ハッピーマイル-スマイル-ライフ

人生を楽しく過ごすために、ポジティブに生きて行きたい!マイルを貯めて、大好きなゴルフをして、ハワイに行って、やりたいことがいっぱい! このブログでは、ポジティブに生きて行くために自分の趣味をはじめ『ハッピー』と思うことを色々アップしていきます。

移転しました。

約15秒後に自動的にリダイレクトします。

最大68,000ポイント!アメックスビジネスゴールドの紹介キャンペーンは初年度年会費無料で一撃68,000マイル獲得できる!普通のサラリーマンが入会する方法も詳しく解説【2018年度版】

この記事をシェアする

現在、アメックスのお友達紹介プログラムでは、大量ポイントを獲得できる強烈なキャンペーンを実施しています。その中でも、アメックスビジネスゴールドカードの新規入会でもらえるボーナスポイントは、なんと、

最大68,000ポイント

となっております。

また、アメックスビジネスゴールドカードは、ビジネスカードと言っても、サラリーマンや会社員でも新規入会することが可能です。

この記事では、アメックスのお友達紹介プログラムの利用方法やサラリーマン/会社員が新規入会する方法等を解説しています。

f:id:isao15453:20180917194249j:plain

アメックスビジネスゴールドカードのお友達紹介プログラム特典内容

下記がお友達紹介プログラムの特典内容となります。

対象カード 新規入会ボーナスポイント

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード

f:id:isao15453:20180414161146j:plain

年会費:31,000円+税

合計68,000ボーナスポイントプレゼント

  • ご入会後3ヶ月以内に、合計20万円のご利用達成で 、6,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会後3ヶ月以内に、合計50万円のご利用達成で 、さらに12,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会後1年以内に、合計200万円のご利用達成で 、さらに30,000ボーナスポイントプレゼント 
  • さらに200万円ご利用で通常ポイント20,000ポイント

ご覧のように、年間200万円の利用達成で最大68,000ポイントもらえます。  

アメックスのリワードポイント68,000pの価値

f:id:isao15453:20180409211555j:plain

アメックスカードで貯まるポイントをリワードポイントと言いますが、このリワードポイントを最も有効に使う方法は、ANAマイルに交換する事です。ANAマイルへの交換は、1p=1マイルに交換可能なので、68,000ポイントがそのまま68,000マイルに交換する事が可能です。

ANAマイル68,000マイルで何回フライト出来るのかをわかりやすくするために、ANAの必要マイル数の一例を記載しておきます。

国内線往復

ほとんどの区間がレギュラーシーズンですと12,000マイルで往復することが可能です。札幌⇔沖縄などの一部の長距離路線は20,000マイルで往復することが可能です。最も多い路線の12,000マイルで計算すると国内線は5往復で6,000マイルお釣りができます! 

国際線往復(レギュラーシーズン エコノミークラス)

シンガポール:35,000マイル

ハワイ:40,000マイル

ニューヨーク:50,000マイル

ロンドン:55,000マイル

68,000マイルあればハワイにも1往復できてしまいますね! 

国際線往復(レギュラーシーズン ビジネスクラス)

シンガポール:60,000マイル

ハワイ:65,000マイル

ニューヨーク:85,000マイル

ロンドン:90,000マイル

ビジネスクラスならハワイでも1往復できてしまいます! 

国際線(レギュラーシーズン ファーストクラス)

シンガポール:105,000マイル

ハワイ:設定なし

ニューヨーク:150,000マイル

ロンドン:165,000マイル

さすがにファーストクラスを利用するのは難しいです><

アメックスビジネスゴールドカードの年会費

f:id:isao15453:20180414161146j:plain

アメックスビジネスゴールドカードの年会費は、31,000円+税と非常に高額です。しかし、今回のキャンペーンで獲得できる最大68,000ポイントをマイルに交換すれば、年会費数年分の価値があります。

ご存知の方も多いと思いますは、マイルの価値は、エコノミークラスで利用する場合、2円以上の価値があります。ビジネスだと約7円前後、ファーストだとの約10円前後の価値があります。と言うことは、100,000ポイントの価値は200,000円(2倍)~1,000,000円(10倍)はある訳ですので、年会費31,000円+税は十分にペイできますね。

※マイルの価値を検証した記事はこちら

アメックスのビジネスカードはサラリーマン(会社員)でも新規入会できる!!

そもそも、ビジネスカードを一般サラリーマンが発行できるのか?という疑問があるかと思いますが、答えは『発行可能です』。実際、わたしは一般的なサラリーマンですが、ビジネスカードを発行してしています。

ビジネスカードは、法人代表者用と個人事業主用がありますが、サラリーマンの方は、基本、個人事業主用を発行することになると思います。私も個人事業主用のビジネスゴールドカードを発行しました。

私の場合は、副業を始める可能性があるということでビジネスカードを発行していますが、実際には副業はしていません^^;

個人事業者用ビジネスカードの審査は利用者(カード名義人)の信用が100%重視されますので「事業内容」や「事業の売上」などは、ほとんどチェックされていないようです。ですので、申し込み時に事業の売上などを入力する項目はありますが、ほとんど審査の対象にはなっていません。売上については、本業の収入を記載すれば問題ありません。

※私には元アメックス〇員の知人がおりますので、記載内容の信憑性は高いのでご安心ください。

アメックスビジネスゴールドカードのお友達紹介プログラムの利用はこちら

アメックスのお友達紹介プログラムとは、既存のアメックス会員(アメックスカード保有者)の紹介で、アメックスカードを発行すると、お友達紹介プログラム限定のボーナスポイントがもらえるお得なキャンペーンのことを言います。

私はアメックスの会員ですので私からのお友達紹介プログラムアメックスビジネスゴールドカードに新規入会して頂くことが可能です。私からの新規入会をご検討頂ける方は、下記の『お友達紹介プログラムのお問い合わせはこちら』をクリックして頂きご利用して頂けると幸いです。

 

↓↓↓↓↓↓>>>>>クリック<<<<<↓↓↓↓↓↓

お友達紹介プログラムのお問い合わせはこちら

 

お名前、メールアドレスを入力して頂くと、下記(左)のメールが届きます。申し込み用URLをクリックして頂くと、下記(右)画面が表示されますのでこちらから申し込み手続きをお願い致します。

f:id:isao15453:20180421165558j:plain

 

アメックスビジネスカードの申し込み方法を解説

ビジネスゴールドカードの申し込みは、自営業や副業をしていることを想定した申し込みフォームとなっているため、記入方法に迷われる方も多いと思います。

以下に申し込み時の入力項目と、私がビジネスゴールドカードを申し込みした際の入力例を記載しましたので参考にして頂ければと思います。

f:id:isao15453:20180416220436j:plain

 

↓↓↓↓↓↓>>>>>クリック<<<<<↓↓↓↓↓↓

お友達紹介プログラムのお問い合わせはこちら

 

アメックスカードに新規入会するための必須審査条件

アメックスカードに新規入会するための必須審査条件を記載しますが、その内容はみなさんが想像されているほどは厳しい条件ではありません。こちらの情報はアメックスに詳しい知人からの情報も交えて記載しています。

①クレジットカードの過去利用実績

まず、過去1年に他社を含むクレジットカード引き落としの遅延がないこと

これは必須条件となりますのでご注意下さい。

もし、クレジットカードの利用代金の引き落としが銀行口座の残高不足などで遅延履歴のある方は、アメックスカード発行の審査は通過は厳しくなりますのでご注意下さい。

これに該当する方は、最低でも延滞を解消した日から14ヶ月以上期間を空けてからカードの申し込みをしましょう!

②年収の目安は300万円

アメックスカードの年収の目安は300万円以上と考えていただくのが無難です。アメックスカード申込み時の年収の申告については、【年収欄】に自己申告で記載するのみです。私の場合も、とくに電話による確認や源泉徴収票の提出などは求められませんでした。アメックスの年収チェックは、基本、申込み時の自己申告のみが通常のようです。

また、申し込み時の【年収欄】に記載する金額は、税金等の控除前の金額を記載しましょう!下記に源泉徴収票を添付しましたが、【支払金額】の部分ですね。【給与所得控除後の金額を】記載すると、年収額が少なくなるので審査が不利になるのでお間違いのないように!

f:id:isao15453:20180405213610j:plain

また、アメックスに詳しい知人からの情報によると、申し込み時に記載する年収は、世帯年収でも問題ありません。世帯年収は夫婦合算の年収額と考えてください。例えばご本人(夫)の年収が年収300万円ぎりぎりの方は、配偶者の年収を加算して年収額を記載することで、審査がより有利になります。アメックスは、基本的に、年収は自己申告ですのでアバウトでも問題ありません。たとえば、360万円なら400万円と記載しても問題ありません。

ただし、あまりにも実収入と乖離した虚偽の申告はしなようにして下さいね。 

アメックスに新規で申し込みする方は利用可能枠が低い

ここからはアメックスに関する注意事項を3つ記載していきます。

まず1つ目。

はじめてアメックスカードを発行する方は、クレジット利用可能枠がかなり低めに設定される可能性が高いということです。さきほど、審査時の年収は「自己申告」のみと記載しましたが、その理由がここにあり、当初の利用可能枠を低く設定することでアメックスは貸し倒れリスク回避をしています。

ちなみに、私の場合は、アメックスゴールドカードを一番はじめに発行したのですが、当初は利用可能枠がなんと20万円でした。ですが、この利用枠はクレジット決済をして支払遅延等を発生させなければすぐに増えて行きます。私の場合は半年経たない間に100万円を超えたと記憶しています。

なお、他のアメックスカードを既にお持ちの方が、追加でカードを発行された場合は、通常、既存カードの利用枠が引き継がれますので、当初の利用枠が20万円ということはありません^^

ビジネスゴールドカードの新規入会キャンペーンの条件は厳しいが魅力十分

注意事項の2つめ。

アメックスビジネスゴールドカードの新規入会ポーナスポイントは最大68,000ポイントと、とても魅力的ですが、獲得条件は厳しくなっていますので、その点は注意して下さい。さきほども記載しましたが、アメックス新規会員の方のカード発行当初の利用枠は低く設定される可能性が高いため、3ヶ月以内に50万円利用や入会1年以内に200万円利用することは簡単ではありませんので、計画的に新規入会手続きを行いましょう。

条件達成のための目安

3ヶ月以内に50万円、1年間に200万円利用を達成する場合、1ヶ月のクレジット利用金額の目安は約16万円〜17万円となります。

このように考えると十分に条件を達成できるのではないでしょうか?計画的に条件達成に向けてチャレンジしてみてください。

裏技の紹介(プリペイ)

新規入会当初の利用枠が低く設定された場合、一度で「3ヶ月以内に50万円利用」の条件をクリアすることはできません。しかし、これをクリアするための裏技がありますので解説致します。

この裏技はあまり公表されていませんが、アメックスには「プリペイ(=prepaid)」というサービスがあります。これは、クレジットを利用する前にアメックスに連絡をし、先に利用金額をアメックスに支払いクレジットカードを利用するサービスです。

クレジット利用枠が少ない会員クレジット利用枠の増額が認められない会員が、利用枠以上の多額のクレジット決済をしたい場合に、これを利用すれば買い物をする際に大金を持ち歩くことなくクレジットカード決済できます。また、クレジットカード利用分のポイントも付与されます。

このサービスは、アメックス側もクレジットを利用してもらえ、利用者側もクレジット決済の実績となりポイントも付与されるので、お互いにメリットがあるのですね!

この裏技を利用すれば、「3ヶ月以内に50万円利用」の条件も一度でクリア可能ですので、ご希望の方は、カスタマーセンターに「プリペイ」の利用を依頼してみましょう!

リワードポイントをANAマイルに交換する際の注意

注意事項の3つめ

リワードポイントを1p=1マイルでANAマイルに交換するには、別途、コストが発生しますので、その点をご理解ください。しかし、このコストを加味してもANAマイルに交換することがリワードポイントを最も効率的に使う方法です。

コストとは下記の2つの年会費のことを言います。

  • メンバーシップ・リワードプラス:年間3,000円+税
  • メンバーシップ・リワードANAコース:年間6,000円+税

※ANAマイルに交換しない年は、上記を解約することで支払いをセーブすることができます。

また、リワードポイントからANAマイルへの交換は、年間8マイルという上限があります。年間と言うのは、1月〜12月の期間を言い、例えば100,000ポイントをマイルに交換する場合ですと12月に8万マイル、1月に2万マイル交換すれば、短い期間でマイルに交換する事が可能です。1月8万マイル交換した場合は、翌年の1月まで残りの2万マイルは交換できないので注意が必要です。

なお、ANA以外のマイルに交換する場合は、年間の上限なくマイルへの交換が可能です。

アメックスビジネスゴールドカードの年会費と特典

アメックスビジネスカードの年会費

年会費は、31,000円+税と安い金額ではありませんが、年会費を上回る特典が準備されていますので、主な特典をご紹介します。

 

年会費(税込み)

グリーン ゴールド ビジネス
12,960円 31,320円 33,480円

家族カード(追加カード)

グリーン 6,480円
ゴールド 1枚目無料、2枚目以降12,960円
ビジネス 12,960円

※ビジネスカードは、家族カードがないため追加カードの料金を記載 

プライオリティパス

グリーン 年会費無料、利用料1回につき27$
ゴールド

年会費無料、年間2回まで利用料無料

(3回目以降は、1回27$)

ビジネス なし

海外旅行先での日本語サポートサービス

グリーン グローバル・ホットライン
ゴールド オーバーシーズ・アシスト
ビジネス オーバーシーズ・アシスト

※オーバーシーズ・アシストは、グローバル・ホットラインの全てのサービス内容にプラスして、さらに充実の日本語サポートサービスを受けられます。

海外旅行保険

自動付帯の保険金額

  グリーン ゴールド ビジネス
傷害死亡・後遺障害保険 なし 5,000万円 5,000万円
傷害治療費用 なし 200万円 200万円
疾病治療費用 なし 200万円 200万円
賠償責任 なし 4,000万円 4,000万円
携帯品損害保険金 なし 50万円 50万円
救援車費用 なし 300万円 300万円

✳︎グリーンカードには、自動付帯の海外旅行保険は付いていません。

利用付帯の保険金額

  グリーン ゴールド ビジネス
傷害死亡・後遺障害保険 5,000万円 1億円 1億円
傷害治療費用 100万円 300万円 300万円
疾病治療費用 100万円 300万円 300万円
賠償責任 3,000万円 4,000万円 4,000万円
携帯品損害保険金 30万円 50万円 50万円
救援車費用 200万円 400万円 400万円

国内旅行保険

利用付帯の保険金額(自動付帯の特典はありません)

  グリーン ゴールド ビジネス
傷害死亡・後遺障害保険 5,000万円 5,000万円 5,000万円

ビジネスカードのみの主な特典

ビジネス・ダイニング by ぐるなび

オススメ!!

会食や接待にふさわしいレストランを経験豊富なコンシェルジュが、エリアや予算、人数などのご希望に合わせてご案内。

ライフサポート・サービス「クラブオフ」 75,000以上の契約施設を特別料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料。ご自身はもちろん、追加カードをお持ちの社員も利用可能。
ヘルスケア無料電話相談 食事、運動、健康維持などに関する質問にお答えするほか、医療機関の紹介も行う、無料の電話健康相談窓口。
JALオンライン

JAL国内線航空券を、オンラインで24時間365日予約・発券頂ける法人向けサービス。

手荷物宅配サービス(東京駅) 東京駅構内の宅配カウンターにて手荷物をお預かりし、宿泊先のホテル(東京23区内)へ無料で当日配送。
国内航空機遅延費用 基本カード会員本人が国内出張の際に、カードでチケットを購入された航空便において遅延・欠航が発生した場合、臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償。また、手荷物の到着遅延や紛失により負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償。

少しでも早くアメックスカードを受け取る方法(本人確認)

通常、アメックスカードの申し込み手続きをしてからお手元に届くまでは、約2週間ほどの日数が掛かります。

そして、アメックスカードの受け取りは、通常、「本人限定受取郵便」でカードが到着します。これにより本人確認が実施されます。

この場合、カードが郵便局に届いてから郵便局からの通知になり、またポストへは普通郵便として投函されるため、1日~2日ほどカードを受け取るタイムロスが生じます。

f:id:isao15453:20180408105532j:plain

 

ですので少しでも早くカードを受け取りたい方は、FAXで本人確認書類を事前に送付する方法を利用すれば、「本人限定受取郵便」ではなく、ヤマト運輸のセキュリティパッケージで直接カードが届くので、少しだけ早く受け取ることが可能です。

FAXで本人確認書類を送付する際は、本人確認書類のコピーの余白に照会番号とお名前を記載してFAXを送信すればOKです。

 

FAX番号:0120-367831

照会番号は、カード発行申請完了後のweb申込完了画面、または申込確認メールに表示されている「2018」から始まり最後が「JPY」(2018xxxxxxxxxxJPY)で終わる番号となります。

詳しくは下記のリンクに記載されていますので、ご確認ください。

https://www.americanexpress.com/jp/content/idv.html#idvdocs

なお、上記リンク内の説明では、本人確認書類の提出方法として、「専用WEBサイトへのアップロード」と「郵送」の方法が記載されていますが、「専用WEBサイトへのアップロード」については、アメックスから依頼メールが届いた場合のみ利用できるため通常は利用できません。また「郵送」による提出の場合は、郵送方法が審査中に確定してしまうため「速達」で送らないと間に合わない場合があるそうです。

ですので、少しでも早く受け取りたい方は、FAXによる本人確認書類の提出がオススメです。