ハッピーマイル-スマイル-ライフ

人生を楽しく過ごすために、ポジティブに生きて行きたい!マイルを貯めて、大好きなゴルフをして、ハワイに行って、やりたいことがいっぱい! このブログでは、ポジティブに生きて行くために自分の趣味をはじめ『ハッピー』と思うことを色々アップしていきます。

移転しました。

約15秒後に自動的にリダイレクトします。

ANAの上級会員(プレミアムメンバーサービス)とSFC(スーパーフライヤーズカード)を得るための条件と特典まとめ【2018年版】

この記事をシェアする

ここでは、ANAの上級会員(=プレミアムサービス)の特典とスーパーフライヤーズカード(SFC)について解説していきたいと思います。 

f:id:isao15453:20171204220756j:plain

ANAプレミアムメンバーサービスとは

航空会社各社は、それぞれ上級会員サービスのプログラムを運営しています。日本を代表する全日空(=ANA)や日本航空(=JAL)も、頻繁に自社便を利用してくれる顧客に対して、特別な特典や優遇を約束する制度として上級会員制度があります。ここでは、ANAの上級会員制度について説明しますが、ANAの上級会員制度のことを、『プレミアムメンバーサービス』と言います。
ANAの『プレミアムメンバーサービス』のランクは大きく下記の3つに分類されています。
  • ブロンズメンバーサービス
  • プラチナメンバーサービス
  • ダイヤモンドメンバーサービス

ステータスは、ブロンズプラチナダイヤモンドの順でランクされており、ダイヤモンドが最も高いステータスとなります。

まずは、ブロンズプラチナダイヤモンドの3つのステータスを理解しましょう。

ANAプレミアムメンバーサービスの特典一覧 

では、ANAの『プレミアムメンバーサービス』にはどんな特典や優遇があるのか?各ステータス毎の特典を一覧にしてみました。
特典一覧

f:id:isao15453:20171126102357j:plain

ブロンズ

f:id:isao15453:20171126102422j:plain

プラチナ

f:id:isao15453:20171126102435j:plain

ダイヤモンド

f:id:isao15453:20171126131547j:plain

SFC

プレミアムサービス専用デスク  〇
ラウンジの利用(ANA SUITE LUNGE) -- --  -- 
ラウンジの利用(ANA LUNGE) △*1
コンシェルジュサービス -- --  -- 
座席クラスのアップグレード
プレミアムエコノミーへの変更 --
国内線予約の先行受付
国際線座席指定の優先
予約時の空席待ちの優先 --
特典航空券の優先 -- 国際線のみ 国際線のみ
国際線手数料の免除 -- --
優先チェックインカウンター △*2
手荷物受取の優先  
手荷物許容量の優待 国際線のみ
専用検査保安場の利用 --
優先搭乗 --
空港での空席待ちの優先
マイカーバレーの優待(成田空港) --
羽田空港駐車場の優先予約 --
香港国際空港の優先レーン
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル 40-55% 90- 105% 115-113% 30-50%
ANAゴールド/プレミアムカード特別ボーナスマイル
マイルの有効期限の延長 -- -- --
マイルからSKYマイルへの特別倍率交換
アップグレードポイントからSKYコインへの交換
IHG・ANAホテルズグループジャパンでの優待 --
ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード ATMの出金手数料無料
「ダイヤモンドサービス」メンバー限定選択式特典 -- -- --
プレミアムメンバー限定ANAセレクション
ライフスタイルマガジン --
ダイアリー・カレンダーのプレゼント --
*1マイルまたはアップグレードポイントのみで利用可
*2「プレミアムエコノミー」チェックインカウンターのみ
 
ざっとこれだけの特典があります。
ブロンズステータスのメリットは、それほどではありまあせんが、プラチナダイヤモンドのメリットは、魅力的な特典がたくさんありますね。。
各特典の詳細については、下記のオフィシャルHPでご確認下さい。

ANAプレミアムメンバーとなるためのプレミアムポイント

では、プレミアムメンバーになるためにはどうすれば良いかというと、簡単に言えば「ANA便にたくさん乗る!」ということになります。そして、たくさんANA便に乗ったかどうかを判断するための指標として、「プレミアムポイント」というものがあります。この「プレミアムポイント」を1年間(1/1~12/31)でどれだけ獲得したかによって、ステータスのランクが決まります。
以下のように、30,000ppでブロンズ、50,000ppでプラチナ、100,000ppでダイヤモンドのステータスになることができます。
*pp=プレミアムポイント

f:id:isao15453:20171126145211j:plain

f:id:isao15453:20171126193832j:plain

プレミアムポイントとは?

プレミアムポイント』と言う言葉が出てきましたが、これが何かというと、飛行機の搭乗などで貯まる「フライトマイル」とは異なり、プレミアムメンバーの認定を目的として毎年1月~12月の1年間に登録されるポイントのことを言います。
 
プレミアムポイントの計算式としては以下のようになります。

f:id:isao15453:20171126183624j:plain

区間基本マイレージ ✖ 予約クラス・運賃種別ごとの積算率】の部分が、みなさんもご存知のフライトマイル(マイレージ)となります。
プレミアムポイントは、このフライトマイルに路線倍率をかけて搭乗ポイントを足した値と言うことになります。

路線倍率

路線倍率は以下の3つに分類されています。

f:id:isao15453:20171126184347j:plain

路線倍率は、フライトマイルに掛け算するものなので、プレミアムポイントを計算する上で、大きな影響を与える重要な係数となります。国内線に乗れば、フライトマイルの2倍、国際線は上記のように1.5倍と1倍の2種類があります。
ここで、注目すべきは、国際線の路線倍率です。アジア・オセアニア路線は、フライトマイルの1.5倍ですが、その他の路線は1倍です。その他の路線には、欧州や北米などの長距離路線が含まれます
なぜこんな事になっているのか?真相を調べた訳ではありませんが、察するに、フライトマイルの部分は、長距離になるほど多くのフライトマイルが貯まります。ですので、長距離路線を2倍してしまうと、すぐにプレミアムポイントが貯まってしまいます。逆に短距離の国内線を2倍しない場合、国内線だけでは、プレミアムポイントをためるのは、かなり難しくなります。ですので、全体のバランスを取るために、このように路線倍率が設定されているのだと思います。

搭乗ポイント

これは、簡単に言うと、高いエアチケットの場合に加算されるポイントです。国内線でいうと、プレミアムクラスの搭乗の場合は、プラス400pp加算されます。
(以下参照)
国内線対象運賃 搭乗ポイント
プレミアム運賃、プレミアム小児運賃、プレミアム身体障がい者割引運賃、プレミアム特割・旅割(小児額適用)、プレミアム特割、プレミアム旅割28、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃、片道運賃、往復運賃、ビジネスきっぷ、出張@割、ビジネスリピート、小児運賃、身体障がい者割引運賃、介護割引、特割・旅割(小児額適用)、特割(特割A/B/C)、特割1、特割3、株主優待割引運賃、小児株主優待割引運賃など 400ポイント
乗継特割、特定便乗継割引 200ポイント
各種アイきっぷ、国際航空券(国内区間)、旅割21(旅割21A/B)、旅割28、旅割45、旅割55、旅割75、旅割X、乗継旅割、いっしょにマイル割(同行者)、「スマートU25」運賃、「スマートシニア空割」運賃、プレミアム包括旅行割引運賃、個人包括旅行割引運賃、包括旅行DP割引運賃、訪日包括旅行DP割引運賃、DP限定旅行用特割運賃(包括旅行MDP割引)など 0ポイント
 
国際線の場合は、シンプルで、ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーに搭乗の場合にのみ、400ppが加算されます。
プレミアムポイントの計算方法について、長々と解説致しましたが、ANAのオフィシャルページには、プレミアムポイントを自動計算してくれサイトがあります。こちらを利用すれば簡単にプレミアムポイントを計算できますのでご安心下さい。下記のリンクからフライトマイルとプレミアムポイントを計算することがでします。
 
 

プレミアムポイントの加算対象

プレミアムポイントは、特典航空券(マイル)を利用してエアチケットを手配した場合には、加算対象とはなりません。エアチケットは現金又はクレジットカードで購入するか、ANAが運営する電子マネー(SKYコイン)で購入する必要があります。

ようするに、「無料でANA便を利用するのではなく、ちゃんとお金を払ってエアチケットを購入してくれる方は、お得意様としてプレミアムポイントを加算しますよ」って事です。

ただ、フライトマイルは、SKYコインに交換することが可能ですので、フライトマイルを効率よくSKYコインに交換して、エアチケットを購入すれば、フライトマイルでも間接的にプレミアムポイント加算対象とすることが可能です。この点については、後程、説明します。

プレミアムポイントの有効期限

プレミアムポイントには、有効期限があり毎年12末でポイントがリセット(0ポイント)されてしまいます。つまり、プレミアムポイントは毎年1/1〜12/31の間に貯める必要があります。この間に先ほど説明したそれぞれのステータスに必要なプレミアムポイントを貯める必要があるのです。フライトマイルは有効期限が3年ありますが、プレミアムポイントは、12/31に全てリセットされるので、プレミアムポイントを貯めるのは簡単ではありません。 

プレミアムメンバーサービスの適用期間

これまで記載してきたとおり、毎年1月から12月に獲得したプレミアムポイント数に応じて、プレミアムメンバーサービスのステータスが決定されます。このステータスの適用期間は、翌年の4月から1年間となります。 
ですので、プレミアムメンバーサービスの有効期間は1年間のみということになります。プレミアムメンバーサービスを継続して受けるためには、毎年1月〜12月の間に必要なプレミアムポイントを獲得し続ける必要があるということになります。
しかし、この厳しい条件を緩和させる方法があります。それが『スーパーフライヤーズカード(SFC)』です。これについては、後ほど詳しく説明いたします。

プレミアムメンバー事前サービス

翌年度のプレミアムメンバーステイタスが決定する12月末日よりも早く、各ステイタスに必要なプレミアムポイントを獲得された方は、翌年3月末日まで、ダイヤモンドプラチナブロンズそれぞれの「プレミアムメンバー事前サービス」を利用することができます。
例えば、1月~3月の間に、プレミアムポイントを50,000pt貯めたとします。この場合、通常は、翌年の4月から1年間プラチナステータスとしてのサービスを受けることができますが、サービス開始まで、1年以上のタイムラグが発生します。このような場合に、適用されるのが「プレミアムメンバー事前サービス」です。
さきほどの例の場合ですと、プレミアムポイント獲得年の翌年3月末までは、「プレミアムメンバー事前サービス」としてプラチナステータスのサービスを受けられます。そして、翌年4月から1年間は、正式にプラチナステータスとしてのサービスを受けることができます。
 
ここで気になるのが、「プレミアムメンバー事前サービス」の内容ですね。
実は、「プレミアムメンバー事前サービスは、正式なプラチナステータスのサービスの内容とほとんど内容が同じなんです。この記事の初めに、プレミアムメンバーサービスの特典一覧を記載していますが、記載されている特典の内、「プレミアムメンバー事前サービスの対象外となるのは、以下の特典のみとなります。
  • 座席クラスのアップグレード
  • アップグレードポイント
  • アップグレードポイントからANA SKYマイルへの交換
上記は全てアップグレードポイントに関連した特典となります。つまり、「プレミアムメンバー事前サービスはアップグレードポイントを利用した特典のみが対象外で、それ以外の特典は通常の特典と同じサービスを受けることができます。
 
よって、プレミアムポイントを早く貯めれば、より長く、プレミアムメンバーサービスを受けることができるのです。
 
下記は、公式HPに掲載されている例となります。
f:id:isao15453:20171126214402j:plain
 
以上が、ANAのプレミアムメンバーサービスの仕組みの説明となります。

スーパーフライヤーズカード(SFC)の特典とSFC修行

 これまでは、ANAプレミアムメンバーサービスについて説明して来ましたが、ここからは『スーパーフライヤーズカード』について説明します。

SFCとは?

SFC』とは、『Super Flyers Card』の頭文字となります。「Card(カード)」と言うのは、クレジットカードのことです。この『スーパースライヤーズカード』は、これまで解説してきた『ANAプレミアムメンバーサービス』の一部であり、一度、プラチナステータス以上のメンバー資格を取得し人だけが申し込みできる特別なクレジットカードなのです。『スーパースライヤーズカード』を発行すると、カードの年会費を支払い続けている限り、ANAの上級会員の中でもプラチナステータスとほぼ同等のステータスを持ち続けることができます。

プレミアムメンバーサービスの解説では、各ステータスの有効期限は、1年間であるため、継続してプレミアムメンバーサービスの受けるためには、毎年(1月~12月)各ステータスに必要なプレミアムポイントを貯める必要があると記載しました。

ですが、SFCは、一度、プラチナステータス以上のメンバー資格(50,000pp)を取得すれば、SFCを持ち続けている(=年会費を払い続ける)間は、ず~っとプラチナステータスとほぼ同等の特典を受けることができるのです。

こちらが『スーパースライヤーズカード』です。

f:id:isao15453:20171210211341j:plain

私の場合は、もともとメインカードとして使用していた「ANA VISAワイドゴールドカード」を『スーパースライヤーズカード』に移行しました。

年会費は、「ANA VISAワイドゴールドカード」を移行した場合、もともとの年会費14,000円+税にプラス1,000円されるだけです。プラス1,000円でプラチナステータスをずっと維持できるのですから、お得ですよね。

ちなみに、「ANA VISAワイドゴールドカード」はリボ払いとWEB明細の利用で、合計4,500円の年会費割引があるので、これを利用すれば、年会費は【10,500円+税】となります。

スーパーフライヤーズカードの種類

SFCカードの種類は全部で8種類あります。

  • ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)JCB・VISA・マスターカード
  • ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード JCB・VISA・マスターカード
  • ANAダイナース スーパーフライヤーズカードダイナース
  • ANAアメリカン・エキスプレス® スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード
  • ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム JCB
  • ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード
  • ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス® スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード

詳細は、ANAのオフィシャルページを参照して下さい。

SFC修行とは?

SFC修行は、「スーパースライヤーズカード」を発行することを目的にして、飛行機に搭乗する行為のことを言います。一度だけ、プラチナステータス(50,000pp)以上の資格を獲得して、「スーパースライヤーズカード」を発行すれば、プラチナステータスとほぼ同等の特典を受け続けることができるわけですから、「スーパースライヤーズカード」の発行を目的として飛行機に搭乗する価値は十分にあると思います。

では、「スーパースライヤーズカード」を発行するため、すなわち、プラチナステータスを獲得するためには、飛行機にどのくらい乗れば良いのでしょうか?

スーパースライヤーズカード」を発行するために必要な搭乗数

例えば、羽田⇔那覇を例にシュミレーションすると以下のようになります。

エコノミークラス利用

片道で貯まるプレミアムポイントは、1,476ppとなります。ですので往復では、2,952ppですね。仮にこの路線のみで、50,000ppを達成しようとした場合、約17往復する必要があります。
※50,000pp ÷ 2952pp = 16.9回

プレミアムクラス利用

プレミアムクラスを利用すると、片道のプレミアムポイント2,860ppとなります。
往復だと5,720ppですね。単純に羽田⇄那覇の往復だけで考えると9往復する必要があります。
※50,000pp ÷ 2,860pp = 8.7回
 
ご覧のように、エコノミークラス利用だと17回、プレミアムクラス利用だと9回往復する必要があります。普段飛行機に乗る機会が少ない人にとっては、気が遠くなる回数ですね。
ですが、プレミアムクラスを利用して、1年間に9往復であれば実現できない回数ではありません。プレミアムクラスは、国内線でいうVIP座席です。私は、SFC修行ではじめてプレミアムクラスに搭乗しましたが、プレミアムクラスの座席は快適そのものです。優先チェックインカウンターの利用ANAラウンジの利用機内では美味しい食事やアルコールを含むドリンクが飲み放題、それはもう天国状態です。ですので、正直、9往復なんて時間さえあれば、楽勝だと思います。

f:id:isao15453:20171202105353j:plain

写真は、プレミアムクラスの食事(朝食)とスパークリングワイン^^ 

SFC資格を得るための費用

SFC修行はエアチケットを特典航空券を利用せずに購入する必要があるので、実費が発生してしまいます。(実費を回避する方法は後ほど説明します)では、どのくらいの実費が必要なのかというと、計画の仕方や路線によって、一概に費用はいくらですと言えませんが、基準としては約50万円と考えて頂ければ良いと思います。
計画の仕方によって、50万円を超える場合もあれば、下まる場合もあります。無計画に実行すれば、50万円では絶対に収まらないので、ある程度は計画的に実行する必要があります。

SFC修行のコスト例~エコノミークラス~

SFC修行で、メジャーな路線で羽田⇔那覇路線があります。羽田⇔那覇のエコノミークラスの最安値は、片道が9,700円ほどです。この料金で17往復するには、329,000円の実費が発生することになります。

SFC修行のコスト例~プレミアムクラス~

羽田⇔那覇のプレミアムクラス場合ですと、最安値料金が片道24,700円という料金設定があります。これですと9往復でトータル444,600円の実費になりますね。

SFC修行のコストまとめ

ご覧のように、エコノミークラスプレミアムクラスでは、コスト面ではエコノミークラスの方が10万円超安くなりました。これは一例ですので、路線やチケットの種類によっては、費用面でも逆転する場合もあります。ですが、一般的にはエコノミークラスの方が、費用が安くなると思います。この費用の差約10万円と修行回数の差8回をどう考えるかによって、SFC修行の計画も変わってきますので、ご自身に合ったプランを考えてみてください。
※この例は、羽田⇔那覇の最安値で検証した結果です。路線によって、必ずしも同じ結果にはならないので、あくまでもご参考と言うことで^^;

プレミアム単価

ここまでは、『費用』でSFC修行を比較をしてきましたが、『プレミアム単価』という違う角度から比較する方法があります。『プレミアム単価』とは、エアチケット代金がプレミアムポイントの何倍か?を計る単価です。
計算式は、
エアチケット代金 ÷ プレミアムポイント = プレミアム単価
で求められます。
 
さきほど、50,000ppを貯めるための実費がだいたい50万円くらいとお伝えしましたが、この場合ですと、プレミアム単価は、10円ということになります。
※500,000円 ÷ 50,000pp =  10円
SFC修行では、プレミアム単価10円を基準として、これより安いか?高いか?を考えることが一般的です。
では、こちらも、羽田⇔那覇を例にプレミアム単価を説明します。

プレミアム単価~エコノミークラス~

羽田⇔那覇で最も安いエアチケットは、旅割75でエアチケットを購入した場合です。旅割75の片道料金は9,700円となります(2017年12月現在)。これに対して、プレミアムポイントは、1,467pp貯まります。この場合のプレミアム単価は、6.57円(9,700円÷1,467pp)ですので、基準のプレミアム単価10円を大幅に下回る、かなり効率の良いエアチケットということになります。

プレミアム単価~プレミアムクラス~

羽田⇔那覇で最も安いプレミアムクラスのチケットは、プレミアム旅割28で購入した場合です。片道料金の最安値は、24,700円ほどとなります(2017年12月現在)。これに対して、プレミアムポイントは、2,860ppとなります。この場合のプレミアム単価は、8.63円(24,700円÷2,860pp)ですので、こちらもプレミアム単価10円を下回っているので効率の良いエアチケットということになります。

プレミアム単価~まとめ~

このように、購入しようとしているチケットが効率の良いチケットなのかどうかを判断する指標として『プレミアム単価』を計算すると良いでしょう。
  1. 購入しようとしている路線やチケットの種類を元にプレミアムポイントを調べる
  2. 購入しようとしているエアチケットの代金を調べる
  3. エアチケット代 ÷ プレミアムポイントプレミアム単価を算出する
  4. プレミアム単価が10円を下回っているか、上回っているかでチケット購入を判断

SKYコインを活用する~陸マイラー活動~

SKYコインとは、ANAが運営する電子マネーです。SKYコインは、ANA航空券やANAツアーの購入代金に1SKYコイン=1円で利用することができます。
プレミアムポイントは、現金で購入したエアチケットでしか付与されないことを説明しましたが、実は、SKYコインでエアチケットを購入してもプレミアムポイント付与の対象となります。そして、マイル(特典航空券)で手配したエアチケットは、プレミアムポイントの付与対象とならないことも説明しました。
しかし、マイルは、SKYコインに交換することが可能なんです。ですので、マイルをSKYコインに交換して、エアチケットを購入すれば、プレミアムポイント付与の対象となるのです。

マイルからSKYコインへの交換率

下記は、マイルからSKYコインへの交換率です。

※ANAオフィシャルページより

f:id:isao15453:20171202201035j:plain

ご覧のように、ANAカードを持っいて50,000マイル単位で交換すれば、交換率は1.5倍となります。ANAゴールドカードも持っていれば1.6倍にもなります。これを利用してマイルをSKYコインに交換し、航空券を購入すればマイルを有効に利用することができます。
しかし、それには、マイルを保有している必要がありますね。マイルを保有をしている方は、問題ありませんが、50,000マイル単位で持っている人は多くないのではないでしょうか?ですので、まずは陸マイラー活動をしてマイルを貯めましょう!ってのが私の提案です。

陸マイラー活動でマイルを貯める

例えば、これまでの説明でSFC修行の費用の基準は500,000円と説明してきました。マイルをSKYコインに1.6倍で交換する場合に必要なマイルは、312,500マイルです。これを目標に陸マイラー活動でマイルを貯めれば、SFC修行の実費がゼロになる訳です。ちなみに、私はこの方法で実費ほぼゼロでプラチナステータスを達成しました。312,500マイル貯めることが難しいとしても、50,000マイルあれば80,000SKYコインに交換できる訳ですので、SFC修行コストの足しになりますね。

私の陸マイラー活動

私は、2016年10月に陸マイラー活動を始めましたが、1年間の実績は下記のようになっています。
 
①マイルが貯まるクレジットカードで貯める
 ⇒年間約50,000マイル
②クレジットカードの新規入会ボーナスでマイルを貯める
 ⇒年間約40,000マイル
③ポイントサイトでマイルを貯める
 ⇒年間約160,000マイル
④その他(飛行マイルなど)
 ⇒年間約40,000マイル
  
これらを合計すると、290,000マイルです。
これをSKYコイン1.6倍に交換すれば、464,000SKYコイン(=464,000円)になる訳です。500,000円に少し足りていませんが、私の場合は、プレミアムポイントが約10,000pある状態からSFC修行をスタートしたので、400,000円(=250,000マイル)あれば必要な費用が足りる計算でした。
SFC修行は海外旅行や海外出張などがある年に利用するとお得!
プレミアムポイントが約10,000pある状態からSFC修行をスタートしたと記載しましたが、これは、もともと1年ほど前からハワイ旅行に行く計画をしていてこれで貯まったプレミアムポイントと、急遽、仕事でラスベガスに海外出張となったことで貯まったプレミアムポイントを合わせて10,000プレミアムポイントがありました。
もともとは、2017年にSFC修行をする予定ではなかったのですが、予定外のラスベガス出張で予定外のプレミアムポイントが貯まったため、2017年中のSFC修行を決めた次第です。

上に記載した①~④の陸マイラー活動は、やり方さえ理解していれば、誰でも簡単に実践することができますので、マイルをお持ちでない方は、是非、チャレンジしてみて下さい。

 
ちなみに、私の場合は、先に記載した①~④以外にブログでもマイルを貯めています。2017年3月からブログ活動を開始したのですが、その成果が表れたのが2017年9月頃。そして9月から12月現在でなんと、約800,000マイルを貯めることができました。正直、自分でも訳のわからない状態でして、日々、マイルがどんどん貯まっていく日々を送っています。陸マイラー活動をはじめて1年ちょっとで、私のこれからの人生を一変させてしまうようなことになっています^^
陸マイラーブログは、やる気、根気が大切です。そしてある程度の知識も必要です。ですが、まったく素人の私が1年でこれだけの結果が出せた訳ですので、みなさんも、是非、チャレンジしてみて下さい。
ご参考ですが、私の陸マイラー活動1年をまとめた記事がありますので、下記にリンクを紹介させて頂きます。

はじめての陸マイラー活動1年目の成果は702,000マイル!~実践報告と私が思う初心者陸マイラーブログの心得~

SFCの家族カードが凄い

f:id:isao15453:20171215212813j:plain

最後にSFCの家族カードについて記載しておきたいと思います。

SFCは家族カードを発行することが可能です。さらに、家族カードは、本会員とほぼ同等のSFCの特典を受けることができるカードなので、家族の方はSFC修行をすることなくSFCの特典を利用することが可能となります。
例えば、私の場合ですと、SFC修行を実施したのは、私本人です。私には妻がいますが、妻はSFC修行には一切同行していません。ですが、私が家族カードとして妻のSFCを発行すると、妻もSFCの特典をほぼそのまま取得することができるのです。つまりは、妻はSFC修行をしなくても、プラチナステータスとほぼ同等のサービスを受けることができるのです。

ちなみに「家族」の定義は、『本会員と生計が同一の配偶者,親,満18歳以上の子(高校生を除く)』となっています。この範囲であれば、家族カードの発行枚数に上限はありません。ただし、家族カードにも年会費が発生するので、たくさん発行すれば良いということではないのでご注意ください。

SFC家族カードに付帯しない特典

SFC家族カードは、本会員とほぼ同等のサービスを受けられるわけですので、家族カードに付帯しないサービスを説明した方が早いので、まずはそちらを記載しておきます。
  • カード継続時のボーナスマイルがない
  • アップグーレドポイントがもらえない
  • 手帳やカレンダーがもらえない
以上のたったの3つだけです。これ以外の特典は、SFCの特典と同じ特典を受けられるので凄いですね!

SFC家族カードはこんな時に便利

私のように夫婦2人の世帯の場合、夫婦2人で飛行機に乗る時は、基本、同伴者も優先チェックインカウンターやANAラウンジなどの特典を同伴者1名まで利用可能なので家族カードは必要ありませんが、妻が単独で飛行機にのる場合は、家族カードがないとSFCの特典を受ける事ができません。しかし、妻用のSFC家族カードを発行していれば、妻が単独で飛行機に乗る際も、SFCの特典、つまりプラチナステータスとほぼ同等の特典を受けることができます。
空港に着いてから飛行機に搭乗するまでの特典(ANAラウンジの利用優先チェックインカウンター専用検査保安場の利用優先搭乗国際線プレミアムエコノミーへの無料アップグレードなど)は、とても嬉しい特典でメリットは絶大ですね。
逆に、私のように夫婦二人の家族で、妻が単独で飛行機に乗るシーンがほとんどない場合は、家族カードの発行は必要ないかもしれません。
 

他にも、4人家族で家族4人で飛行機に乗るときなどは、SFC1枚では、ANAラウンジなど同伴者1名までしかその特典を利用することができません。こんな時に、もう1枚SFCがあれば、4人全員がラウンジを利用することができるので、家族カードを作るメリットがあります。

私のSFC修行記事一覧

私のSFC修行に関連する記事のリンクを貼っておきますので、ご興味のある方は、ご覧ください。