ハッピーマイル-スマイル-ライフ

人生を楽しく過ごすために、ポジティブに生きて生きたい!マイルを貯めて、大好きなゴルフをして、ハワイに行って、やりたいことがいっぱい! このブログでは、ポジティブに生きて行くために自分の趣味をはじめ『ハッピー』と思うことを色々アップしていきます。

陸マイラー活動でANAマイルを貯める最強クレジットカードはVISAワイドゴールドカード!裏技/特典/メリットのまとめ【2017年度版】

この記事をシェアする

日常生活で利用するメインカードをANAカードに集約することでもマイルは貯まります。これは、年間にカード決済する金額にもよりますが、1枚のカードに決済を集約することでそれなりのマイルを貯めることが可能です。

ANAマイルを貯めることが目的なので、やはりANAが発行するANAカードを利用するのが一番ですが、ANAカードにも色々な種類があって、どれを発行すれば一番良いのか迷うところです。

『陸マイラー』になるまでは、私はすべてのカード決済を「楽天カード」に集約していました。我が家は楽天市場で買い物もよくしていたし、公共料金や携帯代なども全て集約することで、そこそこ楽天ポイントが貯まってました。私の場合、楽天カードの年間決済額からして、全てをANAカードに集約することで、

最低でも5万マイルは貯まると計算しました。

5万マイルあれば、国内はどこでも2往復利用できますし、ハワイだって1往復できてしまいます。

f:id:isao15453:20170618085339j:plain

最も効率よくマイルが貯まるANAカードはVISAワイドゴールドカード。新規発行キャンペーンや利用テクニックで年会費を軽減。効率よくマイルを貯める。

f:id:isao15453:20170319105818p:plain

ANAカードにはたくさん種類があり、ここですべて紹介するのは、私の体力的・時間的に限界があるので(汗;)、下記のリンクでご確認下さい。

ANAカード一覧

 ここでは、私が使用している『ANA VISAワイドゴールドカード』のお得な活用方法を紹介します。

ANAが発行するゴールドカードも、色々なカード会社が発行してるカードがありすが、その中でも、最もオススメなのが、三井住友VISAが発行する『ANA VISAワードゴールドカード』となります。三井住友VISAが発行する『ANA VISAワイドゴールドカード』は、年会費の割引や、取得できるポイントを倍にする方法があるなど、お得に、効率よくマイルを貯めることができるカードです。詳しくは順次紹介していきます。

カード決済で年会どのくらいのマイルを貯められるのか?ANA VISAワイドゴールドカードのの還元率は驚異の1.72%超

ANA VISAワイドゴールドカード』のマイルへの還元率は、条件を満たす使い方をすれば、1.72%にもなります。

詳細はのちほど説明するとして、例えば年間300万円のカード決済をした場合、51,600マイル(1.72%)が貯まる計算となります。 

ANAワイドゴールドカードのポイント還元は主に以下の4つとなります。

①通常のカード決済でもらえるポイント。(基本ポイント)

②マイ・ペイすリボ利用によるボーナスポイント付与。

③年間のカード決済額に応じて付与されるボーナスポイント付与。

④キャンペーンによるポイント付与率アップ。

①~③の条件を満たせば、1.72%の還元率が実現できます。④を利用すれば、さらに還元率がアップします。

①通常のカード決済でもらえるポイント=マイル還元率1%

三井住友VISAでもらえるポイントは、「ワールドプレゼントポイント」と言い、通常は1,000円利用毎に1ポイントもらえます。この1ポイントは、10マイルに交換することが可能なため、マイル換算でいうと1,000円利用で10マイルもらえることとなり還元率はこの時点で1%です。

②マイ・ペイすリボ利用によりポイントを2倍にする。裏技を利用してさらにマイル交換率を上げる。

f:id:isao15453:20170325210517g:plain

マイ・ペイすリボは、三井住友VISAが提供するリボ払いの1つです。毎月の支払をこのマイ・ペイすリボで支払いをすると、①のワールドプレゼントポイントが2倍もらえます。

ですので、通常1,000円利用ごとに1ポイントもらえるワールドプレゼントポイントが、マイ・ペイすリボを利用して支払いをすると、1,000円利用ごとに2ポイントもらえます。

しかし、マイ・ペイすリボの利用で加算されたポイントは、ワールドプレゼントポイントの中でも「ボーナスポイント」という別枠のポイント扱いとなります。このボーナスポイントをANAマイルに直接交換する場合は、1ポイントが3マイルとなります。

さらに、このボーナスポイント。ポイントサイトの「PEX」を経由して、ソラチカルートでANAマイルに交換すると1ポイントが4.5マイルに交換が可能なのです。

※ソラチカルートとは、ANAマイルへの交換率が0.9%と高還元率のメトロポイント経由を利用してANAマイルに交換するルートのこと

PEXからソラチカルールを経由してANAマイルの交換すると

 1ボーナスポイント ⇒ 50PEXポイント*1 ⇒ 5メトロポイント ⇒ 4.5マイル

となります。*1PEX=10P=1円

よって、ボーナスポイントを「PEX」経由でANAマイルに交換することで、0.45%のマイル還元率となり、①と②で合わせて1.45%の還元率となります。

ここまで読んで頂いた中で、「リボ払い」に抵抗がある方がいらっしゃると思います。しかし、毎月1回のリボ払いの支払い額を調整する作業をするだけで、リボ払いの手数料を数円~数十円に抑えることが可能です。

毎月、数円~数十円の手数料を支払うだけで、1,000円利用ごとに4.5マイルがプラスされていくのですから、これは実践する価値が十分あります。もちろん私も実践してます。

マイ・ペイすリボの運用方法については、下記で紹介していますので、是非、ご覧ください。

happylife-happymile.hateblo.jp

「PEX」経由でANAマイルに交換する方法は、下記のリンクで詳しく説明しています。

happylife-happymile.hateblo.jp

③ステージによるボーナスポイント

三井住友VISAカードでは、前年度の決済累計額でV1~V3までのステージが割り当てられ、当年の決済額に応じて、ボーナスポイントがプレゼントされます。

f:id:isao15453:20170324205119j:plain

この表にあるように、V3のステージが最も高いステージで年間の決済額が300万円以上の必要があります。

VISAワイドゴールドカードでV3のステージの場合、50万円の決済で300ポイント。以降10万円ごとに60ポイントのボーナスポイントがもらえます。

300万円決済した場合、

300ポイント + 60ポイント × 25 = 1,800ポイント

もらえることになります。

このボーナスポイントは、②で説明したマイ・ペイすリボでもらえるボーナスポイントと同じ扱いとなります。ですので、1ポイントは4.5マイルに交換が可能です。

ANA VISAワイドゴールドカードのポイント還元率~①~③のまとめ~

ここまで紹介した①~③のポイントをすべてANAマイルに交換すると、マイル還元率1.72%となります。 

 年間300万円利用した場合、51,600マイルもらえますので、その還元率は、

51,600マイル ÷ 300万円 × 100 = 1.72% 

と計算できます。 

①でもらえるマイル

 300万円 × 1% = 30,000マイル

②でもらえるマイル

 300万円 × 0.45% = 13,500マイル

③でもらえるマイル 

  1,800ポイント × 4.5マイル =  8,100マイル

取得マイル 数合計:51,600マイル

おわかりいただけましたでしょうか?

ちなみに、

ステージV2で年間200万円利用の場合に貯まるマイルは、31,700マイル、

ステージV1で年間100万円利用の場合に貯まるマイルは、15,400マイル、

となります。

④キャンペーンの利用でさらに還元率を上げる

最後に不定期に実施されるキャンペーン等を利用することで、ワールドプレゼントポイントが〇〇倍といったことも不定期に実施されるので、これらを利用すれば実質1.72%以上の還元率をクリアすることが可能です。

例えば、2017年3月1日~2017年4月30日まで、「Apple PayのiD利用でもれなくワールドプレゼントポイント5倍」というキャンペーンをやっていました。

この場合、この期間は、iDに対応している店ではすべてApple PayのiD決済すれば、さらにポイントが多くたまります。

マイ・ペイすリボの利用で年会費の割引を受ける

 『ANA VISAワードゴールドカード』の年会費は、通常14,000円(税抜)です。年会費にこれだけ払うことに抵抗がある方も多いと思います。私もこれまでカードの年会費って1,000円ほどしか払ったことがなかったので、発行に至るまでかなり悩みました。

ですが、年間14,000円(税抜)払えば、年間で約50,000マイル以上が貯まるわけで(年間300万円決済する場合)、考えようによっては、それほど高くないのではないしょうか?マイルの価値って、1マイル2.5円ほどの価値があります。それを考えると、14,000円の年間費で年間で125,000円(50,000マイル×2.5円)ほどが貯まるということなので、マイルを貯めたい人(飛行機に乗る人)にとっては、高い金額ではないと思います。月額に換算すると1,200円弱です。

それでです。14,000円(税抜)払ってでもその価値が十分あることはお伝えできたと思いますが、マイ・ペイすリボを利用することで、この年会費をさらに安くすることが可能です。

マイ・ペイすリボを利用すると、『ANA VISAワードゴールドカード』の場合、年間3,500円の割引を受けることが可能になり、年会費が10,500円(税抜)となります。こう考えるとリボ払いに抵抗のある方も、マイ・ペイすリボを利用した支払いが如何に重要かがおわかりいただけたと思います。マイ・ペイすリボの利用でポイントが2倍になり、年会費が3,500円も安くなるのですから。この時点で、月額に換算すると、わずか875円になります。

happylife-happymile.hateblo.jp

さらに年会費を安くする方法

ANA VISAワイドゴールドカード』は、さらに年会費を安くする方法があります。カード利用代金WEB明細書サービスを利用することでさらに1,000円の割引を受けることが可能となるのです。通常14,000円(税抜)の年会費をマイ・ペイすリボ利用による割引とカード利用代金WEB明細書サービスの割引とを合わせて9,500円(税抜)まで下げることが可能となります。ゴールドカードでこの年会費は、かなりのコスパです。月額に換算すると、800円弱です。

ANAカード 年会費割引特典|クレジットカードの三井住友VISAカード

ANA VISAワイドゴールドカードの特典/メリット まとめ

ANA VISAワイドゴールドカード』は、その名の通り、『ゴールドカード』ですので、豊富な特典も取り揃えられています。

ここからは、『ANA VISAワイドゴールドカード』の特典について、記載して行きたいと思います。

継続ボーナスマイル

新規発行時及びカードを継続更新した際に、2,000マイルもらえます。毎年、2,000マイルがもらえるのは大きいですね。ショッピングで2,000マイル貯めるには、単純計算で20万円決済する必要があります。

飛行マイルの積算率アップ

一般カードの積算率が+10%に対し、ワイドゴールドカードの積算率は、+25%となりますので、飛行マイルが貯まりやすくなっています。

例えば、

羽田⇒那覇にエコノミークラス(普通料金)で搭乗した場合、一般カードの飛行マイルは、片道1,082マイル。ワイドゴールドカードの飛行マイルは、片道1,230マイルとなります。往復ですとその差は、296マイルとなります

羽田⇒ハワイにエコノミークラス(普通料金)で搭乗した場合、一般カードの飛行マイルは、片道4,214マイル。ワイドゴールドカードの飛行マイルは、片道4,788マイルとなります。往復ですとその差は、1,148マイルとなります。

各種保険サービス

国内旅行/海外旅行ともに自動付帯の保険サービスが付いています。特に国内旅行の保険サービスが充実しています。

海外旅行保険(自動付帯)

保険の種類 保証内容
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療費用 最高150万円
疾病治療費用 最高150万円
賠償責任 最高3,000万円
携行品損害保険金*2 最高50万円
救援者費用 最高100万円

*1 携行品損害保険金:免責3,000円/年間限度額100万円

国内旅行保険(自動付帯)

公共交通乗用具

搭乗中

障害事故

宿泊火災

障害事故

募集型企画旅行

参加中

障害事故

死亡・後遺障害保険金額:最高5,000万円

入院保険金日額:5,000円*1

通院保険金日額:2,000円*1

手術保険金:最高20万円

*1 ‌ 事故の発生の日から8日目以降、入院・通院の状態にある場合、1日目から保険金が支払われます。

国内航空便遅延保険

保険の種類 保証内容(自動付帯)
乗継遅延費用 1回の到着便の遅延について最高20,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能について最高10,000円
受託手荷物遅延 1回の受託手荷物の遅延について最高10,000円
受託手荷物紛失 1回の受託手荷物の紛失について最高20,000円

国内航空障害保険(自動付帯)

航空機搭乗中障害事故

死亡の場合:最高5,000万円

後遺障害の場合:150万円~5,000円

※入院日額(事故の日から180日が限度):10,000円

※通院日額(事故の日から180日が限度):5,000円

※手術費用:100,000円~400,000円

保険サービスの詳細は、下記の保険サービスの手引きでご確認下さい。

 保険サービスご利用手引きのリンク 

空港ラウンジの無料利用

ANA VISAワイドゴールドカード』と利用当日の搭乗券を提示すると、28空港31ヶ所の空港ラウンジを無料で利用できます。

新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台空港、羽田空港、成田国際空港、新潟空港、富山空港、中部国際空港、小松空港、大阪国際空港(伊丹空港)、関西国際空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、高松空港、松山空港、徳島空港、北九州空港、福岡空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港

国際線利用時のビジネスカウンター利用

国際線利用時は、エコノミークラス搭乗でもビジネスカウンターを利用でき、スムーズなチェックインや手荷物の預け入れが可能です。

f:id:isao15453:20170716085328j:plain

ワールドプレゼントポイントのANAマイルへの移行手数料無料

ANA VISAワイドゴールドカード』を利用して貯まった「ワールドプレゼントポイント」を1ポイント=10マイルで移行可能。その際の移行手数料は無料です。

また、ANAマイルへの移行は、「自動移行」と「手動移行」の2種類があります。デフォルトは自動移行となっており、自動移行は月に1回貯まっている「ワールドプレゼントポイント」を手続きすることなくANAマイルに移行してくれますので便利です。しかし、マイルの利用頻度が低い方や数年掛けて多くのマイルを貯めたい方などは、マイルの有効期限を考えると、手動移行を選択した方が良いかもしれません。ちなみに、「ワールドプレゼントポイント」の有効期限は3年。マイルの期限も3年ですので、「手動移行」を選択すれば最大6年はポイント/マイルをストックできます。

継続ボーナス/フライトボーナス

カード契約契約時に、2,000マイルもらえます。ですので、カードを解約しなければ、毎年2,000マイルが自動的に付与されます。

また、フライト時のマイルについても、+25%のボーナスマイルが付与されるので、フライトマイルも貯まりやすくなります。

空港内の免税店で10%OFF

成田空港、羽田空港、関西空港の免税店でのショッピングが10%OFFとなります。免税価格からさらに10%OFFになるので、かなりお得です。

ドクターコール24

日本国内での病気やケガ、あるいは病院にいくほどでもないけど少し心配なことなど、毎日の生活の中で生じる医療・ストレス・健康不安について、医師・看護師・保健師などのの医療スタッフが電話で24時間・年中無休で相談に応じてくれます。利用は無料です。

お買い物安心保険(動産総合保険)

クレジッ決済で購入した商品が壊れたり、盗まれた時のなどの保険サービスです。

海外・国内利用で最大300万円(免責3,000円)まで補償されます。保証期間は、購入日および購入日翌日から90日間。 

ANA VISA ワイドゴールドの新規発行をキャンペーンを利用して効率よく発行する

ANA VISA ワイドゴールドカードは、「マイ友プログラム」と「ポイントサイト」の2つ方法を利用することでマイルとポイントをダブル取りして発行することができます。

詳しくは、下記の記事にまとめましたのでご覧下さい。

happylife-happymile.hateblo.jp