ハッピーマイル-スマイル-ライフ

人生を楽しく過ごすために、ポジティブに生きて行きたい!マイルを貯めて、大好きなゴルフをして、ハワイに行って、やりたいことがいっぱい! このブログでは、ポジティブに生きて行くために自分の趣味をはじめ『ハッピー』と思うことを色々アップしていきます。

はじめてのANAビジネスクラス搭乗記(成田~ロサンゼルス)とVIPラウンジリポート【2018年】

この記事をシェアする

2016年10月から陸マイラー活動をはじめ、2017年11月にANAのプラチナステータスを達成しSFC(スーパーフライヤーズカード)メンバーになりました。また2017年からはブログ活動を始めるなどして、これまで約1年9ヶ月の間、陸マイラー活動をしてきたわけですが、今回(2018年6月)はじめてANAのビジネスクラスに搭乗することができましたので報告します。また合わせて、今回、ANAラウンジをはじめプライオリティパスアメックスプラチナカードを利用して多数ラウンジを利用しましたので紹介していきたいと思います。

f:id:isao15453:20180614215040j:plain

陸マイラー活動で得たステータスと特典を活用

今回のフライトでは陸マイラー活動で得たステータスや特典を存分に活かすことができましました。

SFC(スーパーフライヤーズカード)とANAプラチナステータス

まずは、SFC修行をして得たANAプラチナステータスとSFC(スーパーフライヤーズカード)。これらの特典を活かして、エコノミークラスからビジネスクラスへ座席のアップグレートや、スターアライアンス系のラウンジを存分に満喫させて頂きました。その他、優先レーンの利用や手荷物優先タグなど、ステータスを活かした特典の利用で優越感満載!

happylife-happymile.hateblo.jp

アメックスプラチナカード

f:id:isao15453:20180615213525j:plain

そして、つい最近(2018年4月)に発行したアメックスプラチナカードの特典。アメックスプラチナカードも陸マイラー活動の一環で発行しました。陸マイラー活動をしていなければ、アメックスプラチナカードの特典に気づく事も無かったと思いますし、高額な年会費(税込140,000円)を支払って会員になることもなかったと思っています。今回の旅で活用したアメックスプラチナカードの特典は、プライオリティパス、アメックスセンチュリオンラウンジ、海外旅行保険。プライオリティパスやセンチュリオンラウンジについては、この記事の後半で詳しく紹介しています。海外旅行保険は、アメックスプラチナカードの強烈な保障があるので今回は一般の海外旅行保険には加入しませんでした。

ちなみに、アメックスプラチナカードで利用できる海外旅行関係の保険は以下となります。参考のため、アメックスゴールドカードの保険と比較しています。

※利用付帯の保険金額 - ( )内は自動付帯の保険金額

保険の種類 ゴールド プラチナ
傷害死亡・後遺傷害保険 最高1億円
(5,000万円)
最高1億円
(5,000万円)
傷害治療費用保険金 最高300万円
(200万円)
最高1,000万円
(1,000万円)
疾病治療費用保険金 最高300万円
(200万円)
最高1,000万円
(1,000万円)
賠償責任保険 最高4,000万円
(4,000万円)
最高5,000万円
(5,000万円)
携帯品損害保険金 1旅行中最高50万円
(50万円)
1旅行中最高100万円
(100万円)
救援車費用保険金 保険期間中最高400万円
(300万円)
保険期間中最高1,000万円
(1,000万円)
乗継遅延費用保険金 最高20,000円 最高30,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用保険 最高20,000円 最高30,000円
受託手荷物遅延費用保険金 最高20,000円 最高30,000円
受託手荷物紛失費用保険金 最高40,000円 最高60,000円

ご覧のように、アメックスプラチナカードは超手厚い保険内容となっていますので、海外旅行保険に加入する必要はありません。 特に傷害治療費用と疾病治療費用が自動付帯/利用付帯共に最高1,000万円というのは凄いです! 

happylife-happymile.hateblo.jp

ANAビジネスクラス搭乗経緯 

今回のビジネスクラス搭乗は、特典航空券(マイル)の利用ではなくアップグレートポイントを利用しました。マイルもたくさん貯まっているので特典航空券を利用すれば実費なしでビジネスクラスに搭乗できたのですが、個人的な事情がありアップグレートポイントを利用したビジネスクラス搭乗となります。

昨年、SFC修行を実施し年間50,000プレミアムポイントを達成したので、アップグレートポイントを24ポイント持っていましたのでこれを利用しました。

アップグレートポイントとは

1月~12月のANAグループ運航便のご利用で獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーにプレゼントする特別なポイントです。

国内線はプレミアムクラスへ、国際線はビジネスクラス、ファーストクラスへのアップグレードにご利用いただけます。

ですので、まずエコノミークラスのチケットを実費で購入し、アップグレートポイントを利用してビジネスクラスにアップグレートしました。

ANAビジネスクラスのチケット予約

今回の目的地はラスベガス。ラスベガスへの旅行が決まったのは4月中旬頃。そして日程は、行きが6月2日、帰りが6月6日でした。ですのでエアチケットを予約をしたのは出発日の約1ヶ月半前でした。エコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードできる座先数は限りがあるので、この時点でビジネスクラスのアップグレード枠が空いているかが微妙・・・

早速、空き状況を確認すると案の定「空席待ち」でした・・・・残念。エコノミークラスからプレミアムエコノミーへのアップグレードは空席状況から直前でも問題なく出来そうな感じだったのでそれでいいかなぁ・・・と思いつつこの日は予約をするのは見送りました。そして、翌日のお昼ごろに再度空き状況を確認すると、なんと「空席あり」になっていました。それも行きも帰りもです。

慌てて予約手配をしましたが、アップグレードポイントを利用した予約は、はじめてのことだったので、かなり慌てて「てんやわんや」でなんとか予約完了。無事に行き帰りともにビジネスクラスで予約をすることができました。良かった^^

アップグレードポイントを利用する場合、まず、アップグレード可能なエコノミークラスのチケットを購入し、そのあとアップグレードポイントを利用してビジネスクラスにアップグレードする手続きを行う必要があります。ビジネスクラスへのアップグレードは、手続きする時点で空席があればすぐにアップグレードすることが可能ですが、一度、エコノミークラスのチケットの購入手続きを済ませる必要があるので、この手続きの間にアップグレード可能なビジネスクラスの席が埋まってしまうと、「空席待ち」となってしまいます。なんとかこの時点でビジネスクラスの予約を確定させたかったため、かなり慌てて手続きしたわけです。

今回手配したチケットは、成田~ラスベガスですが、ANAは成田からラスベガスへの直行便がないので、ロサンゼルス経由のチケットを購入しました。ですので成田~ロサンゼルスの区間がビジネスクラスとなり、ロサンゼルス~ラスベガスは米国の国内線なのでエコノミークラスです。 

ANAビジネスクラスとエコノミークラスの料金差

参考までにアップグレードポイントを利用してエコノミークラスにからビジネスクラスにアップグレードする場合のどのくらいお得なのかを今回のフライトを例に紹介します。ちなみに、エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードは、アップグレードポイント10ポイントが必要となります。

まず、下の写真をご覧下さい。

f:id:isao15453:20180615201734j:plain

エコニミークラスのエアチケットには、「Value」と「Basic Plus」の2種類があります。写真①が「Value」②が「Basic Plus」ですね。そして、ビジネスクラスにアップグレードできるエアチケットは②「Basic Plus」となります。

①Valueのエアチケット代金が、81,050円、②Basic Plusのエアチケット代金が、136,050円、そして、ビジネスクラスのエアチケット代が③488,050円です。

f:id:isao15453:20180615201921j:plain

アップグレードポイントを利用する場合、「Value」チケットはアップグレード対象外ですので、アップグレード対象となる「Basic Plus」を購入する必要があるので、最安値のエアチケットより55,000円(②-①)高いエコノミーチケットを購入する必要があります。

よって、136,050円のBasic Plusのエコノミークラスが、488,050円のビジネスクラスにアップグレードできるので、352,000円分がお得ということになります。

整理すると

①アップグレードポイントを利用するには、アップグレード可能なエコノミーチケット(Basic Plus)を実費で購入する必要がある。

②今回の例ですと、片道55,000円(往復110,000円)高いエコノミーチケットを購入する必要がある。

③エコノミーチケットからビジネスクラスにアップグレードするには、アップグレードポイント10ポイント(往復だと20ポイント)が必要となる。

④エコノミーチケットの料金は136,050円、ビジネスクラスの料金は488,050円ですので、差額352,000円(往復704,000円)分得することになる。

まとめると、

アップグレードポイントを利用してビジネスクラスに搭乗する場合、55,000円(往復110,000円)高いエコノミークラスのチケットを購入する必要があるが、352,000円(往復704,000円)分得することが出来る。

となります。

チェックインから保安検査 

成田空港チェックインカウンター

f:id:isao15453:20180610210911j:plain

ビジネスクラスはチェックインも専用カウンターでスイスイ^^

エコノミークラスの場合でも、SFCやANAプラチナステータス以上(スターアライアンスGOLD)であればこちらのチェックインカウンターが利用可能です。

手荷物優先受取タグ

f:id:isao15453:20180610211749j:plain

預けた手荷物には「PRIORITY」タグが付きます。今回はロサンゼルスでの乗り継ぎで一度、手荷物をピックアップする必要がありました。ロサンゼルスからラスベガスへの乗継時間が2時間だったので、広いロサンゼルス空港での乗り継ぎには決して余裕のある時間ではありませんでした。ですが「PRIORITY」タグのお蔭で手荷物が速攻出てきたので、 ロサンゼルスのユナイテッドラウンジで寛げる時間もありました。ありがたい^^

保安検査優先レーン

f:id:isao15453:20180610211130j:plain

ファーストクラス、ビジネスクラス、スターアライアンスGOLDメンバーは保安検査優先レーンを利用できます。一般の保安検査優先レーンは、とんでもなく混雑している時がありますが、こちらは混雑することなく通過できるので非常にありがたいです。ここの渋滞時間を考慮して空港に早く行く必要がないので、出発の1時間前に空港に来れば十分間に合います。ですが、今回は出発前にラウンジでゆっくりしたいので出発の3時間前には空港に到着していました。

ラウンジ

f:id:isao15453:20180611204622j:plain

ラウンジについては、後ほど詳しく紹介しますが、成田空港では、ANAラウンジとユナイテッドクラブを利用しました。その他、いわゆるカードラウンジも利用可能なので、ANAのビジネスクラスを利用すると4つラウンジを利用することができます。 カードラウンジは、正直、利用可能な対象者が多いので優越感もあまりないし、混雑しているし、狭いし、食べ物もないので、ビジネスクラス利用や上級会員資格のある人は利用価値はあまりないですね。

行き~成田➡ロサンゼルス~

座席

今回の機材は、行き帰り共にB777-300ERでしたので下記のフルフラットシートを利用させて頂きました。配列は1列-2列-1列となっており、全席直接通路に出ることができます。窓側の席は、座席シートが窓側・通路側と交互に配置されています。

f:id:isao15453:20180611204648j:plain

行き(成田〜ロサンゼルス)の座席は『10k』でした。10Kは窓側で座席シートも窓側です。

f:id:isao15453:20180611210036j:plain

窓側の席でも座席シートが窓側の席は、座席シートに座ると通路も見えなくので、ほぼ個室のプライベート空間のようになります。モニターも大きいし、脚は伸ばせるし、サイドテーブルも広く快適そのものです。成田からロサンゼルスまで約10時間でしたが、全く疲れはありませんでした。こんな体験するとビジネスクラスが癖になってエコノミークラスに乗りたくなります(・_・; 

f:id:isao15453:20180615205000j:plain

搭乗して離陸前までの間にスパークリングワイン(又はソフトドリンク)が提供されました。

f:id:isao15453:20180615205313j:plain

機内食

楽しみにしていた機内食。エコノミークラスとは比較できない内容と充実ぶりでした。料理はアミューズからメインディッシュ、デザートまでそれぞれ運ばれて来ますし、ドリンクも種類が豊富で飲み放題ですので、至れり尽くせりです。

料理は和食と洋食からチョイスできましたので私は洋食をチョイスしました。

アミューズ

f:id:isao15453:20180610200248j:plain

  • エゴマのチーズスティック
  • チキンときのこのパテ
  • トマトのピクルスとチーズ ハーブオイル。

飲み物の一杯目は、シャンパン(シャンパーニュ・カステルノー・キュヴェ・プリュット・レゼルヴ)をチョイス。ネット調べるとボトルで約6,000円ほどのシャンパンでした。

アペタイザー

f:id:isao15453:20180610200358j:plain

  • 海老と大根のラヴィオリ見立て 蜂蜜檸檬ドレッシングで
  • 鶏モモ肉のコンフィーの冷静 ピペラードを乗せて

ドリンク2杯目

f:id:isao15453:20180610200756j:plain

2杯目のドリンクは、ANAスペシャルワインコレクション*1の中の赤ワインをチョイス。ボトルから直接注いでもらえるのも嬉しい限りです。

*1 ドラムヘラー カベルネ・ソーヴィニヨン コロンビア・ヴァレー

あと、コーンスープもおかわり自由で飲み放題です。コーンスープは深みのある甘さで私好みの味だったのでおかわりさせて頂きました。

メインデッシュ

f:id:isao15453:20180610200512j:plain

メインディッシュは、下記の2種類から選ぶことができましたので、私はお肉をチョイスしました。

牛フィレ肉を焼き加茂那須に乗せて

 万願寺唐辛子と島根匹見産花わさびのコンディメント

・オマール海老のムースを巻いたスズキ ブイヤベースソースで

  焼きトウモロコシのキャッシュ バジルの香る彩り野菜のサラダを添えて

ブレッド

f:id:isao15453:20180610200931j:plain

写真には2種類しか写っていませんが、実際には3種類(セモリナ・トマト、バケット、オニオンブレッド)ありました。オリーブオイルやコーンスープに付けて美味しくいただきました。

デザート

f:id:isao15453:20180610200611j:plain

エモーション アンヴィとチョコレート、ホットコーヒー

(カシスの実入りコンポート、スミレ風味クレームプリーズ、スミレ風味バニラのマスカルポーネクリーム、カシスのジュレ)

帰り~ロサンゼルス➡成田の座席

帰り(ロサンゼルス〜成田)の座席は最前列通路側の『5H』でした。

f:id:isao15453:20180614222646j:plain

座席シートは通路側ですが、ビジネスクラスの一番前の席だったので、通路を通る人はCAさんだけなので人目も気にならずゆっくりできました。けど、やはり座席シートは窓側にある方が居心地は良かったです。 

f:id:isao15453:20180615205723j:plain

機内食(ロサンゼルス→成田)

帰り便も和食と洋食を選べましたが、洋食をチョイスしました。

アミューズ

f:id:isao15453:20180610204946j:plain

  • マンゴーとシーフードのセビーチュ
  • スモークポークハムのテリーヌ
  • 黒胡麻とベーコンの香るビスコッティ

アルコール一杯目は、行き便と同じシャンパン(シャンパーニュ・カステルノー・キュヴェ・プリュット・レゼルヴ)を頂きました。

アペタイザー

f:id:isao15453:20180610205049j:plain

  • カリフォルニアゴートチーズとローストビーツのサラダ 蜂蜜ヘーゼルナッツドレッシング

ワイン

f:id:isao15453:20180610205157j:plain

アルコール二杯目は、ANAスペシャルコレクション*2の白ワインを頂きました^ ^

*2 ドラムヘラー シャネル コロンビア・ヴァレー

ブレッド

f:id:isao15453:20180610205236j:plain

メインディッシュ

f:id:isao15453:20180610205314j:plain

メインディッシュは、アメリカ産和牛とロブスターの2種類から1種類を選ぶことができまので、ロブスターをチョイスしました。

  • アメリカ産和牛のリブアイ ステーキ トリュフソース
  • メイン州産ロブスターの軽いグリル アメリケーヌソース イスラエルクスクス添え

  カボチャのアニョロッティ セイジデース入り焦がしバターソース

クスクスってあまり食べる機会がないので、私がこれまで美味しいクスクスを食べたことがないだけかもしれませんが、このクスクスは食感がプリプリしていてとても美味しかったです。私にとっては凄く斬新でした。ロブスターは説明するまでもなく、美味でした!!

 デザート

f:id:isao15453:20180610205408j:plain

デザートはワゴンで運ばれてきますので、下記の中から好きなものチョイスできます。

  • ココナッツケーキ
  • チョコレートピスタチオのムース
  • フルーツ
  • チーズケーキ

f:id:isao15453:20180610205455j:plain

私は、ココナッツケーキを頂きました。 

ラーメンとアイスクリーム

f:id:isao15453:20180610205611j:plain

ビジネスクラスには好きな時にオーダーできるメニューがたくさんありますので、一風堂とんこつラーメンとアイスクリームをオーダーしました。

ラーメンはとんこつ味噌っぽい味で、とっても美味しいかったです。アイスクリームは定番のハーゲンダッツなので間違いないお味です。ちなみに味はバニラでした。

≪いつでもオーダー出来るメニューの一例≫

  • 鶴橋風月のお好み焼き
  • 一風堂ラーメン 空の上のトンコツ
  • スモークチキンとポテトサラダの温かいパニーニ
  • コーンスープ
  • うかい名物豆水とうふ
  • チーズプレート
  • フルーツ
  • ヨーグルト
  • シリアル
  • ミックスナッツ

など

食事と一緒にダイエットコークも^ ^

f:id:isao15453:20180610205657j:plain

着陸の2時間ほど前にも機内食が提供されます。こちらも和食と洋食を選べますが洋食をチョイスしました。

f:id:isao15453:20180610205732j:plain

間食をしたこともあり、あまりお腹が空いていなかったので、メインディッシュのみを頂きました。

ほんとうは写真のプレート以外に、ブレッドとデザートが付いています。

メインディッシュの内容は、ポークのブレゼとチキンコンフィ、ハーブソーセージでした。

ちなみに和食のメニューは以下でした。

  • 冬瓜 鶏そぼろ味噌掛け
  • 鰆たまり醤油焼き
  • 白ご飯
  • 味噌汁、香の物

成田/ロサンゼルス/ラスベガスで利用したラウンジ紹介

今回の旅で私が利用したラウンジは6つ。成田空港で2つ、ロサンゼルス空港で3つ、ラスベガス(マッカラン空港)で1つです。

ビジネスクラスの特権で利用できたラウンジの他、ANAのスーパーフライヤーズカード(スターアライアンスGOLD)、プライオリティパスアメックスプラチナカードで利用したラウンジもあります。では、順番に紹介していきます。

成田空港【ANAラウンジ】(行き)

f:id:isao15453:20180610210053j:plain

こちららのラウンジは、座席がANA便のプレミアムエコノミー、スターアライアンス便ビジネスクラス以上、スターアライアンスGOLDメンバーが利用することが可能なラウンジです。ですのでSFCメンバーも利用可能です。

成田空港のANAラウンジは2箇所に設置されており、今回は第4サテライトのANAラウンジを利用しました。第4サテライトのANAラウンジははじめて利用しましたが、第5サテライトのANAラウンジに比べるとかなり狭いですね。それでも、ラウンジで食事を取りながら出発までの時間をゆっくり過ごせるのは幸せです。 

f:id:isao15453:20180613220704j:plain

 今回はビジネスクラス利用なので機内食のことを考えて食事は控えめにしました。 

f:id:isao15453:20180613220835j:plain

成田空港【ユナイテッドクラブ】 (行き)

f:id:isao15453:20180610210210j:plain

こちらのラウンジは、スターアライアンス便ビジネスクラス以上の利用者とスターアライアンスGOLD以上の会員が利用可能です。ちなみにプライオリティパスでは利用できません。

f:id:isao15453:20180613215319j:plain

はじめて利用しましたが、第1印象はかなり『広い』ということと、ところどころに和テイストを用いているところですかね。ラウンジ内は混み合ってましたが、広いので圧迫感もなくゆっくり寛げます。

f:id:isao15453:20180613215343j:plain

 食事は控えるはずが、ついつい食べてしまいました。まだ、ラウンジ初心者なので(笑)、無料で提供されると嬉しくて(汗;

f:id:isao15453:20180613215447j:plain

ロサンゼルス空港【ユナイテッドクラブ】(行き)

f:id:isao15453:20180610210417j:plain

ロサンゼルスからラスベガスへの乗り継ぎ時に利用しました。利用条件は成田空港のユナイテッドラウンジと同じです。場所はターミナル7で手荷物検査通過後、すぐ左手にあります。

ここの印象はラウンジ全体がガラス張りなの明るい。そして天井が高く広いこと。テラス席もあり開放的でとても居心地が良かったです。滑走路が近いので飛行機の離着陸も良く見えました。

f:id:isao15453:20180614210258j:plain

 食事の写真はあまり撮れませんでしたが、写真以外にも色々ありました。私はお腹いっぱいだったのでビールを一杯頂きながらのんびりさせて頂きました。

f:id:isao15453:20180614210551j:plain

ロサンゼルス空港【スターアライアンスラウンジ】(帰り)

f:id:isao15453:20180610210507j:plain

利用対象者

  • スターアライアンス便ビジネスクラス以上の利用者
  • スターアライアンスゴールド会員(ANA SFC含む)

場所

  • Tom Bradley International Terminal 6F

営業時間

  • 9:00〜00:30

f:id:isao15453:20180614212059j:plain

こちらのラウンジもかなり広かったです。屋内テラス席からは空港内が見渡せます。

f:id:isao15453:20180614213038j:plain

f:id:isao15453:20180614212124j:plain

食事の種類も豊富でしたが、このあとはお楽しみの機内食があるので、控え目?にフォーだけ頂きました。

f:id:isao15453:20180614212308j:plain

 ごちそうさま^^

ロサンゼルス空港【KAL ラウンジ】(帰り)

f:id:isao15453:20180610210607j:plain

利用対象者

  • スカイチームエリートプラス会員
  • スカイチーム便ビジネスクラス以上利用者
  • プライオリティパス会員
  • ダイナースカード会員

場所

  • Tom Bradley International Terminal 5F

営業時間

  • 12:00〜20:00

f:id:isao15453:20180614215509j:plain

こちらはプライオリティパスで利用しました。ちなみにプライオリティパスは、アメックスプラチナカードの特典となります。またアメックスプラチナ会員のプライオリティパスは同伴者1名も無料でラウンジを利用することが可能です。そして2018年6月現在、ロサンゼルス空港にはプライオリティパスで利用できるラウンジが3つあります。

KALラウンジを利用する際の注意点としてラウンジ利用可能時間が12:00〜20:00までということです。そのためKALラウンジは利用したというより写真撮影のみです。というのは、利用可能時間が12:00からで、私の飛行機の搭乗開始時間が12:15からだったので写真を撮る時間しかありませんでした><

食事はしていませんので、写真のみ。スターアライアンスラウンジに比べると食事の種類は少なめです。

f:id:isao15453:20180614220118j:plain

ラスベガス・マッカラン空港【アメックスセンチュリオンラウンジ】(帰り)

f:id:isao15453:20180610210700j:plain

こちらのラウンジは、アメックスのプラチナ会員及びセンチュリオン会員のみが利用できるラウンジです。私は2018年4月からアメックスプラチナ会員になったばかりですが、早速利用させて頂きました。

場所はターミナル3のコンコースD、ゲートD1の向かいにあります。営業時間は午前5時30分〜午後11時まで。オープンスペースとプライベートスペースがバランス良く設置されていてとても居心地のよいラウンジでした。広さは航空会社のラウンジのような広さはありませんが、利用できる人が限定されているため充分な広さだと思います。

f:id:isao15453:20180614221819j:plain

f:id:isao15453:20180614221709j:plain

 私がラウンジを利用したのは、朝6:30頃でした。朝早い時間なので利用客はそれほど多くありませんでした。実はマッカラン国際空港到着時(14:30頃)にも下見のために少し立ち寄っりましま。昼間の時間は朝より利用客は居ましたがそれほど混雑している感じではありませんでした。利用者がアメックスプラチナカードまたはアメックスセンチュリオンカード会員限定なので、一般のカードラウンジのように混雑することはありませんね。ここを利用できるのは、やはり優越感があります。

f:id:isao15453:20180614222336j:plain

また、朝早い時間だったのでここで朝食が無料で頂けるのも非常にありがたかったです。メニューはそれほど多くありませんが、朝食には十分な種類です。

f:id:isao15453:20180614220654j:plain

まとめ

以上で、ANAビジネスクラス搭乗記とラウンジリポートは終了です。

ビジネスクラスのエアチケットは、エコノミークラスの4〜6倍の値段となりますが、快適度はそれを上回るものでした。ですが、エコノミークラスの4〜6倍の金額は簡単に出せるものではありませんね。

今回私はアップグレートポイントを使用してビジネスクラスに搭乗したので、金額的には最安値のエコノミークラスの約1.6倍の金額でビジネスクラスに搭乗することができました。マイルを利用すれば出費は空港利用税などわずかな金額で済み、ビジネスクラスの必要マイル数はエコノミークラス(50,000マイル)の1.7倍(85,000マイル)で搭乗できてしまいます。

やっぱ、飛行機にたくさん乗る人や海外旅行好きな人はマイルを貯めないと損だということを改めて実感しました。

エコノミークラスで目的地に行くのと、ビジネスクラスで行くのとでは、疲労度が天と地の差があります。これだけで、目的地に到着してからの楽しみ度合いがかなり違ってくると思います。

私の陸マイラー活動

最後にちょこっとだけ、私の陸マイラー活動の現状を記載しておきます。

本日現在、各種ポイント等をマイル換算にすると保有しているマイル数は300万を超えています。文字の記載だけだと説得力がないので一部だけ公開しますね。

f:id:isao15453:20180615212056j:plain

f:id:isao15453:20180615212358j:plain

ご覧のようにSPGのスターポイントは約140万ポイント、ANAマイルは約24万マイルあります。その他、アメックスのリワードポイント、ANA VISAのワールドポイントを合わせると300万を超えます。昨年陸マイラー活動をはじめてから、ほんと、人生が変わった感じです。頑張ってブログ活動をして良かったと思っています。読者の方から私のブログ情報を見て感謝のお言葉を頂くこともあり嬉しい限りです^^

これからも読者さまに喜ばれるようなブログ記事を書くよう努力してまいります!

以上です^^

happylife-happymile.hateblo.jp

 番外編~ラスベガス写真集

f:id:isao15453:20180615214913j:plain

ラスベガス(マッカラン国際空港)上空

f:id:isao15453:20180615215022j:plain

宿泊したMGM GRAND HOTEL

f:id:isao15453:20180615215111j:plain

MGM GRAND HOTEL とNEW YORK NEW YORK HOTEL

f:id:isao15453:20180615215212j:plain

HARD ROCK CAFE

f:id:isao15453:20180615215256j:plain

Coronaビールで乾杯!!

happylife-happymile.hateblo.jp