id:isao15453:20181109125732j:plain

私の注文した『半熟たまご』です。

周りはふわっふわのマッシュポテト?とハムです。

f:id:isao15453:20181109125757j:plain

お友達の『エッグベネディクト』

マフィンとほうれん草、ハムが添えてあります。

f:id:isao15453:20181109131612j:plain

クロワッサンワッフル サクサクの生地でとても美味しかったです。

f:id:isao15453:20181109125844j:plain

 このあとラウンジの朝食もあるので軽めに・・・・

f:id:isao15453:20181109134145j:plain

やはりこちらの朝食は種類も量も豊富でオーダーの卵料理はとても凝っているし美味しいし、プラチナの特典としてとても嬉しいものでした。

他の卵料理も食べてみたい!またプラチナで泊まりたい!と思いました。

ただ、混んでいる。時間帯が悪かったのかもしれませんが、写真を撮るのも少し抵抗があるくらいわちゃわちゃしていて、ラウンジの優雅な感じはありません。

この後、ラウンジでのんびり優雅な朝食タイムを過ごしました。

どちらも使えるのが一番です!

ロービーラウンジでのウエルカムドリンク

チェックイン時にチケットを頂けます。

f:id:isao15453:20181109174005j:plain

ロビーラウンジはとても天井が高く開放感があります。ソファーもふっかふかです。

夕方に訪れましたがなかなか混んでいました。

アルコールがダメな私はこちらでもジュース。なんだか損した気分になります。

f:id:isao15453:20181109174414j:plain

お友達はシャンパンを!

おつまみも頂けます。

f:id:isao15453:20181109175422j:plain

 スパ&フィットネスセンター

スパ・プール・フィットネススタジオは46階にあります。

今回はプラチナ特典のスパ無料利用についてリポートをします。

スパ利用は、通常、宿泊者は1日3000円で利用することが出来ます。

f:id:isao15453:20181109135931j:plain

先ずはレセプションデスクで受付をします。

レセプションデスク: 7:00~22:00

フィットネススタジオは基本24時間利用可能です、22時以降は部屋で着替えて向かいましょう。

プールを正面に、左が有料(スパ)ロッカー、右が無料のロッカーになります。

f:id:isao15453:20181109144302j:plain

ロッカーの中にはガウンがあります。これを着てスパエリアへ向かいます。

f:id:isao15453:20181109145413j:plain

パウダールームです。

f:id:isao15453:20181109150335j:plainスパ施設

  • ホットバス
  • コールドバス
  • スチーム サウナ
  • ドライサウナ
  • ロッカー
  • リラクゼーションスイート
  • シャワー

が利用出来ます。

入口には飲み物が準備されています。

汗をかきますので嬉しいサービスですね。

f:id:isao15453:20181109151835j:plain

撮影は禁止です。

なので公式の写真です。

私は午前中に行ったので残念ながらこんな素敵な夜景を見ることは出来ませんでした。

入ってすぐにシャワーブース、ドライサウナがあり、その先に写真のホットバスがあります。

ホットバスの正面にコールドバスがあり、その間にミストサウナがあります。

f:id:isao15453:20181109152052j:plain

ホテルで東京タワービューが初めてでちょっとテンションが上がってしまいました。

次回は絶対夜景を見ながらお湯につかりたい!と思いました。

ゆっくりお台場や羽田方面の夜景を楽しみたかったな~

時間によると思いますが、私の行った午前中は2・3人の利用でしたので、時間があればゆっくり出来ると思います。

最後に・・・

今回2度目の滞在でしたが、やっぱり私のナンバーワンホテルです。

もちろんラウンジ利用が絶対条件です。

スタッフの心配り、ラウンジの居心地の良さ、フードプレゼンテーションの内容

どれも群を抜いています。

高いところが好きな私、景色の良さも追加されて、こんなに優雅で贅沢な時間を過ごせるリッツ・カールトン東京が大好きです。

今回はプラチナ宿泊も追加されて優雅さUPでした。

アニバーサリーにもおススメの本当に最高のホテルです。 

f:id:isao15453:20181109152821j:plain

期間限定プラチナエリート。今後の私の宿泊予定

新プログラム統合でせっかく与えてもらったプラチナエリートのステータス。2019年1月末までの間は、国内、海外とも旅行の予定などがたくさんあるため、プラチナエリートの特典を存分に満喫したいと思います。

プラチナエリート期間の宿泊は以下となっています。随時、宿泊記をアップしていきますので、ご興味のある方はご覧頂ければと思います^ ^

※リッツカールトン東京のレベルは、やはり、別格です。なので割安ポイントで宿泊できる間(2019年1月末まで)に2回宿泊する予定です。 

プラチナエリートへのハードルは高い

SPG/マリオットで各ステータスに必要な年間宿泊数は以下のようになります。

 

  • シルバーエリート 10泊/年
  • ゴールドエリート 25泊/年
  • プラチナエリート 50泊/年

 

年間にこれだけの宿泊数を熟す必要があるのでゴールドエリート以上のステータスを獲得するのは簡単ではありません。

プラチナエリートに至っては、50泊/年なのでハードルはかなり高いですね(-_-;)

プラチナチャレンジでプラチナエリートを目指す

私はSPG/マリオットのプログラム統合時において、幸いにも期間限定(2019年1月末まで)でプラチナエリートのステータスを獲得できたのですが、他にもプラチナエリートになるための方法があります。

プラチナチャレンジはご存知でしょうか?プラチナチャレンジを簡単に説明すると、一定期間内(申込月+3ヶ月)に所定の宿泊数(16泊)を達成する事で、 プラチナエリートのステータスを獲得できるというものです。

最新(2018年8月以降版)のプラチナチャレンジの詳細な内容を下記にまとめまとめましたので、ご興味のある方はご覧ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

SPGアメックスカードは必需品

SPGアメックスカードに入会するとゴールドエリートのステータスを無条件で獲得することが可能です。さきほども記載したとおり、ゴールドエリートのステータスを獲得するには年間25泊以上する必要があるので、入会するだけでゴールドエリートのステータスが獲得できるSPGアメックスカードは非常に価値の高いクレジットカードと言えます。

ですが、プラチナエリートを目指す人にとっては、さきほど紹介したプラチナチャレンジに挑戦し条件をクリアしてしまえばプラチナエリートのステータスが獲得できる訳ですので、SPGアメックスカードを持つ意味は一見ないように思えます。

考え方次第と思いますが、私はプラチナエリートを目指す人やプラチナエリートのステータスを既に持っている人にとってもSPGアメックスカードは必需品だと考えます。

それは何故か・・・?

その答えは色々あるのですが、一番の理由は、SPGアメックスカードを持っているとSPG/マリオットのポイントがガンガン貯まるからです。

SPGアメックスカードは、クレジットカード100円利用するごとにSPG/マリオットのポイントが3ポイント貯まります。クレジット利用時のポイント還元率は実に3%となります。クレジット利用時のポイント還元率が3%のクレジットカードは、なかなかありません。

例を記載すると、

  • クレジットカード100万円利用で30,000ポイント
  • クレジットカード200万円利用で60,000ポイント
  • クレジットカード300万円利用で90,000ポイント

ご覧のようにポイント還元率3%ですとポイントは物凄い勢いで貯まっていきます。貯まったポイントは、下記一覧のポイント数で「無料宿泊」に利用できます。 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

また、ポイントと現金を組み合わせて割安で宿泊することも可能です。 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 $55 + 3,500p $50 + 2,500p $60 + 4,500p
2 $65 + 6,000p $60 + 5,000p $70 + 6,500p
3 $80 + 8,500p $70 + 7,500p $90 + 9,000p
4 $105 + 12,000p $90 + 10,000p $120 + 13,500p
5 $140 + 17,000p $120 + 16,000p $165 + 19,000p
6 $190 + 25,000p $165 + 22,000p $225 + 27,500p
7 $250 + 30,000p $225 + 27,500p $325 + 35,000p
8 $440 + 42,500p $325 + 35,000p $635 + 50,000p

ポイントが貯まるとホテルの無料宿泊や割引宿泊が可能ですので、ポイントの貯まりやすいSPGアメックスカードを持つメリットは多いにあると思います。

兎に角、日常生活で使うお金(携帯電話料金、スーパー・コンビニでの決済、飲み会の支払いなどなど)は出来る限りSPGアメックスカードに集約すれば、無意識の間にポイントが貯まって行きます。

貯まったポイントで無料宿泊してプラチナエリートの特典(客室アップグレード、ラウンジアクセス、無料朝食など)を受けられるのは、贅沢極まりないです。今回、私が紹介している「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の宿泊もポイントを利用してで最もリーズナブルな客室を予約し、プラチナエリートの特典でコーナースイートにアップグレードされました。

もちろん、SPGアメックスカードの入会で無条件で獲得できるゴールドエリートでも、スイートのアップグレードはありませんが、客室のアップグレードの特典は受けられますので、ゴールドエリートのままでもベネフィットはたくさんあります。

また、SPGアメックスカードは、契約更新ごと(毎年)に50,000ポイント分の無料宿泊特典があるので、正直、これだけで年会費分(31,000円+税)の元を取ることがでる最強クレジットカードです。

他にもここでは説明しきれない特典が多数ありますので、詳しくは下記の記事でご確認ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

SPGアメックスはお友達紹介プログラムで審査優遇とボーナスポイント

SPGアメックスカードに新規入会をご検討の方は、既存のアメックスメンバーからの紹介での新規入会が最もお得です。

 

既存のアメックスメンバーからの紹介の場合は、 

≪3ヶ月以内に10万円利用で39,000ポイント≫

がもらえます。 

対象カード 新規入会ポイント

スターウッド プリファード ゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード

 

合計39,000ボーナススターポイント 

・ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で36,000ボーナススターポイント

・10万円ご利用で通常ポイント3,000スターポイント

そして、さらに紹介からの申し込みの場合は、審査が優遇されるという特典もありますので、より有利にSPGアメックスカードを発行することが可能です。

下の画像は紹介者に対してアメックスから届いたメールに記載されています。

f:id:isao15453:20180824072653j:image

ご覧のように審査を優遇するとはっきり記載されています^^

 

既存のアメックスメンバーからの紹介なしで、新規入会した場合の特典は《3ヶ月以内に10万円利用で30,000スターポイント》となりますのでご注意ください。 

 

お知り合いにアメックスメンバーの方がおられない場合は、わたくしからのお友達紹介をご利用頂き新規入会して頂けます。下記の「お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら」をクリックして頂き、ご利用して頂けると幸いです。

 

↓↓↓↓↓↓>>>>>クリック<<<<<↓↓↓↓↓↓

お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら

 

お名前とメールアドレスを登録して頂ければ、私から下記のようなメールが届きます。メール内の紹介用URLをクリックして頂くと、新規入会ページへ遷移致します。

f:id:isao15453:20181014142801j:plain

ご登録頂いたメールアドレスにメールが届かない場合

ご登録頂いたメールアドレスにわたくしからの返信メール(お友達紹介用URL)が届かない場合は、登録して頂いたメールに不備があるか、迷惑メールとして処理されている可能性がございます。わたくしからの返信メールがすぐに届かない場合は、お手数でございますが下記①~③いずれかの対応をお願い致します。
 ①再登録して頂く
 ②下記Gmailからの受信を許可して頂く
 ③下記のメールアドレスまで直接ご連絡頂く
  メールアドレス:isao15453@gmail.com

③の対応をして頂いた場合は、わたくしの別のメールアドレスからお友達紹介用URLを記載したメールを別途送信させて頂きます。この場合、メール送信まで少しお時間(数時間)を頂く場合がございますのでご了承ください。

また、お友達紹介キャンペーンに関しまして、ご不明な点がございましたら、上記メールアドレスにまでお問い合わせください。  

 

SPGアメックスカードの入会についてさらに詳しい情報は下記の記事にまとめておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

さらにステータスの高いアメックスプラチナカードについては、下記の記事を参照して下さい。

happylife-happymile.hateblo.jp

 

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎)宿泊記~SPG/マリオットのプラチナエリートで『コーナースイート』にアップグレード~

SPG/マリオット プラチナエリート宿泊記の第3回は、宮崎県のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートです。10月11日〜12日の2泊でポイントを利用して無料宿泊してきました。

f:id:isao15453:20181021090958j:plain

 今回の旅の一番の目的はずばり『ゴルフ』です。シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートと同じ敷地内にある、男子プロのトーナメントが開催される宮崎県で最も有名で最もプレー代が高い(笑)フェニックスカントリークラブでラウンドすることが目的です。そして、フェニックスカントリークラブと同じ敷地内に、SPG系のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートがあるので、宿泊先として当然のごとく選びました。

旅の目的はゴルフですがご安心下さい。この記事のメインは、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの宿泊記です(笑)。ゴルフの話と宮崎観光については後半にちょこっとだけ記載しています。

 

プラチナエリート宿泊の第1回、第2回の宿泊記は下記をご覧ください。

第1回 大阪マリオット都ホテル

第2回 翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都

 

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

f:id:isao15453:20181021212224j:image

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは宮崎県にあるフェニックスシーガイヤリゾート内にあるホテル。九州一の高さで154m43階建ての超高層ホテル。全736室は全てオーシャンビューで壮大な太平洋と名門ゴルフコースが一望できます。

周辺には、フェニックスカントリークラブ、トムワトソンゴルフコース、宮崎市フェニックス自然動物園、シーガイヤ乗馬クラブなど、さまざまなアミューズメント施設があります。

f:id:isao15453:20181022222049j:plain

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートへのアクセスと駐車場

宮崎空港からは車で約25分となります。タクシーを利用した場合は中型車で約4,500円掛かります。ホテルに事前予約(利用日2日前まで)すれば片道3,500円の定額プランがありたすのでこちらを利用された方が良いと思います。

その他、ワンコイン(500円)のバスプランをありますのでシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのオフィシャルサイトでご確認下さい。

 

 

私の場合は、レンタカーで観光もしたかったのでレンタカーを利用しました。2泊3日で約10,000円でレンタル出来たので、観光などの予定がある方はレンタカーがお得だと思います。また、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートまたはフェニックスリゾート内の各施設は駐車場は無料で利用可能です。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの予約と無料宿泊に必要なポイント

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートはSPG/マリオットのカテゴリーは「5」となりますので、無料宿泊に必要なポイントは1泊35,000pとなります。

f:id:isao15453:20181018074103j:image

 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

ハイシーズンですと40,000p、ローシーズンだと30,000pですね。

ちなみに、2019年1月末までは、シーズンに関係なく一律スタンダードのテーブルが採用されます。今回はシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに2泊しましたので70,000pを消費しました。

現金の支払いの場合の料金は、27,965円。

f:id:isao15453:20181022224021j:image

宿泊前にコーナースイートへのアップグレードが確定

SPG/マリオットのアプリでは、宿泊2日前になるとホテルとのチャットが利用できるようになります。

下記の写真のように2日前になるとチャットボタンが表示されますので、ここから宿泊するホテルに直接メッセージを打つ事ができます。 

f:id:isao15453:20181021091704j:plain

もちろん電話でリクエストすれば良いのですが、チャットの方が手軽にリクエストや問い合わせができるので、私はよく利用しています。

 

アーリーチェックインやレイトチェックアウトのリクエストはもちろんのこと、アニバーサリー宿泊(結婚記念日、誕生日など)など、電話では伝えにくくても、チャットなら気軽に伝えることができます。

 

アニバーサリーの場合、ホテルからのプレゼントなどサプライズがある場合があるので、伝えておく方がプラスアルファの「happy」があるかもしれません。

例えば、私の場合、『ザ・プリンスさくらタワ東京』に宿泊した時は、妻の誕生日が近かったのでその旨伝えておきましたが、当日シャンパンを頂きました。下の写真のような形でルームサービスで届けて頂いたので、妻も凄く喜んでました。

f:id:isao15453:20181021092110j:image

大阪マリオット都ホテルに宿泊した時は、妻と一緒に宿泊した友人が誕生日月だったのでその旨伝えておくと、オリジナルのマグカップを頂けました。

 

そして今回の宿泊は、私のお世話になっている友人をシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに招待ということで、チャットでその旨伝えたところ、『コーナースイートを準備しています』と宿泊2日前の時点で、コーナースイートへのアップグレードが確定しました。

下記がその時のチャットの一部です。 

f:id:isao15453:20181021092440j:image

宿泊するホテルや空室の状況にもよりますが、今回はご覧のように宿泊前にコーナースイートのアップグレードが確定しました。またアーリーチェックインは10:00、レイトアウトは16:00でリクエストしていましたが、こちらもこの時点で確約してもらえました。アーリーチェックインの10:00はありがたい^ ^

 

チャットの便利さの話はさておき、やはり、『プラチナエリート』のステータスの威力は凄いですね。スイートルームに格上げです。今回、私自身、プラチナエリートのステータスでの初めての宿泊で(過去2回は妻が宿泊)、はじめてのスイートルームの宿泊です。スイートルームのアップグレードを体験すると、『プラチナステータス』がやめられなくなります。

ちなみにコーナースイートの宿泊料金は、1泊1室64,505円です。

f:id:isao15453:20181022223229j:image

もともと予約した部屋の2倍強の料金の客室にアップグレードです。 

私のプラチナステータスは、期間限定で2019年1月末までなので、2019年2月以降、すぐにプラチナチャレンジをしようかと考えています。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートにチェックイン

宮崎へは羽田から飛行機で移動。宮崎空港にはAM8:50頃に到着しました。そこから事前に予約していたレンタカーで、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに移動。ホテルに到着したのはAM 9:30頃でした。

宿泊前のチャットでアーリーチェックインも確約されていたので、AM10:00前にも関わらずすぐにチェックインができました。

プラチナエリートのチェックインは、2階フロントではなく36階にあるラウンジ内の専用デスクでのチェックインとなります。

f:id:isao15453:20181019074211j:image

f:id:isao15453:20181020152955j:image

こちらのデスクでチェックイン手続きをしました。

ちなみに通常はこちら↓↓の2Fフロントでのチェックインとなります。

f:id:isao15453:20181021101905j:plain

チェックイン時にプラチナエリートの特典の説明やホテル内施設の説明を受けました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのプラチナエリートの特典は以下となります。

  • クラブラウンジでのチェックイン/チェックアウト
  • アーリーチェックイン/レイトチェックアウト(16:00)
  • ラウンジへのアクセス
  • 朝食無料(ラウンジ/1階レストラン《パインテラス》)
  • 温泉の無料利用
  • フィットネスクラブの無料利用
  • ウェルカムギフトまたは1,000ボーナスポイント
  • ミネラルウォーター(客室)

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの客室(コーナースイート)紹介

 繰り返しになりますが、プラチナエリートの威力で今回はコーナースイートにアップグレードして頂くことになりました。準備して頂いたコーナースイートは30階の客室です。

間取りは109㎡で以下のようになっています。

f:id:isao15453:20181021103618j:plain

 

客室入口の扉を開けて右を向くとこんな感じ。

f:id:isao15453:20181020135747j:image

通路の奥はリビングルーム。リビングルームに入った瞬間、部屋から景色が圧巻でした。壮大な海と大好きなゴルフ場が見えるこのロケーションは、私にとっては最高です。

リビングルームと寝室

f:id:isao15453:20181020135841j:image
f:id:isao15453:20181020135925j:image

リビングルームの奥に寝室があります。

f:id:isao15453:20181020140038j:image
f:id:isao15453:20181020140033j:image

さすがスイートルーム。広いです!!

f:id:isao15453:20181021111429j:image

洗面台とシャワールーム

f:id:isao15453:20181021104806j:plain

洗面台は2人が同時に利用できるようになっています。シャワーはバスルームと一体ではなく、シャワールームとなっています。

バスルーム

バスルームと寝室はガラス扉でしきられています。ブラインドを上げれば寝室の窓からの景色も見ることが可能でとても解放的です。

f:id:isao15453:20181020140305j:image
f:id:isao15453:20181020140302j:image

トイレは入口付近とバスルーム横の二カ所にあります。

f:id:isao15453:20181021105240j:plain

客室からの景色(海側:東)

太平洋と地平線。そして青空。真下にはゴルフコース。最高です!!

f:id:isao15453:20181020140824j:image
f:id:isao15453:20181020140820j:image

ベッドに寝転んで窓側を見ると青い海と青い空しか見えず、この景色がほんと最高でした。
f:id:isao15453:20181021111220j:image

ずっとこの景色を見ていたい気分でとても贅沢な時間^ ^

こちらはゴルフ場(トムワトソンゴルフコース)

f:id:isao15453:20181020141235j:image

ナイター設備があるので夜はゴルフコースがライトアップされます。

f:id:isao15453:20181020141412j:image
f:id:isao15453:20181020141418j:image

客室からの景色(北側)

手前側がトムワトソンゴルフコース。奥の方に見える林がフェニックスカントリークラブです。

f:id:isao15453:20181020141639j:image
f:id:isao15453:20181020141648j:image
真ん中に反射してるのは東側の窓。反射している窓に海が写ってます^ ^

ちなみに下の写真は客室からではなく、客室とは真反対の西側からの景色で、ホテルのエントランスとなります。

f:id:isao15453:20181020142631j:image

その他いろいろ(^^)

f:id:isao15453:20181021110315j:plain

テレビはリビングと寝室に1台ずつあります。その他は、普通かな^ ^

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのクラブラウンジ

f:id:isao15453:20181020152204j:image

プラチナエリートの特典で36階にあるラウンジもフリーアクセスが可能です。東京都内のホテルラウンジは混み合っている印象ですが、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのラウンジは平日だったこともあり混み合うこともなく、落ち着いた雰囲気でとてものんびりでした。

なので、下の写真のように人が映らない写真を撮ることができます。この時は朝7:00頃で早い時間だったんですけどね。

スタッフに確認すると平日はいつもこんな感じだそうです。

f:id:isao15453:20181020152332j:image
f:id:isao15453:20181020152325j:image
f:id:isao15453:20181020152338j:image
f:id:isao15453:20181020152321j:image
f:id:isao15453:20181020152330j:image
f:id:isao15453:20181020152335j:image
やはり、太平洋の地平線と青空の壮大なコラボレーションの景色が見えるのは最高です。1日中、このラウンジでブログ書いたり、本を読んだりして過ごせそうです^ ^

 

ラウンジサービス

下記のスケジュールでサービスを受けることができます。

 

  • 06:30~10:00 朝食(洋食ビュッフェ)
  • 10:00~17:00 ティータイム
  • 17:00~20:00 カクテルタイム
  • 20:00~22:00 バータイム

 

順番に紹介していきますね。

 

朝食(6:30〜10:00)

プラチナエリートは、ラウンジと1階レストランの2ヶ所で朝食を頂くことが可能で、ハシゴして両方利用することもできます。

ラウンジの朝食は、洋食ブュッフェとなり品数は1階レストランに比べると少ないですが、お腹を満たすには十分です。

ラウンジの朝食の良いところは、まず、空いていること。1階レストランについては後ほど紹介しますが、混んでいるし少し騒がしいですが、ラウンジは落ち着いてゆっくり朝食を頂けます。そして、ご覧下さい(下の写真)。ラウンジは何と言っても朝日と壮大な景色を見ながら食事ができます。

f:id:isao15453:20181021142036j:image

朝からとても贅沢気分です。f:id:isao15453:20181021142042j:image

メニューは、ザッと以下の写真のような感じです。写真にはありませんが、ソフトドリンクなども一通りあります。

f:id:isao15453:20181021193915j:plain

1階レストランは和洋食ブュッフェですので、色々なメニューを食べたい方は、1階レストランで食事をしてから、食後のコーヒーをラウンジで頂くというのもありかと思います。

ティータイム(10:00〜17:00)

ティータイムは、ソフトドリンクとチョコレートやデザート、フルーツなどが提供されます。

✳︎食べ物の提供は11:00から。

f:id:isao15453:20181021193324j:plain

ティータイムで提供される食事も種類は多い方だと思います。

f:id:isao15453:20181021142947j:imagef:id:isao15453:20181021142944j:image

写真を見ているだけでも贅沢な雰囲気ありますよね^ ^

カクテルタイム(17:00〜20:00)

カクテルタイムはアルコールとオードブルが提供されます。オードブルはいつも7〜8種類ほどが提供されてました。

アルコールを飲みながら、ゆっくり食事をするには十分な量です。お味も美味しかったですよ。初日は17:00頃から22:00までラウンジで過ごしました^ ^

f:id:isao15453:20181021143100j:image

滞在中の2日とも利用しましたが、メニューは日ごとに変わってました^ ^

f:id:isao15453:20181021192712j:plain

 

f:id:isao15453:20181022213144j:plain

バータイム(20:00〜22:00)

20:00からは、カクテルタイムで提供された食事とシャンパンがなくなります。アルコールはシャンパン以外はそのまま飲み放題。食事は写真のようなおつまみ系に変わります。

f:id:isao15453:20181021191817j:plain

 

如何でしたでしょうか?

ラウンジで1日過ごせちゃいますね。せっかくの宮崎なので宮崎観光もよいですが、ラウンジで1日過ごすという選択肢もありかと思います。

なんと言っても、空いていて騒がしくないし、景色が最高です!!

プラチナエリート対象者がシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートで無料利用できる施設

ラウンジについて詳しく説明しましたが、プラチナエリートの特典として利用できる施設がまだまだありますので、紹介していきたいと思います。

朝食(1Fパインテラス)

ラウンジの朝食以外に利用できるレストランがホテル1階にある『パインテラス』です。こちらは一般の宿泊客も利用されるので、朝食の時間はかなり混み合いますが、レストランが広いので、不快感はありません。

開店は6:00ですが、5:50くらいに行くと既に案内を開始していました。朝食の時間帯はレストランに入るのに少し並びますが案内がスムーズなのでそれほど待ち時間は無かったです。

f:id:isao15453:20181021143606j:image

f:id:isao15453:20181021210004j:image

ご覧のようにレストラン内はかなり広いので

混み合っていても、それほど圧迫感はありません。

f:id:isao15453:20181021210628j:plain

メニューは和食、洋食、デザートと、かなり豊富に取り揃えられています。

f:id:isao15453:20181021210707j:plain

f:id:isao15453:20181021210726j:plain

ソフトドリンクもたくさん種類があります。

f:id:isao15453:20181021210742j:plain

定番のオムレツ。焼き魚は炭火で炙って頂けます。

f:id:isao15453:20181021210754j:plain

レストラン内のレイアウト。 

f:id:isao15453:20181022213120j:plain

ごちそうさま^^ 

温泉(松泉宮)

f:id:isao15453:20181020210841j:image

ミネラル豊富な美人の湯「松泉宮」の「月読」・「新月」を滞在中いつでも利用可能です。

ホテルに隣接した、黒松林の中に佇む温泉施設「松泉宮」は、地下1000mの深さ、1千万年前の地層から湧き出てくる塩化物強塩温泉です。太古の化石成分が溶け出しミネラル豊富な美人の湯、疲労回復や冷え性、関節痛など様々な症状に効果があります。

温泉は1階ロビーから歩いて5分くらいの場所にあります。下の写真は温泉までの通路となっていて風情のある通路なので歩くのも苦じゃありません。真ん中のプールは通路から見える野外プールでラグジュアリーな雰囲気があります。

f:id:isao15453:20181021214512j:plain

下の写真は夜の通路。ライトアップされて夜の雰囲気もGoodです^ ^

f:id:isao15453:20181021214526j:plain

温泉の撮影は出来ないので、オフィシャルページ写真を貼らせて頂きました。こちらは「月読」の湯です。露天風呂と内風呂があります。

f:id:isao15453:20181021214717j:plain

タオルは無料で利用できるので、温泉へは手ぶらでOKです。

f:id:isao15453:20181021220828j:plain

フィトネスクラブ~「ジ・オーシャンクラブ」~

プラチナエリートは3階にあるフィットネスクラブも無料で利用することが可能です。

通常は下記の料金が必要となります。

・1回利用:2,000円

・1回プールのみ:1,300円

・1回ジムのみ:1.200円

・更衣室/バス/サウナ:500円

・1日料金:3,400円

✳︎上記は宿泊者の料金です。

f:id:isao15453:20181020210939j:image

マシンは一通りの設備が整ってます。ホテル内で運動するには十分です。

f:id:isao15453:20181021211127j:plain

今回、私はプールのみ利用しました。

プールを利用する場合、水泳帽の着用が義務づけられています。水泳帽がない場合は250円でレンタル可能です。

f:id:isao15453:20181021211653j:plain

ラウンジでたくさん食べているので、約1時間ほど泳いでカロリー消費(^^;;

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート宿泊まとめ

f:id:isao15453:20181021212358j:image

プラチナエリートのステータスをもらえて3回目の宿泊。過去2回は嫁が宿泊しているので、私自身がプラチナエリートで宿泊するのは初めてでした。ご紹介してきた通り、109mのコーナースイートにアップグレードとなり宿泊中はずっとテンションMAXで優越感もあり、最高な気分でした。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのコーナースイートは、なんと言っても景色が最高です。スイートは部屋が広い分、窓もたくさんあるので色々な角度から絶景を楽しめるのはとても良かったです。ラウンジも都会のラウンジのように混み合うことがないので落ち着いてゆっくり利用できるし、プールやジム、温泉もありで、ホテルを出ることなく1日過ごせると思います。

そうそう、ゴルフ場も目の前なので、ゴルフ好きの人がプラチナエリート持ちで泊まるとたまりませんね。私も今回そのたまらない体験をさせてもらいました。

 

ちなみに、嫁が過去2回プラチナエリートで宿泊していますが、そのうち1回スイート(ジュニアスイート)にアップグレードしてもらってます。

やっぱ、プラチナエリートのステータスは違いますな!!一度、体験してしまうと癖になってしまいますね。プラチナエリートの期限(2019年1月末)まで、たくさん宿泊予定があるので随時、報告していきたいと思います。

おそらくプラチナエリートの期限が切れたらすぐにプラチナチャレンジするだろうなぁ。

期間限定プラチナエリート。今後の私の宿泊予定

新プログラム統合でせっかく与えてもらったプラチナエリートのステータス。2019年1月末までの間は、国内、海外とも旅行の予定などがたくさんあるため、プラチナエリートの特典を存分に満喫したいと思います。

プラチナエリート期間の宿泊は以下となっています。随時、宿泊記をアップしていきますので、ご興味のある方はご覧頂ければと思います^ ^

※リッツカールトン東京のレベルは、やはり、別格です。なので割安ポイントで宿泊できる間(2019年1月末まで)に2回宿泊する予定です。 

プラチナエリートへのハードルは高い

SPG/マリオットで各ステータスに必要な年間宿泊数は以下のようになります。

 

  • シルバーエリート 10泊/年
  • ゴールドエリート 25泊/年
  • プラチナエリート 50泊/年

 

年間にこれだけの宿泊数を熟す必要があるのでゴールドエリート以上のステータスを獲得するのは簡単ではありません。

プラチナエリートに至っては、50泊/年なのでハードルはかなり高いですね(-_-;)

プラチナチャレンジでプラチナエリートを目指す

私はSPG/マリオットのプログラム統合時において、幸いにも期間限定(2019年1月末まで)でプラチナエリートのステータスを獲得できたのですが、他にもプラチナエリートになるための方法があります。

プラチナチャレンジはご存知でしょうか?プラチナチャレンジを簡単に説明すると、一定期間内(申込月+3ヶ月)に所定の宿泊数(16泊)を達成する事で、 プラチナエリートのステータスを獲得できるというものです。

最新(2018年8月以降版)のプラチナチャレンジの詳細な内容を下記にまとめまとめましたので、ご興味のある方はご覧ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

SPGアメックスカードは必需品

SPGアメックスカードに入会するとゴールドエリートのステータスを無条件で獲得することが可能です。さきほども記載したとおり、ゴールドエリートのステータスを獲得するには年間25泊以上する必要があるので、入会するだけでゴールドエリートのステータスが獲得できるSPGアメックスカードは非常に価値の高いクレジットカードと言えます。

ですが、プラチナエリートを目指す人にとっては、さきほど紹介したプラチナチャレンジに挑戦し条件をクリアしてしまえばプラチナエリートのステータスが獲得できる訳ですので、SPGアメックスカードを持つ意味は一見ないように思えます。

考え方次第と思いますが、私はプラチナエリートを目指す人やプラチナエリートのステータスを既に持っている人にとってもSPGアメックスカードは必需品だと考えます。

それは何故か・・・?

その答えは色々あるのですが、一番の理由は、SPGアメックスカードを持っているとSPG/マリオットのポイントがガンガン貯まるからです。

SPGアメックスカードは、クレジットカード100円利用するごとにSPG/マリオットのポイントが3ポイント貯まります。クレジット利用時のポイント還元率は実に3%となります。クレジット利用時のポイント還元率が3%のクレジットカードは、なかなかありません。

例を記載すると、

  • クレジットカード100万円利用で30,000ポイント
  • クレジットカード200万円利用で60,000ポイント
  • クレジットカード300万円利用で90,000ポイント

ご覧のようにポイント還元率3%ですとポイントは物凄い勢いで貯まっていきます。貯まったポイントは、下記一覧のポイント数で「無料宿泊」に利用できます。 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

また、ポイントと現金を組み合わせて割安で宿泊することも可能です。 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 $55 + 3,500p $50 + 2,500p $60 + 4,500p
2 $65 + 6,000p $60 + 5,000p $70 + 6,500p
3 $80 + 8,500p $70 + 7,500p $90 + 9,000p
4 $105 + 12,000p $90 + 10,000p $120 + 13,500p
5 $140 + 17,000p $120 + 16,000p $165 + 19,000p
6 $190 + 25,000p $165 + 22,000p $225 + 27,500p
7 $250 + 30,000p $225 + 27,500p $325 + 35,000p
8 $440 + 42,500p $325 + 35,000p $635 + 50,000p

ポイントが貯まるとホテルの無料宿泊や割引宿泊が可能ですので、ポイントの貯まりやすいSPGアメックスカードを持つメリットは多いにあると思います。

兎に角、日常生活で使うお金(携帯電話料金、スーパー・コンビニでの決済、飲み会の支払いなどなど)は出来る限りSPGアメックスカードに集約すれば、無意識の間にポイントが貯まって行きます。

貯まったポイントで無料宿泊してプラチナエリートの特典(客室アップグレード、ラウンジアクセス、無料朝食など)を受けられるのは、贅沢極まりないです。今回、私が紹介している「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の宿泊もポイントを利用してで最もリーズナブルな客室を予約し、プラチナエリートの特典でコーナースイートにアップグレードされました。

もちろん、SPGアメックスカードの入会で無条件で獲得できるゴールドエリートでも、スイートのアップグレードはありませんが、客室のアップグレードの特典は受けられますので、ゴールドエリートのままでもベネフィットはたくさんあります。

また、SPGアメックスカードは、契約更新ごと(毎年)に50,000ポイント分の無料宿泊特典があるので、正直、これだけで年会費分(31,000円+税)の元を取ることがでる最強クレジットカードです。

他にもここでは説明しきれない特典が多数ありますので、詳しくは下記の記事でご確認ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

SPGアメックスはお友達紹介プログラムで審査優遇とボーナスポイント

SPGアメックスカードに新規入会をご検討の方は、既存のアメックスメンバーからの紹介での新規入会が最もお得です。

 

既存のアメックスメンバーからの紹介の場合は、 

≪3ヶ月以内に10万円利用で39,000ポイント≫

がもらえます。 

対象カード 新規入会ポイント

スターウッド プリファード ゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード

 

合計39,000ボーナススターポイント 

・ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で36,000ボーナススターポイント

・10万円ご利用で通常ポイント3,000スターポイント

そして、さらに紹介からの申し込みの場合は、審査が優遇されるという特典もありますので、より有利にSPGアメックスカードを発行することが可能です。

下の画像は紹介者に対してアメックスから届いたメールに記載されています。

f:id:isao15453:20180824072653j:image

ご覧のように審査を優遇するとはっきり記載されています^^

 

既存のアメックスメンバーからの紹介なしで、新規入会した場合の特典は《3ヶ月以内に10万円利用で30,000スターポイント》となりますのでご注意ください。 

 

お知り合いにアメックスメンバーの方がおられない場合は、わたくしからのお友達紹介をご利用頂き新規入会して頂けます。下記の「お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら」をクリックして頂き、ご利用して頂けると幸いです。

 

↓↓↓↓↓↓>>>>>クリック<<<<<↓↓↓↓↓↓

お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら

 

お名前とメールアドレスを登録して頂ければ、私から下記のようなメールが届きます。メール内の紹介用URLをクリックして頂くと、新規入会ページへ遷移致します。

f:id:isao15453:20181014142801j:plain

ご登録頂いたメールアドレスにメールが届かない場合

ご登録頂いたメールアドレスにわたくしからの返信メール(お友達紹介用URL)が届かない場合は、登録して頂いたメールに不備があるか、迷惑メールとして処理されている可能性がございます。わたくしからの返信メールがすぐに届かない場合は、お手数でございますが下記①~③いずれかの対応をお願い致します。
 ①再登録して頂く
 ②下記Gmailからの受信を許可して頂く
 ③下記のメールアドレスまで直接ご連絡頂く
  メールアドレス:isao15453@gmail.com

③の対応をして頂いた場合は、わたくしの別のメールアドレスからお友達紹介用URLを記載したメールを別途送信させて頂きます。この場合、メール送信まで少しお時間(数時間)を頂く場合がございますのでご了承ください。

また、お友達紹介キャンペーンに関しまして、ご不明な点がございましたら、上記メールアドレスにまでお問い合わせください。  

 

SPGアメックスカードの入会についてさらに詳しい情報は下記の記事にまとめておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

さらにステータスの高いアメックスプラチナカードについては、下記の記事を参照して下さい。

happylife-happymile.hateblo.jp

 

番外編①〜フェニックスカントリークラブ

今回の宮崎旅行の最大の目的。憧れのフェニックスカントリークラブでラウンドしました。プレーフィーは2サムだったこともあり3万円オーバー(平日料金)。

いやぁーお高いですなぁ〜。でも、憧れのコースだったので、この料金を支払っても十分満足です。

f:id:isao15453:20181021220550j:plain

楽しかったぁ〜。

f:id:isao15453:20181021220605j:plain

フェニックスカントリーで最もアゴが高いバンカー。このバンカーには打ち込みませんでしたが、後続の組みが来ていなかったのでキャディーさんに打たせてもらいました。

f:id:isao15453:20181022202458j:image

アゴの高いバンカーはいつもプレーしているゴルフコースで慣れているので、ピン側1mにナイスショットでした。

スコアはまぁまぁです。グリーンが思ったほど早くなくイメージ(早い)だけが先行してパターのタッチが合わなかった^^;

f:id:isao15453:20181022204111j:image

 

番外編③〜宮崎観光

2日は早朝ゴルフと宮崎観光。

まずは、早朝スルーで青島ゴルフ倶楽部でラウンド。以前は女子プロトーナメントが開催されていたゴルフ場です。なかなかトリッキーで苦戦しました。

料金は約5,000円。前日プレーしたフェニックスカントリーの6分の1の料金です。

f:id:isao15453:20181021220632j:plain

 午前中にプレーが終了し、次は日南で1番人気(ネット調べ)の『大海』で海鮮丼と伊勢海老がまるまる1尾はいった味噌汁のセットを頂きました。

f:id:isao15453:20181021221524j:plain

昼食のあとは、鵜戸神社を観光。約20年振りの訪問です。実は嫁が宮崎出身。20年前に嫁の両親に結婚の挨拶のために宮崎に来た際に観光しました。懐かしい~ 

f:id:isao15453:20181021220650j:plain

 その後は、モアイ像を見て・・・

f:id:isao15453:20181022213310j:plain

最後は青島神社を訪れました。

f:id:isao15453:20181021220703j:plain

宮崎2日目はなかなか充実した1日でした。

ホテルに戻ってからは、温泉に入って、ラウンジで飲んで食って、飲んで食って(笑)贅沢三昧です。 

f:id:isao15453:20181022214940j:image

番外編④〜やっぱりチキン南蛮(おぐら)

最終日(3日目)は、レイトチェックアウトで16:00までホテルでゆっくりしましたが、ランチだけは宮崎市内にチキン南蛮を食べに出かけました。

嫁の実家が宮崎なので、宮崎に来た際は毎回「おぐら」(チェーン店)にチキン南蛮を食べに行きます。ここのチキン南蛮はほんと美味しい!なので、友人にも味わってもらいたかったので「おぐら」に行きました。

今回は「おぐら」の本店を訪問。本店は開業当時のままの建物で、他の店舗と違いこじんまりとしていて雰囲気のあるお店でした。

f:id:isao15453:20181021143441j:image

一見、重たそうに見えますが、とても柔らかく、タルタルソースも独特でペロっと食べられます。
f:id:isao15453:20181021143434j:image

他の店舗は、もっとたくさんメニューがあるのですが、本店は下記のメニューのみです。
f:id:isao15453:20181021143437j:image

以上、番外編の宮崎観光でした。

ANA VISAワイドゴールドカードの新規入会キャンペーンで最大22,000マイル超をもらう!最もお得なポイントサイトはココ!〜マイ友プログラム(紹介番号あり)〜⦅最新2018年10月版⦆

f:id:isao15453:20170603075846j:plain

この記事では、私もメインカードとして使用している「ANA VISAワイドゴールドカード」を最も効率よく新規発行する方法を紹介します。

ANAマイルを最も効率よく貯める「ANA VISA ワイドゴールドカード

ANAが発行するゴールドカードも、色々なカード会社が発行してるカードがありすが、その中でも、最もオススメなのが、三井住友VISAが発行するANA VISAワイドゴールドカードです。その他のJCBや、アメックス、ダイナース等が発行するゴールドカードがありますが、日常生活の中でANAマイルを最も効率よく貯めることができるカードとしては「ANA VISA ワイドゴールドカード」をオススメします。

三井住友VISAが発行する「ANA VISAワイドゴールド」は、年会費の割引や、ショッピング等で取得できるポイントを倍にする方法があるなど、お得に、効率よくマイルを貯めることができるカードです。「ANA VISAワイドゴールド」の詳細は下記のリンクで紹介していますので、ご確認下さい。

三井住友VISAワイドゴールドカードのANAマイル還元率は1.65%~2%超。陸マイラー最強クレジットカードの特典/メリットを総まとめ

《上記記事の概要》

  • カード決済でどのくらいマイルを貯められるのか?
  • ANA VISAワイドゴールドカードのマイル還元率は1.65%~2%超
  • 年会費を安くする方法の紹介
  • ANA VISAワイドゴールドカードの特典総まとめ 

 

ANA VISAワイドゴールドカードを効率よく発行する方法

ANA VISAワイドゴールドカードを発行する際に、ANAのオフィシャルサイトから直接、新規発行手続きをすると、損をしてしまうので注意しましょう!

3つの手続き加える事で、効率よく新規発行できるので、是非、上手く利用して下さい。

マイ友プログラム」を利用する。

簡単な事前登録だけで、+2,000マイルもらえます。

②新規入会キャンペーンを利用する

2018年10月現在の新規入会キャンペーンは、ANAがキャンペーンを実施しています。

ゴールドカードの新規入会で最大20,000p獲得できます。

③ポイントサイトを利用する

残念ながら、2018年10月現在は、ポイントサイトの案件はございません。 

 

それぞれの手続き方法については、このあと詳しく説明していきますので、是非、最後までお読みください。

ANA VISAワイドゴールドカードの最新の新規入会キャンペーンは、マイ友プログラム(紹介番号記載)

f:id:isao15453:20170319105818p:plain

まずは、『マイ友プログラム』をご紹介します。

マイ友プログラム」は既存のANAマイレージ会員からの紹介でANAカードに新規入会すると下記のボーナスマイルがもらえるANAのキャンペーンの1つです。ゴールドカードの場合ですと、2,000マイルのボーナスマイルが貰えます。

f:id:isao15453:20170717175822j:plain

『マイ友プログラム』の手続きをせずに、ANAサイトから新規発行すると2,000マイル分を損してしまいますので、もったいないですね。簡単な手続きですので「マイ友プログラム」を是非ご利用ください。

2,000マイルをショッピングで貯めるためには、200,000円分の買い物をしないといけないのでバカにできませんね。※ANA VISAワイドゴールドカードの場合

 手順についての注意
必ず「マイ友プログラム」に登録後、「ANA VISA ワイドゴールドカード」の発行申し込みをして下さい。カード発行申請後に「マイ友プログラム」に申し込んだ場合はボーナスマイルがもらえませんのでご注意下さい。

マイ友プログラムの紹介番号と登録ページ

マイ友プログラムの登録は、とっても簡単で3分もあれば作業は完了します。

登録内容は、紹介者の氏名と紹介者番号を入力して、あたなの氏名と生年月日を登録するだけです。

私の紹介者名と紹介者番号は以下となります。

紹介者姓:ヒライ

紹介者名:イサオ

紹介者番号:00009353

下記のリンクをクリックして、マイ友プログラム登録ページから必要事項を入力してください。 

 

↓↓>>>>クリック<<<<↓↓

マイ友プログラム登録ページはこちら

↑↑>>>>クリック<<<<↑↑

 

マイ友プログラム登録マニュアル

f:id:isao15453:20180211092003j:plain

 f:id:isao15453:20180211092026j:plain

↓↓>>>>クリック<<<<↓↓

マイ友プログラム登録ページはこちら

↑↑>>>>クリック<<<<↑↑

 

これで、新規発行手続きをすれば「マイ友プログラム」参加による2,000マイルを獲得することができます。

 

マイ友プラグラムのオフィシャルサイト

マイ友プログラム」の詳細は下記のリンクで確認をお願いします。

注意事項等をよくご覧の上でお申し込みをお願いします。

happylife-happymile.hateblo.jp

 

新規入会キャンペーンを利用する

現在、ANA VISAゴールドカードに関連する新規入会キャンペーンは、ANAが実施している下記のキャンペーンとなります。

 

ANAゴールド新規キャンペーン~最大20,000マイル~ 

↑↑↑クリックでオフィシャルページへ↑↑↑

 

①通常入会マイル2,000マイル

②ANAゴールドカードに新規入会/切り替えで2,000マイル

③カードご利用30万円で15,000マイル 

④ANAファミリーマイルに登録して1,000マイル

 

ポイントサイトを利用する

最も効率の良い新規入会手順は、マイ友プログラムに登録 ⇒ ポイントサイト経由で新規入会 ⇒ キャンペーンにエントリーという方法ですが、現在、ANA VISAカードはポイントサイトでの案件取り扱いがありません。

ポイントサイトでの取り扱いが確認できましたら、この記事内でも紹介いたします。

ポイントサイトでの取り扱い状況は、「どこ得?」というサイトで確認が可能ですので、こちらで取り扱い状況の確認をお願いします。

ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

上記にアクセスして検索条件に「ANA VISA」と入力してご確認をお願いします。

まとめ

以上が、お得に三井住友VISAワイドゴールドカードを発行する方法の説明となります。

まとめますと、最も効率よく新規発行するには、下記の①~③全てを利用することになります。

ここで重要なのは、「マイ友プログラム」事前登録するという事です。新規入会キャンペーンは、お手元にカードが届いてからの手続きですすが、「マイ友プログラム」は新規入会手続き前に登録しておく必要があります。登録が漏れれると2,000ポイントを取り損ねてしまいますので注意して下さい。

 

マイ友プログラムに登録する

  ⇒2,000マイル 

②ANAのキャンペーンを利用する(エントリー制)

  ⇒最大20,000マイル(内2,000マイルは通常入会特典)

③ポイントサイトを利用する

  ⇒現在案件なし

①~③を合計すると22,000マイルです。

 

三井住友VISAではApple pay新規設定でコンビニ半額を実施中(先着10万名様)

三井住友VISAでは、Apple Payへ新規設定のうえキャンペーンにエントリーのうえ、コンビニでApple PayのiDを利用すると、利用金額の半額がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中です。iphoneユーザーの方は、新規入会されたカードを最短1分で設定できますので、この機会にぜひ、お得にApple Payを始めましょう!

《特典内容》

 対象のコンビニエンスストアでApple PayのiDを利用すると半額キャッシュバック

 ※キャッシュバックの上限は5,000円まで

《対象のコンビニ》

  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート/サークルK・サンクス/ファミマ!!/TOMONY
  • ローソン/ローソンストア100/ナチュラルローソン

《対象期間》

  • キャンペーンエントリー期間:~2019年1月31日まで

  

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

プリンスポイントの宿泊券で大磯プリンスホテルに宿泊~プリンスポイントは利用価値の高いポイントプログラム~【2018年版】

プリンスポイントを利用して『大磯プリンスホテル』に無料宿泊してきました。今回も嫁(と嫁の姉)が無料宿泊を体験してきました。

 

最近の宿泊はこちら⇓⇓

大阪マリオット都ホテルの宿泊記(2018年9月)

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都の宿泊記(2018年9月)

こちらはSPG/マリオットの宿泊記ですが、どちらも嫁が宿泊しています。

ホテルの宿泊体験はすっかり嫁の役割となってしまいました。

我が家の事情

我が家は愛犬(チワワ)を飼っており、高齢で持病があるため二人揃って外泊することができないので、外泊が絡む外出はどちらかが愛犬とお留守番することになっています。

f:id:isao15453:20181014202022j:image

では、本題に入ります^^

ポイントサイトのポイントをプリンポイントに交換 

今回は、ポイントサイトのちょびリッチで貯めていたポイントをプリンスポイントに交換して無料宿泊券をゲットしました。

ちょびリッチからプリンスポイントへは以下のようなルートで交換しました。

f:id:isao15453:20180924180949j:plain

①ちょびリッチ➡②Gポイント➡③JRキューポ➡④永久不滅ポイント➡⑤プリンスポイントと5回の交換作業が必要ですが、手続きは非常に簡単です。①➡⑤に掛かった日数も約10日と比較的短期間で交換可能です。

ピンク色の「JQ CARD セゾン」というクレジットカードは、あまり知られていないクレジットカードですが、プリンスポイントへの交換にたいへん重宝するカードです。

JQ CARD セゾンを活用したプリンスポイントへの交換については、以下の記事でまとめておりますので、ご興味のある方はご確認ください。

 

ポイントサイトのポイントをプリンスポイントに交換する方法

 

プリンスポイントを無料宿泊券に交換手続き

プリンスポイントでプリンス系ホテルに無料宿泊するためには、『SEIBU PRINCE CLUB』のメンバーサイトから手続きする必要があります。

f:id:isao15453:20180924183114j:plain

ここでは詳しくは記載致しませんが、上記が『SEIBU PRINCE CLUB』メンバーサイトのトップページのメニューです。こちらの【プリンスポイント】のメニューから【交換商品一覧】➡【宿泊券】と進めば下記のような交換申請画面にすすめます。

f:id:isao15453:20180924183403j:plain

ご覧のように【大磯プリンスホテル】の宿泊券は、プリンスポイント7,000pが必要です。と言いますかたった7,000pで無料宿泊が可能です。『たった7,000p』の意味はこの記事を最後までご覧頂けると納得して頂けると思います。

プリンスポイントを無料宿泊券交換するために必要な日数

無料宿泊券は、申請後に郵送で送られて来るのですが、掛かった日数はちょーど1週間でした。(8/17申請➡8/23受領)

f:id:isao15453:20180924185612j:plain

プリンスポイント交換商品として上記のような書類が郵送されてきますので、こちらをチェックインの際にフロントで呈示すれば無料で宿泊することが可能です。

ちなみに、こちらはの有効期限は発行は半年間となっておりますのでご注意下さい。

大磯プリンスホテルに宿泊するための料金

プリンスポイント7,000pで宿泊できる客室はオーシャンビューのツインルームで2名が利用できます。同じ時期に宿泊すると1人あたり約8,000円ですので、2名ですと16,000円ですね。ですので、この場合だとプリンスポイント1pの価値は約2.2円となります。(16,000円÷7,000p)

f:id:isao15453:20180924203921j:plain

上記は、オーシャンビューツインルーム/朝食なしプラン1名あたりの料金です。

予約は電話で行います。

届いた宿泊券に予約用の電話番号が記入されています そちらから希望を伝えるだけです。

 

ここから先の記事は、嫁によるレポートとなります^^

大磯プリンスホテルへのアクセス

住所:〒259-0193 神奈川県中郡大磯町国府本郷546
TEL:0463-61-1111

f:id:isao15453:20181003211533j:plain

今回は電車を利用してホテルに向かいました。最寄りの大磯駅からホテルまでは遠いので路線バスを利用しました。

夏場(大磯ロングビーチが営業している間)はホテル直行のバスが一時間に3本ほどありますが、通常は一時間に1本ほどです。

f:id:isao15453:20181003213122j:plain

「大磯プリンスホテル行」きのバス以外でも大磯プリンスホテル入口から向かうことが出来ます。

f:id:isao15453:20181003213532j:plain

大磯プリンスホテルへのチェックイン

f:id:isao15453:20181003213550j:plain

チックインは15時なので、その時間に合わせてホテルに到着。

バスは正面に着けてくれますので出来る事なら大磯プリンスホテル行のバスがある時間に合わせることをお勧めします。

建物はホテル棟とスパ棟があります。

f:id:isao15453:20181003214114j:plain

フロントはスパ棟1階にあります。

2017年7月15日に出来たスパ棟は、とてもきれいです。

f:id:isao15453:20181003214522j:plain

受付時にプリンスカードを提示しました。このカードでレイトチェックアウトの特典を受けることができます。

f:id:isao15453:20181014195304p:plain

本来、レイトチェックアウトは14時までですが、翌日が土曜日で満室なので13時でお願いしますと言われました。

スパを満喫したかったので13時まででもレイトチェックアウトはありがたいです 。

ちなみにスパは入湯税、1人150円が掛かります。

大磯プリンスホテルの周辺施設

f:id:isao15453:20180924204124j:plain

大磯プリンスホテルは大磯ロングビーチで有名ですが、プールの時期でなくても周辺に色んなアクティビティがあります。

ホテル行のバスの中にはゴルフバックを抱えた男性もいらっしゃいました。

あいにくのお天気でしたが、翌日はテニスコートで楽しむ若者たちが見えました。

本当は朝散歩に出て周辺も取材したいと思っていたのですが、残念ならが雨模様で断念しました。

私たちはスパだけで十分満足、と言うよりどちらかと言うと時間が足りない!という感じでしたので、夏のプール時期でなくても、ホテル・周辺施設で十分楽しむことが出来ます。

大磯プリンスホテルの客室

f:id:isao15453:20181005172637j:plain

客室へは、フロントのあるスパ棟から隣のホテル棟に移動します。

f:id:isao15453:20181005172751j:plain

ホテル棟に入ると直ぐにエレベーターがあります。

今回のお部屋は7階です。

※客室は3階~10階まで

※3階にはスパへの連絡通路があります

f:id:isao15453:20181005173039j:plain

入口。右にクローゼット・洗面台 左に独立型トイレとお風呂

f:id:isao15453:20181005173229j:plain

f:id:isao15453:20181005173259j:plain

今回のプリンスポイント7,000pの宿泊プランは、オーシャンビュー指定です。部屋は広くエキストラベッド用の大きなソファーもありゆったり過ごせる広さのある間取りです。

ベットには部屋着が置いてありますので、これを着てスパを行き来しました。とても楽ちん^^

f:id:isao15453:20181005174043j:plain

クローゼットと洗面台は簡素です。

f:id:isao15453:20181005174108j:plain

お風呂はスパで済ませるので使うことは無かったです。トイレは独立型。

f:id:isao15453:20181005174136j:plain

アメニティはいたってシンプル。

f:id:isao15453:20181005174202j:plain

冷蔵庫は空です。無料のコーヒーと緑茶があります。ポットの説明には洗面所の水を使って下さいと書いてありました。ちなみに、エレベーター横に自販機(通常価格)と氷があります。

f:id:isao15453:20181005174220j:plain

恐らくエキストラベッド。大きめのソファーでのんびり出来ます。

f:id:isao15453:20181005174245j:plain

窓の横にもゆったり座れる椅子があります。

f:id:isao15453:20181005175123j:plain

バルコニーからは大磯ロングビーチが見えます。大磯ロングビーチの入場は別料金ですがプールが営業してる時期に来るのも楽しいだろうな~。

f:id:isao15453:20181005175141j:plain

波のプールが見えます。奥はテニスコートです。

直ぐ横に見えるのがスパにあるインフィニティプールです。私達の部屋から丸見えなので気になる人もいるのかも・・・

大磯プリンスホテルの館内の紹介

f:id:isao15453:20181005181948j:plain

ホテル棟の1階です。

f:id:isao15453:20181005182247j:plain

売店でお土産も買えます。静岡のお土産が多かった・・・・

売店には飲み物やアイスもありますので、少し歩くコンビニが面倒な時は十分事足りると思います。

f:id:isao15453:20181005182334j:plain

ゆっくり出来るソファーもあります。

f:id:isao15453:20181005182413j:plain

ホテル棟とスパ棟の間に喫煙場所があります。ここからもプールに出れるのかしら?

f:id:isao15453:20181005183642j:plain

スパ棟1階 フロント横にバーがあります。

f:id:isao15453:20181005183749j:plain

外から見たスパ棟1階 バー越しのフロントです。

f:id:isao15453:20181005183834j:plain

スパ棟越しのホテル棟です。

f:id:isao15453:20181005184015j:plain

ホテル棟3階にフィットネス的なスペースがあります。

2部屋を潰して設置した感じです。隣にルームランナー2台設置された部屋があります。

ホテル内はこんな感じ^^

今回はレストランを利用しませんでしたので、レポートが無くてすいません^^;

大磯プリンスホテルで利用できる施設~THERMAL SPA S.WAVE~

ホテル棟の3階から連絡通路を使ってスパ棟へ向かいます。エレベーターを降りたら直ぐ右です。

スパ棟の受付です。

f:id:isao15453:20181005184820j:plain

こちらへカードキーを提示すると、スパ利用か温泉利用かを聞かれます。

スパの場合はこちらでクリアバックとガウンを受け取ります。

入口でバスタオルとフェイスタオル取り、履物を脱いでロッカーに預けて進みロッカールームへ

ロッカールーム

入口から入って男性ロッカールーム・エレベーター・女子ロッカー

奥にタオルの山が見えます

f:id:isao15453:20181005190015j:plain

出来て1年ほどなので、とてもキレイです。

f:id:isao15453:20181005185948j:plain

ロッカー入口。こちらが温泉入り口にもなります。

f:id:isao15453:20181005190309j:plain

ちなみに大磯温泉は大浴場と半露天風呂があり、洗い場も広くゆったり入浴ができます。だた、パウダールームが狭くお風呂は混んでいなくてもドライヤー待ちをしました。 

f:id:isao15453:20181005194248j:plain

これは↑↑、4階のバーでもらいました。

ロッカールーム。朝早く誰も居なかったので撮らせてもらいました。

f:id:isao15453:20181006183725j:plain

温泉

上の写真は公式ページです。こんな温泉です。

f:id:isao15453:20181008204917j:plain

SPAエリア(4階)

4階のレイアウト。

f:id:isao15453:20181006183839j:plain

先ずはプールへ行きましょう。

f:id:isao15453:20181006184401j:plain

残念な天候ですが、プールと海が一体化 解放感抜群のプールです。

小雨が降る中、首まで浸かっていないと寒かった~。ここは一年中営業の温水プール。もう少し温度上げてほしかった~

ちなみに翌日の方が水温高かった気がします。

f:id:isao15453:20181006185512j:plain

海の色と空の色次第で凄くいい写真になりそうなのですが、どんより~

でも、プールのふちが無いと海と繋がって見えてナイスビュー!!

f:id:isao15453:20181006185911j:plain

ホテル棟がすぐ横です 部屋からもプールが丸見えだったよね。

これが3階受付で受け取るガウンとクリアバックです。

f:id:isao15453:20181006190632j:plain

こちらに手荷物も入れて館内を移動します。サウナや岩盤浴に入るときは棚があるのでそちらに置きます。

ジャグジー

ジャグジーへ移動。プールは少し冷えるのでジャグジーが気持ちよい。

f:id:isao15453:20181006191345j:plain

ジャグジーは2つありますが、時間帯によっては1つに4人入ったりするので少し窮屈です。カップルが仲良く入ってくるので微妙な空気になります。

サマーテラスとフジテラス

ジャグジー横にはサマーテラスとフジテラスがあります。

f:id:isao15453:20181006191700j:plain

翌日はそれなりに太陽も見え隠れしたのでこちらで横になっているのはとても気持ちよかったです。

フジテラスはその名の通り富士山が眺められるテラスになります。

f:id:isao15453:20181006193715j:plain

残念ながら富士山は一度も顔を出してくれませんでしたが・・・

お天気次第でこの景色!(オフィシャルページより)

f:id:isao15453:20181008204739j:plain

良い季節に良い天気でのんびりしてみたかった~

f:id:isao15453:20181006194339j:plain

夜のプール。画質が悪くてすいません><

f:id:isao15453:20181006194453j:plain

6:00AM~12:00MID なので時期によってはサンライズ・サンセットが楽しめそう。

夜は雰囲気がいいですね。

夜のジャグジー

f:id:isao15453:20181006201237j:plain

ファイヤープレイス

私が見たときは違いましたが、炎の揺らぎを見てリラックスする場所の様です。

f:id:isao15453:20181006201638j:plain

室内からも外を眺めならゆったり出来る場所があります。寒い時期はこちらに限りますね。

f:id:isao15453:20181006201729j:plain

SAUNA フィンランドサウナ

普通に熱いサウナです

f:id:isao15453:20181006201813j:plain

SNOW アイスルーム

サウナで火照った体を冷まします。見た目凄く寒そうだけど気持ちよくて長居してしまいました。

f:id:isao15453:20181006201851j:plain

HEALING テビダリウム

とってもいい香りがします

入った感じ特に熱くないのですが、暫くするといい感じに汗が出てきます。

f:id:isao15453:20181006201918j:plain

 

STONE 岩盤浴室

ここでは、タオルを引いてまったりしました。いい汗出ます。

f:id:isao15453:20181006201949j:plain

PANORAMA パノラミックサウナ

お天気の良い昼間ならキレイな海。富士山を眺めならがサウナを楽しむことができます。

f:id:isao15453:20181006202018j:plain

 

大磯プリンスホテル7,000ポイント優待宿泊のまとめ 

今回はお天気に恵まれず少し残念でしたが、部屋での時間ものんびり出来て、眺めも良いし、いつもなかなか寝付けないのですが爆睡しました。

スパも温泉も最高です 時間が足りません!

次回は2泊したいと思いました。時間を気にせずプールやサウナなどを満喫したかったです。

お天気が良ければゴルフもいいなぁ~ 散歩も行きたいな~ 2泊じゃ足りないかも!プリンスポイント7,000pで2名宿泊できるのはとてもお得だと実感しました^^

大磯プリンスホテルファンになりました^^

 

余談ですが、翌朝水着美女を撮影するイベントで盛り上がっていました。(下写真)

f:id:isao15453:20181006202044j:plain

大磯プリンスホテルは、また宿泊したいホテル上位にランクインです!

happylife-happymile.hateblo.jp

SPG/マリオットの最新プラチナチャレンジ2018年8月以降版~達成条件/期間/SPGアメックス/ポイント利用などを詳しく解説

SPG/マリオットの新プラチナチャレンジ

2018年9月30日、SPG/マリオットのカスターマーセンターにプラチナチャレンジについて確認しましたので、その内容を記載致します。

 

まずは、今回、私がカスタマーセンター問い合わせをして確認した事をざっと記載します。

  • プラチナチャレンジの期間は、申し込み月+3カ月
  • プラチナチャレンジを達成するための宿泊数は16泊
  • プラチナチャレンジを達成して得られるステータスは『プラチナエリート
  • プラチナチャレンジ達成後の『プラチナエリート』のステータスは、達成日から1年間+次の1月31日まで
  • プラチナチャレンジはステータスのない一般会員でも参加が可能 
  • 現在実施しているプラチナチャレンジは2021年12月31日までに1人1回のみ参加きる
  • プラチナチャレンジの宿泊は、現金支払による宿泊が対象(ポイント宿泊は対象外)

WEBでプラチナチャレンジを検索すると、さまざまは情報が飛び交っており何が真実なのかわからない部分もありました。これまではSPG/マリオット内部でも情報が錯乱しているようでしたが ようやく真相が見えて来たように思います。ただ、まだ一部は確認中の回答もありました。

では、一つずつ解説して行きたいと思います。

プラチナチャレンジとは

f:id:isao15453:20181004214231j:plain

プラチナチャレンジとは、決められた期間内に決められた宿泊数をクリアすることで、『プラチナエリート』のステータスを得ることができるチャレンジのことを言います。

参考までに、通常、各ステータスランクを得るために必要な宿泊数を記載しておきます。

・シルバーエリート:10泊/1年

ゴールドエリート:25泊/1年

プラチナエリート:50泊/1年

・プラチナプレミアエリート:75泊/1年

このように『プラチナエリート』になるためには1年間に50泊する必要があるので、容易にクリアできるものでないことはご理解頂けると思います。

ゴールドステータスとプラチナステータスの特典の違い

ゴールードステータスプラチナステータスの主な違いをまとめました。 

  ゴールドエリート プラチナエリート
客室アップグレード
スイート含まない
スイート含む
ラウンジへのアクセス
レイトチェックアウト
14:00まで
16:00まで
ボーナスポイント
25%追加
75%追加

他にも 違いはありますが、大きな差は上記となります。

上記の中でも特に

  • 客室のアップグレードにスイートルームが含まれるかどうか?
  • ラウンジへアクセスがあるかどうか?

この2点の差は大きいですよね。

これらの特典の差を埋めるには、言うまでもありませんが『プラチナエリート』になるしかありませんが、それにはさきほども解説したとおり50泊/年をする必要があります。

しかし、プラチナチャレンジを実施すれば期間は短くなります少ない宿泊数で『プラチナエリート』になることができます。

プラチナチャレンジを達成するための宿泊数と期間

プラチナチャレンジを達成するためには、『3ヶ月間』で『16泊』を達成する必要があります。これを達成すると晴れて『プラチナエリート』のステータスを得ることができます。繰り返しになりますが、通常、『プラチナエリート』になるためには50泊/年する必要があります。期間は1年と長いですが50泊達成するのはかなり難しいですね。3ヶ月で16泊も簡単ではありませんが、コストが約3分の1で済むは大きいのではないでしょうか? 

プラチナチャレンジの期間

プラチナチャレンジ期間についてもう少し詳しく記載しておきます。さきほど期間は3ヶ月と説明しましたが、この3ヶ月は、月初(1日)~月末を1ヶ月として3ヶ月となります。そして必ず月初~月末の3ヶ月がチャレンジ期間として与えられます。

例えば、9月10日にプラチナチャレンジをスタートした場合、月初~月末を1ヶ月とした場合、9月はすでの月初は過ぎているので、3ヶ月の計算は①10月1日~10月31日、②11月1~11月30日、③12月1日~12月31日となります。こ①〜③の3ヶ月がチャレンジ期間として保証されます。そしてこの例ですとプラチナチャレンジは9月10日から開始されているので、9月10日~9月30日もチャレンジ期間です。よって9月10日からプラチナチャレンジを開始した場合のチャレンジ期間は、9月10日~12月31日となります。

一方で、もし、9月30日からチャレンジを開始した場合は、9月30日~12月31日がチャレンジ期間となるので、先ほどの例と比べるとチャレンジ期間がかなり短くなってしまいます。プラチナチャレンジを開始する日はできる限り月初めから開始する方が期間的にはお得となりますので頭に入れておきましょう!

ただし、各月の1日にチャレンジを開始した場合のチャレンジ期間は、10月1日~12月31日となるので、プラチナチャレンジの期間を最大にするためには月初め2日以降に手続きされるとよいと思います。(10月2日〜1月31日)

※プラチナチェレンジを申し込みされる際は、念のため、チャレンジ期間を確認して下さいね

プラチナチャレンジの宿泊日数

プラチナチャレンジでは3ヶ月間で16泊する必要がありますが、1ヶ月を5週間とした場合、3ヶ月は【5週間×3カ月=15週】ですので計算上は最低でも1週間に1泊はする必要があります。やはりプラチナチャレンジを達成するのは簡単ではありませんね。そこでプラチナチェレンジを達成するための秘策を紹介しておきます。 

プラチナチャレンジを達成するための秘策

ここに記載する秘策はあくまでもご参考です。こんな方法もあるという事を記載しておきますので参考にして下さい。

これは究極の方法となりますが、1回で16泊をクリアするために、16連泊の予約を入れます。そして、宿泊1日目のチェックインと宿泊最終日のチェックアウトだけをすれば、16泊したことになりプラチナチャレンジ達成となります。つまり、チェックインとチェックアウトさえすれば、実際にそのホテルに泊まってなくても宿泊日数としてカウントされますので、これでも16泊したことになります。もちろん、この16日の間は自由にホテルを利用できるので、16泊するもよし、週末だけ泊まるもよしです。

オススメのホテル

以下のホテルは、時期にもよりますが1泊1万円以下で宿泊できるホテルです。

  • フォーポイントバイシェラトン函館
  • 琵琶湖マリオット・ホテル
  • 伊豆マリオットホテル修善寺 

下記は、フォーポイントバイシェラトン函館に11/1チェックイン~11/17チェックアウトで16泊連続で宿泊した場合の料金となります。

f:id:isao15453:20181004202813j:image

トータルの出費は約14万円ですね。

この金額が高いと考えるか?安いと考えるか?はひとそれぞれだと思いますが、効率良くプラチナチャレンジを達成できることは事実です。

検討してみては如何でしょうか? 

プラチナチャレンジを達成して与えられるステータスは『プラチナエリート』

プラチナチャレンジを達成して与えられるステータスは、『プラチナエリート』となります。ネット上では、『プラチナプレミアエリート』のステータスが与えられると記載されている情報もありますが、私がコールセンターに確認した際ははっきりと『プラチナエリート』になると回答されたので間違いないと思います。

 

プラチナチャレンジ達成で与えられるステータスは『プラチナエリート』

 

プラチナチャレンジ達成後の『プラチナエリート』のステータスは、達成日から1年間と1月31日まで

プラチナチャレンジ達成後に得られる『プラチナエリート』のステータスは、最低でも達成日から1年間保証されます。

しかし、SPG/マリオットではステータス更新のタイミングが毎年1月末となっているため、達成日から1年と次の1月末まで『プラチナエリート』のステータスが保持されます。

わかりにくので例を記載します。

例① 達成日が2018年11月30日の場合

この場合、1年後の2019年11月30日の1年と次の1月末までが有効期間となります。

つまり、2018年11月30日〜2020年1月31日の間が『プラチナエリート』となります。

例② 達成日が2019年2月2日の場合

この場合、1年後の2020年2月2日の1年と次の1月末までが有効期間となります。

つまり、2019年2月2日〜2021年1月31日までが『プラチナエリート』の期間となり、約2年の間『プラチナエリート』でいることが可能です。

例③ 達成日が2019年1月15日の場合

この場合、1年後の2020年1月15日までの1年と次の1月末まで有効期間となります。

つまり、2019年1月15日〜2020年1月31日までとなり、約1年しか『プラチナエリート』でいることができません。

 

例②と例③では、達成日がわずか半月ほど違うだけですが、『プラチナエリート』の有効期間は1年近くの差がでます。

結論として、プラチナチャレンジの達成日が2月だと最大期間(約2年間)『プラチナエリート』でいることができ、達成日が1月の場合は最小の約1年となってしいますので覚えておきましょう! 

プラチナチャレンジはステータスのない一般会員でも参加が可能 

この点については、現在実施中のプラチナチャレンジにおける大きな改善点となります。

これまでプラチナチャレンジを実施する場合、ステータスがゴールドエリートである必要がありました。しかし、現在実施中のプラチナチャレンジでは、シルバーエリートであっても、プラチナチャレンジを実施することが可能です、さらにSPG/マリオットの一般会員であってもプラチナチャレンジが実施可能とのことです。

もちろんプラチナチャレンジを達成すれば、いずれのステータスからでも『プラチナエリート』になる事が可能です。

これは大きな改善点ですね。

プラチナチャレンジにSPGアメックスカードは必要ないのか?

これまでは、ゴールドエリートメンバープラチナチャレンジの対象だったため、持っているだけでゴールドエリートの資格が得られるSPGアメックスカードを持つ意味がありました。しかし、プラチナチャレンジゴールドエリートでなくてもチャレンジできるので、その意味ではSPGアメックスカードを保持する必要はなくなりました。

では、SPGアメックスカードを保持するメリットはないのか?と言うと、そんな事はありません。プラチナチャレンジを実施する上でSPGアメックスカードを持つメリットを簡単に記載すると以下のようになります。

  • プラチナチャレンジ中の宿泊はゴールドエリートの特典を利用できる
  • SPGアメックスカードを持っていればポイントがザクザク貯まる

私は、特に②のメリットは絶大だと思っています。これについては、私のブログでは常に記載していますが、SPG/マリオットのポイント制度は、私が知る限り、柔軟性、パフォーマンス、還元率、全てにおいてハイクオリティだと思っています。

ポイントは、無料宿泊、41社のエアマイルに手数料なしで交換できます(マイル交換率1.25%)。またクレジットカード100円利用ごとに3ポイント(ポイント還元率3%)還元されます。これほどパフォーマンスの高いポイントプログラムはないと思います。

SPGアメックスカードを保持するメリットについては、この記事の後半にさらに詳しく記載しておりますので、お時間のある方は是非ご覧下さい 

現在実施しているプラチナチャレンジは2021年12月31日までに1人1回のみ参加できる

一度プラチナチャレンジを成功し、そのプラチナチャレンジの期限が切れた場合に、すぐにプラチナチャレンジの実施が可能かを確認しました。

回答は、見出しにも記載の通り、

現在実施中のプラチナチャレンジは2021年12月31日まで実施しており、この間に1人1回のみチャレンジが可能

とのことでした。

2021年12月31日以降のプラチナチャレンジについては未定とのことです。

よって、例えば2019年2月にプラチナチャレンジを達成した方の『プラチナエリート』有効期間は2021年1月末までですので、2021年2月〜2021年12月まではプラチナチャレンジにエントリー出来ないことになります。2022年1月以降はおそらく次のプラチナチャレンジが始まると思うのでそれまでは我慢ですね。

豆知識 

さきほどの例だと2021年2月〜12月は、プラチナチャレンジにエントリー出来ない訳ですが、例えば夫婦で交互にプラチナチャレンジをすれば世帯としては『プラチナエリート』を継続することが可能ですね。

この例ですと、夫婦の相方が2021年2月にプラチナチャレンジ達成するように準備すれば、2023年1月末まで『プラチナエリート』のステータスを持つことができますね。 

プラチナチャレンジの宿泊は、現金支払いによる宿泊が対象

これについては、これまでと同様でプラチナチャレンジの宿泊は必ずキャッシュを利用する必要があります。

一部の情報で、ポイントを利用した宿泊も対象になるかもしれないという噂がありましたが、やはりポイントを利用した宿泊は対象にならないとのことです。

ポイントが利用できるとプラチナチャレンジのハードルが少し下がったのですが、残念です><

プラチナチャレンジにおけるSPGアメックスカードの役割

f:id:isao15453:20181004214339j:plain

ここまで新プラチナチャレンジについて説明してきました。

旧プラチナチャレンジでは、プラチナチャレンジにエントリーする前提としてゴールドステータスであることが条件でしたが、新プラチナチャレンジでは、ゴールドエリート以下のステータスたすであれば誰でも参加可能なため『まずはSPGアメックスカードを発行してゴールドエリートのステータスを取得する』という必要はなくなりました。

では、SPGアメックスカードを発行する意味がなくなったのかというとそうではありません。プラチナチャレンジを実施する上でSPGアメックスカードを持つメリットは充分にあります。メリットを簡単に記載すると以下の3点が挙げられるます。 

  • プラチナチャレンジ中の宿泊はゴールドエリートの特典を受けられる
  • プラチナチャレンジ中の宿泊料金をSPGアメックスカードで支払えばポイントが貯まる
  • 新規入会特典として3ヶ月以内に10万円以上利用すれば38,000pもらえる

順番に詳しく説明して行きます。

ゴールドエリートの特典

ゴールドエリートのステータスがあればプラチナチャレンジ中の宿泊でも以下の特典を受けることができます

  • 客室のアップグーレド
  • レイトチェックアウト(14:00)
  • ボーナスポイント+25%(1米ドル=12.5p)
  • ウェルカムポイント(250〜500p)

客室のアップグーレドは説明するまでもありませんが、レイトチェックアウトの特典は地味ながらありがたい特典です。通常のチェックアウトは11:00が普通なので、チェックアウトの朝は結構バタバタするものです。レイトチェックアウトが14:00であればゆっくり起床してゆっくり朝食を食べる時間がありますね。プールやフィットネスクラブがあるホテルであれば、これらを利用する時間もあります。

またポイント関係の特典については、次の項でも説明しますが、ボーナスポイントの+25%は大きなメリットです。 

SPGアメックスカードの利用でポイントが貯まる

プラチナチャレンジは16泊の宿泊をクリアする必要があるためその分の出費がありますね。

その出費分をSPGアメックスカードで支払えばポイントがザクザク貯まります。

  • SPGアメックスカードは100円利用毎に通常ポイントが3ポイント貯まります。
  • ②SPG/マリオット参加ホテルでの利用で、通常、1米ドルあたり10p獲得できるところ、ゴールドエリートの特典でプラス25%の割増があるため1米ドルあたり12.5p貯まります。
  • ③ウェルカムカムポイントとして1滞在ごとに250〜500pもらえます。
  • ④紹介による新規入会特典で38,000pのボーナスポイントがもらえます。

仮にプラチナチャレンジで20万円出費した場合、①で6,000p、②で約22,000p獲得できます。③は宿泊の仕方やホテルのブランドにより獲得できるポイントが変わりますのでここではカウントしませんがプラスアルファがあるとだけご理解下さい。

*1米ドルは113円で計算

つまり、20万円出費すると28,000p+α(①+②)が貯まります。これだけでもポイント還元率は約14%と強烈ですが、さらに新規入会特典で38,000pも獲得できるので、合計で66,000p+α獲得することが可能です。これはSPGアメックスカードを持っているから貯まるポイントですので、やはりSPGアメックスカードを持つ意味は十分にあると思います。 

SPGアメックスカードとプラチナチャレンジのまとめ

まとめるとSPGアメックスカードを発行してプラチナチャレンジを実施すると 

  • 客室のアップグーレド
  • レイトチェックアウト(14:00)
  • 紹介による入会条件クリアで38,000p
  • 100円利用につき3p(20万円利用で6,000p)
  • 1米ドルにつき12.5p(20万円利用で約22,000p)
  • 1滞在につき250〜500p

これらがベネフィットとして付いてきます。 

さらに2年目以降は、契約を更新する毎にカテゴリー6以下(50,000p相当)のホテルで無料宿泊をすることが可能です。 

これらのベネフィットとSPGアメックスカードの年会費31,000円+税を比較して、お得と思われる方はSPGアメックスカードを発行してからプラチナチャレンジにチャレンジしましょう! 

私のプラチナエリートライフ

私は幸運にも2018年8月のプログラム統合で『プラチナエリート』のステータスを頂くことができました。『プラチナエリート』でいれるのは2019年1月末までなので、それまでの間にたくさん『プラチナエリート』のステータスを体験する予定です。 

2019年1月末までの宿泊予定

 宿泊記は随時アップしていきます。

ちなみに、2018年9月にプラチナエリートのステータス一発目の宿泊(大阪マリオット都ホテル)で、早速ジュニアスイートにアップグーレドしてもらいました。

また、「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」での宿泊もコーナースイートにアップグレードしてもらいました。

SPGアメックスはお友達紹介プログラムで審査優遇とボーナスポイント

SPGアメックスカードに新規入会をご検討の方は、既存のアメックスメンバーからの紹介での新規入会が最もお得です。

 

既存のアメックスメンバーからの紹介の場合は、 

≪3ヶ月以内に10万円利用で39,000ポイント≫

がもらえます。 

対象カード 新規入会ポイント

スターウッド プリファード ゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード

 

合計39,000ボーナススターポイント 

・ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で36,000ボーナススターポイント

・10万円ご利用で通常ポイント3,000スターポイント

そして、さらに紹介からの申し込みの場合は、審査が優遇されるという特典もありますので、より有利にSPGアメックスカードを発行することが可能です。

下の画像は紹介者に対してアメックスから届いたメールに記載されています。

f:id:isao15453:20180824072653j:image

ご覧のように審査を優遇するとはっきり記載されています^^

 

既存のアメックスメンバーからの紹介なしで、新規入会した場合の特典は《3ヶ月以内に10万円利用で30,000スターポイント》となりますのでご注意ください。 

 

お知り合いにアメックスメンバーの方がおられない場合は、わたくしからのお友達紹介をご利用頂き新規入会して頂けます。下記の「お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら」をクリックして頂き、ご利用して頂けると幸いです。

 

↓↓↓↓↓↓>>>>>クリック<<<<<↓↓↓↓↓↓

お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら

 

お名前とメールアドレスを登録して頂ければ、私から下記のようなメールが届きます。メール内の紹介用URLをクリックして頂くと、新規入会ページへ遷移致します。

f:id:isao15453:20181014142801j:plain

ご登録頂いたメールアドレスにメールが届かない場合

ご登録頂いたメールアドレスにわたくしからの返信メール(お友達紹介用URL)が届かない場合は、登録して頂いたメールに不備があるか、迷惑メールとして処理されている可能性がございます。わたくしからの返信メールがすぐに届かない場合は、お手数でございますが下記①~③いずれかの対応をお願い致します。
 ①再登録して頂く
 ②下記Gmailからの受信を許可して頂く
 ③下記のメールアドレスまで直接ご連絡頂く
  メールアドレス:isao15453@gmail.com

③の対応をして頂いた場合は、わたくしの別のメールアドレスからお友達紹介用URLを記載したメールを別途送信させて頂きます。この場合、メール送信まで少しお時間(数時間)を頂く場合がございますのでご了承ください。

また、お友達紹介キャンペーンに関しまして、ご不明な点がございましたら、上記メールアドレスにまでお問い合わせください。  

SPGアメックスカード関連記事 

happylife-happymile.hateblo.jp

happylife-happymile.hateblo.jp

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都の宿泊記~SPG/マリオットのポイントでの無料宿泊から温泉露天風呂付のお部屋にアップグレード~

9月上旬に嫁が『大阪マリオット都ホテル』と『翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都』にSPG/マリオットのポイントを利用して無料宿泊してきました。

f:id:isao15453:20180916185456j:plain

この記事では『翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都』の宿泊記を記載します。『大阪マリオット都ホテル』ついての宿泊記は下記をご覧ください。

 

大阪マリオット都ホテルの宿泊記~無料宿泊からのジュニアスイートアップグレード~

 

SPG/マリオット新プログラムのステータス

宿泊記の前に、2018年8月に統合された新プログラムにおける私のステータスについて少し記載しておきます。

私はSPGアメックスカード及びアメックスプラチナカードの会員特典でSPG/マリオットのステータスが『ゴールド』でしたので、新プログラムのステータスは『ゴールドエリート』に移行されるはずでした。しかし、蓋を開けてみたら、新ステータスは『プラチナエリート』でした。正直、理由はよくわかりません(汗;

いずれにしても2019年1月末までは『プラチナエリート』のステータスが確定しているようなので、この宿泊記では『プラチナエリート』のサービスを紹介しています。 

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都とは

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都は、京都嵐山にあるホテルでその名の通りとても『ラグジュアリー』なホテルです。場所は京都嵐山の中でも渡月橋近くの桂川沿いにあり、日本庭園を併設するなど静かで落ち着いた京都の情緒あふれる雰囲気の隠れ家的な高級ホテルとなっています。

f:id:isao15453:20180922104629j:plain

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都に無料宿泊するために必要なSPG/マリオットのポイント数とポイント価値

SPG/マリオットにおける翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都のランクはカテゴリー『8』で、最上級のランクとなっています。無料宿泊に必要なポイントは、レギュラーシーズンで85,000ポイント。 

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

しかし、新プログラム発足から2018年12月末までの宿泊/予約についてはカテゴリー8』のホテルは、特別扱いとなっており、カテゴリー「7」のテーブルが適用されるため60,000ポイントで宿泊することが可能です。15,000ポイントの節約はありがたいです^ ^

 

この件もう少し詳しく言うと、カテゴリー「8」のホテル全てが2018年12月末までに宿泊/予約をすれば60,000pで宿泊できます。

2019年以降の宿泊であっても、2018年12月末までに予約をすれば60,000pで予約することができます。ですので、2019年以降で既に予定が決まっている場合は、2018年12月末までに予約を済ませておきましょう!予約は宿泊日の前日まで無料でキャンセルできますので、予定が確定していなくてもとりあえず予約を入れておくだけも良いですね。

f:id:isao15453:20180904081812j:image

そして翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都の宿泊料金は、53,015円となっているので、この時点でポイント1pの価値は約0.88円ですね。客室のアップグレードがあれば、ポイントの価値はさらにアップしますが、客室のアップグレードについては順を追って説明します。

 

補足

今回の翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都への宿泊予約は、新プログラム統合前に手配していました。旧プログラムでの無料宿泊ポイントは90,000ポイントでしたので、新プログラム統合後に、統合前に手配していた予約を一旦キャンセルして、新しく予約を入れなおしました。これにより、90,000ポイントで手配していた予約が60,000ポイントで予約できました。もちろん差額30,000ポイントは戻ってきますので、とてもお得に予約ができました。

 

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都へのアクセスは人力車でのお出迎えサービス

ここから先の記事内容は嫁の体験に基づくものとなりますので、記載しているのも嫁です。ちなみに、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都に宿泊したのは、嫁と私の母となります。

f:id:isao15453:20180916161723j:plain

宿泊特典として嵐山主要3駅からホテルまでの片道を人力車での無料送迎サービスがあります。私たちは阪急嵐山駅にお迎えをお願いしました。通常のチェックインの時間は15時ですが、一度荷物を預けてから出かける為に11時半にお迎えをお願いしました。

ちなみに、ホテルへの送迎は人力車以外に、京都駅からのタクシー送迎も選択できるそうです。

f:id:isao15453:20180916161749j:plain

前日の台風(22号)で渡月橋の欄干が壊れていました。

f:id:isao15453:20180916161811j:plain

台風からお天気がずっと思わしくなくて桂川は茶色です。本来、嵐山近辺の桂川はおだやかな流れでとても風情があるので、その点は少し残念でした><

木が根こそぎ倒れていたり枝が折れたり、流木が溜まっていたり、台風の爪痕が・・・

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都の門構えとホテル中庭

f:id:isao15453:20180916185456j:plain

渡月橋を渡り左へ曲がって真っすぐ突き当りに見えてきます。

f:id:isao15453:20180916185951j:plain

ホテルとは思えない門構えです。

一度は泊まってみたいとずっと憧れていた翠嵐に到着です。

f:id:isao15453:20180917160945j:plain

入ってすぐに茶寮 八翠があります。

f:id:isao15453:20180917161216j:plain

f:id:isao15453:20180917161245j:plain

茶寮 八翠を通り過ぎて右に行くとソファがおいてあります。

ソファの正面には濁流の桂川が見えました(苦笑) お天気が良ければ最高のシチュエーションなのにな~ きっと紅葉の時期は素晴らしい景色を見れるでしょう。

f:id:isao15453:20180917162028j:plain

 レストラン京 翠嵐が見えます。↑↑

f:id:isao15453:20180917162111j:plain

f:id:isao15453:20180917162235j:plain

エントランスまでの道のり風情があります。

f:id:isao15453:20180917162303j:plain

こちらが入口になります。

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都にチェックイン。アップグレードは?

f:id:isao15453:20180917163114j:plain

こちらのデスクでチェックイン手続きをしました。

まだ11:30とチェックインの時間には早かったのですが、お部屋の準備が出来ているので案内して頂けることになりました。

f:id:isao15453:20180917163441j:plain

f:id:isao15453:20180917163510j:plain

お部屋のアップグレードは 柚葉102号室 温泉露天風呂付デラックスツインです。おそらく温泉露天風呂付のお部屋へのアップグレードは、『プラチナエリート』の威力だと思います。お部屋のランク的には2段階アップだと思います。

ちなみに一休.comで料金を調べるとこんな感じ⇓⇓

f:id:isao15453:20180922111859j:plain

最安値で93,166円でした。もともとは53,015円のお部屋だったので、約40,000円分のアップグレードです^^

贅沢な愚痴を言うと^^; プラチナエリートで、スイートルームにアップグレードされている人もおられたので、ちょっと期待してたけどスイートルームへのアップグレードとまでは行きませんでした(苦笑

f:id:isao15453:20180917164405j:plain

レセプションを出ると中庭がとてもきれいです

f:id:isao15453:20180917164732j:plain

f:id:isao15453:20180917164834j:plain

f:id:isao15453:20180917164853j:plain

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都の客室(柚葉)

ここからはお部屋内を紹介します。

f:id:isao15453:20180917164955j:plain

客室に入るとすぐに靴を脱ぎスリッパに履き替えます 広いですー

f:id:isao15453:20180917165108j:plain

f:id:isao15453:20180917165131j:plain

f:id:isao15453:20180917165207j:plain

洗面とトイレは一緒

f:id:isao15453:20180917165641j:plain

洗面台を挟んでシャワールーム

f:id:isao15453:20180917165733j:plain

f:id:isao15453:20180917165753j:plain

シャワーの奥は温泉露天風呂

f:id:isao15453:20180917165836j:plain

極楽極楽です プラチナ万歳です

f:id:isao15453:20180917165903j:plain

夜はライトアップされます

f:id:isao15453:20180917170237j:plain

f:id:isao15453:20180917170301j:plain

アメニティ

f:id:isao15453:20180917170320j:plain

ドライヤーはヘアビューザー3D 3万円越えのドライヤー 私も使っています。

f:id:isao15453:20180917204944j:plain

浴衣はお部屋でのみ着用です

f:id:isao15453:20180917205638j:plain

プラチナエリートの宿泊特典はポイントorドリンクチケットorスイーツチケットでした

私はスイーツチケットにしました

f:id:isao15453:20180917205814j:plain

暫く外出して部屋に戻るとフルーツとお菓子がおかれていました

f:id:isao15453:20180917210118j:plain

ターンダウンサービスの後にはお菓子が

f:id:isao15453:20180917210236j:plain

シャンパンデライト(17時~19時)

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都にはラウンジがありませんので、17時~19時の2時間にシャンパンデライトが開催されます。

開催場所は、ホテル内の『茶寮 八翠』。

f:id:isao15453:20180917210519j:plain

f:id:isao15453:20180917210733j:plain

この日は9月初旬でしたが天候が悪くテラス席でも涼しく過ごせました

しかし桂川が・・・ 風情がありませんが心地よかったです。

ほんとうはこんな感じのはずが・・・⇓⇓

f:id:isao15453:20180922113016j:plain

アルコールが飲めないのでノンアルコールをお願いしたました 奥は多分炭酸入りのお酒だったと思います その後シャンパンもお願いしました

f:id:isao15453:20180917211015j:plain

f:id:isao15453:20180917211104j:plain

おかわりも自由で、少なくなると声を掛けてくださいました

f:id:isao15453:20180917211332j:plain

スイーツチケットは翡翠もちでした ぷるっぷるで美味しかったです

f:id:isao15453:20180917212433j:plain

暗くなると川の色が分らないのでいい感じになりました

f:id:isao15453:20180917212507j:plain

テラス席を外国人さんに占領されて店内もなかなかの混み具合でした、大人数でテラスで立ち話(大盛り上がり)されていたいので店内からは景色が見えなかったのでは?早めに行って良い席をゲットして良かったです。

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都の庭園(夜)

f:id:isao15453:20180917213034j:plain

ライトアップされた庭園も素敵でした

f:id:isao15453:20180917213159j:plain

f:id:isao15453:20180917213217j:plain

ルームサービス

夕飯は外食予定でしたが、歩きすぎで疲れたためルームサービスをお願いしました

f:id:isao15453:20180919133348j:plain

それほどお腹が空いていたわけではないので軽くお茶漬けとフォー(チキン)をお願いしました 30分ほどで届けてくださいました

f:id:isao15453:20180919133521j:plain

お茶漬けは佃煮や漬物が多いのにご飯が少なくておかわりしたかったです><

でも、お茶が美味しかった~

f:id:isao15453:20180919133539j:plain

フォーは逆に麺が多くお腹いっぱいになりました 夜食にぴったりの優しい味付けでした

食事が終わると電話でお片付けの依頼をします 贅沢なひと時でした。

 

この日の夜京都は大雨で夜中にエリアメールで緊急災害情報が何度も届く状態でしたが、ほとんど雨の音も聞こえず遠くで雷がなっているかな?くらいでした

明け方にもう一度露天風呂につかり穏やかな時間を過ごしました。

 

朝食(京 翠嵐)

f:id:isao15453:20180919134725j:plain

f:id:isao15453:20180919135048j:plain

f:id:isao15453:20180919135122j:plain

朝食はプラチナ特典です! 通常は4000円のメニューになります

f:id:isao15453:20180919135338j:plain

f:id:isao15453:20180919135404j:plain

f:id:isao15453:20180919135419j:plain

母は和食 私は洋食(オムレツ・ソーセージ)を注文

ジュースは左から トマト・キャロット・オレンジのフレッシュジュース

f:id:isao15453:20180919135658j:plain

前菜は欲張って全部チョイス

f:id:isao15453:20180919135731j:plain

和食

f:id:isao15453:20180919135801j:plain

洋食

f:id:isao15453:20180919135827j:plain

ボリューム的には洋食かな? フワフワのオムレツ美味しかったです

ジュースの間の瓶は左からケチャップ・ハチミツ・イチゴジャム・マーマレードです

f:id:isao15453:20180919140150j:plain

窓からは庭園が見えてゆったりとした空間でのんびり朝食を頂く事が出来ました

多いかな?と思ったけど母も私も残すことなく完食しました

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都はSPG/マリオットホテルの中で異色のホテル

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都。一般的なホテルとは違いどちらかというと旅館的なたたずまい。

温泉、それも露天風呂 贅沢極まりない体験でした。SPGアメックスカードアメックスプラチナカードと予想外のプラチナエリート格上げに感謝です^^

今度は紅葉シーズン? スイート狙い? 次回がとても楽しみになるホテルでした。 

SPGアメックスはお友達紹介プログラムで審査優遇とボーナスポイント

SPGアメックスカードに新規入会をご検討の方は、既存のアメックスメンバーからの紹介での新規入会が最もお得です。

 

既存のアメックスメンバーからの紹介の場合は、 

≪3ヶ月以内に10万円利用で39,000ポイント≫

がもらえます。 

対象カード 新規入会ポイント

スターウッド プリファード ゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カード

 

合計39,000ボーナススターポイント 

・ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で36,000ボーナススターポイント

・10万円ご利用で通常ポイント3,000スターポイント

そして、さらに紹介からの申し込みの場合は、審査が優遇されるという特典もありますので、より有利にSPGアメックスカードを発行することが可能です。

下の画像は紹介者に対してアメックスから届いたメールに記載されています。

f:id:isao15453:20180824072653j:image

ご覧のように審査を優遇するとはっきり記載されています^^

 

既存のアメックスメンバーからの紹介なしで、新規入会した場合の特典は《3ヶ月以内に10万円利用で30,000スターポイント》となりますのでご注意ください。 

 

お知り合いにアメックスメンバーの方がおられない場合は、わたくしからのお友達紹介をご利用頂き新規入会して頂けます。下記の「お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら」をクリックして頂き、ご利用して頂けると幸いです。

 

↓↓↓↓↓↓>>>>>クリック<<<<<↓↓↓↓↓↓

お友達紹介プログラム(SPG)のお問い合わせはこちら

 

お名前とメールアドレスを登録して頂ければ、私から下記のようなメールが届きます。メール内の紹介用URLをクリックして頂くと、新規入会ページへ遷移致します。

f:id:isao15453:20181014142801j:plain

ご登録頂いたメールアドレスにメールが届かない場合

ご登録頂いたメールアドレスにわたくしからの返信メール(お友達紹介用URL)が届かない場合は、登録して頂いたメールに不備があるか、迷惑メールとして処理されている可能性がございます。わたくしからの返信メールがすぐに届かない場合は、お手数でございますが下記①~③いずれかの対応をお願い致します。
 ①再登録して頂く
 ②下記Gmailからの受信を許可して頂く
 ③下記のメールアドレスまで直接ご連絡頂く
  メールアドレス:isao15453@gmail.com

③の対応をして頂いた場合は、わたくしの別のメールアドレスからお友達紹介用URLを記載したメールを別途送信させて頂きます。この場合、メール送信まで少しお時間(数時間)を頂く場合がございますのでご了承ください。

また、お友達紹介キャンペーンに関しまして、ご不明な点がございましたら、上記メールアドレスにまでお問い合わせください。  

 

SPGアメックスカードの入会についてさらに詳しい情報は下記の記事にまとめておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

さらにステータスの高いアメックスプラチナカードについては、下記の記事を参照して下さい。

happylife-happymile.hateblo.jp